Database Support Blog

  • Oracle Database
  • その他
2021.11.24

WebLogic Serverの新たなLiteインストーラとは

WebLogic Server インストーラ

Oracle WebLogic Server 12.2.1.4 以降では従来のインストーラに加えて、名称に "Lite" と付加された新たなインストーラがリリースされました。

本資料では新たなインストーラを「Lite インストーラ」と呼称し、従来のインストーラとの違いを中心に Lite インストーラをご紹介します。

WebLogic Server におけるインストーラの種類

これまでは、WebLogic Server には以下のインストーラが存在していました。

インストーラ 概要
Generic インストーラ WebLogic Server の全機能が含まれるインストーラです。
WebLogic Server のインストールでは一般的に Generic インストーラが使用されます。
Quick インストーラ 開発環境での使用に制限された製品評価用に使用されるインストーラです。サンプルドメインなどの一部機能が含まれておりません。
また、Quick インストーラでインストールした環境に対してはパッチが提供されません。
Slim インストーラ Docker を使用する場合に選択するインストーラであり、管理コンソールなどの一部機能が含まれておりません。

WebLogic Server 12.2.1.4 では Generic インストーラに対して、WebLogic Server 14.1.1 以降ではこれらインストーラのそれぞれに対して Lite インストーラがリリースされ、現在は以下6つのインストーラが存在しています。

インストーラ 補足
Generic インストーラ 従来の Generic インストーラです。
Generic Lite インストーラ Generic インストーラに対する Lite インストーラです。
WebLogic Server 12.2.1.4 以降では従来の Generic インストーラとどちらも選択可能です。
Quick インストーラ 従来の Quick インストーラです。
WebLogic Server 12.2.1.4 以前では従来の Quick インストーラのみです。
Quick Lite インストーラ Quick インストーラに対する Lite インストーラです。
ダウンロード時に「Lite」の記載はありませんが、WebLogic Server 14.1.1 以降では Quick Lite インストーラとして提供されています。
Slim インストーラ 従来の Slim インストーラです。
WebLogic Server 12.2.1.4 以前では従来の Slim インストーラのみです。
Slim Lite インストーラ Slim インストーラに対する Lite インストーラです。
ダウンロード時に「Lite」の記載はありませんが、WebLogic Server 14.1.1 以降では Slim Lite インストーラとして提供されています。

Lite インストーラと従来のインストーラの比較結果

自動診断リポジトリ (ADR) の有無

Lite インスト-ラと従来のインストーラの違いは、Lite インストーラには自動診断リポジトリ (Automatic Diagnostic Repository 以下 ADR) が含まれなくなったという点です。

WebLogic Server は Fusion Middleware 製品の1つであり、Fusion Middleware は内部的に ADR を使用するケースがあるため従来のインストーラでは WebLogic Server にも ADR が含まれていましたが、WebLogic Server 単体では元々 ADR を使用しておらず不要なため、Lite インストーラには含まれなくなりました。

そのため、インストーラのサイズや、インストール後の構成ファイルの総サイズは、 Lite インストーラの方が少し軽量化されています。


ADR に関する脆弱性の対応要否が異なる

Lite インストーラでインストールした環境では、ADR が含まれないため、ADR に関する脆弱性の対応は不要です。

なお、Lite インストーラでインストールした環境に ADR が含まれなくなったことで、Patch Set Update(PSU) に ADR に関する修正が含まれなくなり、ADR に関する修正は別のパッチとして提供されるようになりました。

そのため、従来のインストーラでインストールした環境に対して累積パッチを適用する場合は PSU だけでなく ADR に関するパッチを適用します。

以下は、従来のインストーラでインストールした WebLogic Server 14.1.1 の環境と、Lite インストーラでインストールした WebLogic Server 14.1.1 の環境のそれぞれに対する、Critical Patch Update July 2021 として適用が推奨されている累積パッチをまとめた表です。

適用が推奨されている累積パッチの種類 従来のインストーラでインストールした環境 Lite インストーラでインストールした環境
WLS PSU
Oracle Coherence 用のパッチ
WebLogic SAMPLES 用のパッチ
ADR 用のパッチ ×

インストール手順やパッチの適用手順は変わらない

Lite インストーラと従来のインストーラとで、インストール手順やパッチの適用手順自体に違いはありません。


どちらがいいのか

Lite インストーラを使用してインストールした場合のデメリットはなく、セキュリティ面でのメリットがあるため、WebLogic Server 12.2.1.4 以降を単体で新規インストールする場合は Lite インストーラを使用することが推奨されています。


Lite インストーラの入手方法

Lite インストーラの入手方法は従来のインストーラと同様、Oracle Software Delivery Cloud(OSDC) からダウンロード可能です。


どちらのインストーラを使用してインストールされたかを確認する方法

<WebLogic Server の ORACLE_HOME>/oui/bin/viewInventory.sh(※) を実行することで、Generic Lite インストーラと従来の Generic インストーラのどちらを使用してインストールされたか確認することが可能です。

※ Windows 環境の場合は <WebLogic Server の ORACLE_HOME>\oui\bin\viewInventory.cmd です。

従来の Generic インストーラを使用してインストールした場合は、viewInventory.sh を実行した結果に以下の内容が含まれます。以下の内容が含まれない場合は Generic Lite インストーラを使用してインストールされています。

FeatureSet: adr_platforms <バージョン>
Component: oracle.adr <バージョン>

(実行例)

 
 $ $ORACLE_HOME/oui/bin/viewInventory.sh
 Oracle Home: /home/wls1411/Oracle/Middleware/Oracle_Home_Generic
    Distribution: WebLogic Server 14.1.1.0.0
  	FeatureSet: cieCfg_wls_shared_external 14.1.1.0.0
    	Component: oracle.fmwconfig.common.wls.shared.external 14.1.1.0.0
    	Component: oracle.fmwconfig.wls.shared 14.1.1.0.0
    	:
  	FeatureSet: jrf_maven 14.1.1.0.0
    	Component: oracle.jrf.maven.plugins.sync 14.1.1.0.0
  	FeatureSet: adr_platforms 14.1.1.0.0 ★
    	Component: oracle.adr 14.1.1.0.0 ★
    	:
  

ADR に関するパッチを適用した場合の動作

上述のとおり、Lite インストーラには ADR が含まれなくなり、また、ADR に関する修正は PSU とは別のパッチとして提供されるようになりました。

Lite インストーラを使用してインストールした環境に ADR に関するパッチを適用した場合、対象の ORACLE_HOME に ADR コンポーネントがインストールされていない旨のメッセージが表示され、パッチ適用が失敗します。

(実行例)

 
 $ $ORACLE_HOME/OPatch/opatch apply
 Oracle Interim Patch Installerバージョン13.9.4.2.5
   :
 Verifying environment and performing prerequisite checks...
 UtilSessionが失敗しました: Patch 31544353 requires component(s) that are not installed in OracleHome.  Or don't have required patch level. These not-installed components are oracle.adr:12.1.2.0.0:patchlevel-(or higher),
 Log file location: /home/wls12214/Oracle/Middleware/Oracle_Home_Generic_Lite/cfgtoollogs/opatch/opatch2021-07-07_11-33-08午前_1.log
  
 OPatch failed with error code 73
 

(補足) WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastrcuture で使用されるインストーラ

2021/8/10 時点では、Oracle Cloud のマーケットプレイスから WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastrcuture(WLS for OCI) を構築した場合、従来の Generic インストーラが使用されていることを確認しております。


まとめ

WebLogic Server 12.2.1.4 以降では従来のインストーラに加えて、ADR を含まない Lite インストーラがリリースされました。

WebLogic Server 単体で使用する場合は ADR は不要であり、ADR に関する脆弱性の対応(パッチ適用)も不要です。

Lite インストーラを使用することによるデメリットは無いため、WebLogic Server 12.2.1.4 以降を単体で新規インストールする場合は Lite インストーラを使用することをお薦めいたします。


参考情報
WebLogic Server の新たな累積パッチ Stack Patch Bundle(SPB) について


執筆者情報

こばやしけんた プロフィール画像

ビジネスインフラ技術本部 データベース技術統括部

2008年度アシストに入社後、Oracle WebLogic Server や Oracle HTTP Server を中心にサポートエンジニアとして活動しており、これまでに4000件以上の問い合わせを対応。



■本記事の内容について
 本記事に示した定義及び条件は変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

■商標に関して
 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


Oracle Databaseライセンスのご相談ならアシスト

関連している記事

  • Oracle Database
2022.05.20

Oracle Databaseライセンスの定義とルールを正しく理解する ~第3回:仮想化環境編~

今回はOracle Databaseライセンス「仮想化環境編」です。これまでエディション、ライセンスの種類、カウントの方法、という基本的な内容を説明してきましたが、より構成に踏み込み、「ハードウェア分割の基本的な考え方」や「仮想化環境の考慮点」=Soft Partitioning理解のポイントを説明しします。

  • Oracle Database
2022.04.27

DBエンジニア厳選!DB基盤に効果的なOracle EE基本機能5選

DB基盤刷新を検討中の方に向けてOracle Database Enterprise Editionの『基本機能』をご紹介します。プリセールスエンジニアとしてお客様とお話をしながらよく聞くお悩みや課題をベースにOracle Database歴15年の筆者が独断で選出したおすすめ機能をランキング形式でご紹介します。

  • Oracle Database
  • Exadata
2022.04.08

Exadataをフル活用しよう!性能をさらに引き上げるチューニング方法(パラレルクエリー編)

Oracle Exadata Database MachineにおけるSQLチューニング手法2回目の本記事では、パラレルクエリー(Parallel Query)を使ってさらに性能を引き上げる方法をご紹介します。Exadataとパラレルクエリーは非常に相性が良い組み合わせです。どれくらい効果があるのか、検証結果も踏まえて解説します。

ページの先頭へ戻る