Qlik Trainingブログ

  • データ探索
2021.06.08

参照ユーザーこそ、「洞察」を使おう!

Qlik Senseには「洞察」という機能が提供されています。 「洞察」は、アプリの参照だけができる[Analyzer]・[Analyzer Capacity]ユーザーにこそ有益な、拡張知能を最大限に活用できる便利な機能です。

  • データ準備
2021.06.02

ビジネスロジックで洞察を活用しよう

「ビジネス ロジック」という機能はご存知ですか? ビジネスロジックは、拡張知能へデータモデル内のデータ項目の関係性や使用方法などを理解させるための設定機能で、準備タブのメニューにあります。

  • データ準備
2021.05.24

データマネージャーで簡単「デピボット」

予実管理では、ピボットテーブル形式の予算情報の取り込みが不可欠です。横方向のデータを縦軸に変換するピボット解除、「デピボット」を画面操作(GUI)で簡単に行う方法を紹介します。

  • SaaS
  • オンプレミス
2021.05.20

May 2021がリリースされました

Qlik Qlik Senseの新しいバージョン「May 2021」がリリースされました! ユーザーインターフェースが変更されましたので、前バージョン(オンプレミス版)との画面の違いをご紹介します。

  • データ準備
2021.05.12

JOIN(データの結合)で分析しやすいデータに加工する!~

データをアプリに取り込む中で、似たデータやテーブルが増え、データ構造や管理が複雑になった...という経験はないでしょうか。今回はGUIでの加工では物足りず、スクリプトオンリーで開発している方向けに、データ ロード エディタで結合する方法をご紹介します。

  • 分析手法
2021.04.28

データ分析の基本 ~「メジャー」と「軸」~

データ分析が大事なのは分かるけど、「何からどうやって考えていけばいいの・・・?」 や 「Qlik Senseを使うにしても、 どこからどう使えばいいか分からない・・・?」 今回は、データ分析に興味はあるけど初心者です!という方向けに、データ分析の基本を お伝えします。

  • データ準備
2021.04.08

Excel ピボットテーブル データの取り込み

Qlik SenseにExcelで作成したピボットテーブルのデータを取り込みたいなと思うことありませんか? Excelのピボットテーブルで年を横並びで表示している場合など、横持ちのデータをQlik Senseに取り込む場合はデータを縦持ちに直して取り込む必要があります。

  • データ準備
2021.03.22

データマネージャーでの簡単操作で取り込んだ複数テーブルを縦に連結する方法

Qlik Senseにデータを取り込む際、複数のテーブルを縦につなげて取り込みたいと思うことはありませんか? Qlik Senseでは、データマネージャーにあるConcatenateという機能を使うことで、マウス操作のみで簡単に複数のテーブルを縦につなげることができます。

  • データ探索
2021.03.17

ユーザーがアプリへアクセスした際に、意図した情報を見せるには?

ユーザーがアプリを見る際に、日々意識させたいデータがある、データ分析の結果を目に入れたいということはないでしょうか?例えば、「最新の在庫状況を確認してほしい」「欠品数の削減のために欠品率分析結果を見せたい」というような場合です。

  • データ準備
2021.03.15

データマネージャーでの「合成キー」作成方法

データを関連付けする際に、複数のキー項目を利用したい、ということはありませんか? 正しい関連付けができていない、複数のキー項目をどう関連付けたらいいのかわからない、という方はぜひ参考にしてください。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

NEXT

ページの先頭へ戻る