Qlik Trainingブログ

  • データ準備
2022.03.17

Nullを別の値に置き換えて分析しよう!

Nullを別の値に置き換えて分析しよう

Qlik Senseに取り込んだNullのデータを”データがない(例:売上がない商品)”という観点で分析したいことはありませんか?Excel上の空のセルなどをQlik Senseに取り込むと、Nullとして扱われるため、値を選択して分析することができません。そんな時は、Nullを別の値に置換して対応します!

Null(値がないデータ)を選択するには? 」では、チャートの数式で対応する方法を紹介していますが、置換対象のチャートや項目数が多い場合は、データ取り込み時に置換しておく方が管理が楽です。本記事ではデータマネージャーとデータロードエディタで置換する方法をご紹介します。

目次

※本記事は「2022年02月時点のSaaS」で作成しています。

はじめに

テーブルチャートにデータを表示すると、Nullは「-」と表示されます。
4月から12月までの「売上金額」はNullのため、選択することができません。


■置き換え前のテーブル

Nullは別の値として取り込むことで、選択できるようになります。


■Nullを0に置換したテーブル

■0(売上がないレコード)を選択できる

データマネージャー編

データマネージャーでは、[置換]メニューから操作を行います。
例として、「売上金額」のNullを0に置き換えます。

<手順>
1) データマネージャーを開きます。
2) 任意のテーブルを選択します。
3) [このテーブルを編集](鉛筆のアイコン)をクリックします。

4) 置換対象の項目を選択して、画面下の[置換]タブを開きます。
5) [ユニーク値]から「-(NULL)」を選択して、[置換値]に任意の値(例:0)を入力します。
6) [置換]ボタンをクリックします。
7) [データのロード]ボタンをクリックします。

Nullが0に置換されます。

データロードエディタ編


スクリプトでは、変数「NullValue」と「NullAsValue」ステートメントを使用します。

■スクリプト記述例
---------------------------------------------
SET NullValue='0';
NullAsValue 売上金額;

LOAD
年,
月,
予想金額,
売上金額
FROM [lib://スペース名:DataFiles/売上明細.xlsx]
(ooxml, embedded labels, table is 売上明細);

NullAsNull 売上金額;
---------------------------------------------

■解説
変数「NullValue」に置換後の値、「NullAsValue」ステートメントに置換対象の項目名を指定します。「NullAsValue」に複数項目を指定する場合はカンマ区切り、全項目を指定する場合は「*」を使用します。

 記述例1)NullAsValue 予想金額,売上金額;
 記述例2)NullAsValue *;

また、置換処理をスクリプトの途中で解除するには「NullAsNull」ステートメントを指定します。記述方法は「NullAsValue」と同じです。

 記述例1)NullAsNull 予想金額,売上金額;
 記述例2)NullAsNull *;

さいごに

今回はデータ準備の段階でNullを置換する方法をご紹介しました。
データマネージャーとデータロードエディタのどちらから取り込む場合にも利用できますので、Nullの置換が必要な場合にご利用ください!

関連している記事

  • データ準備
2022.04.13

テーブル名や項目名を変更する方法(データマネージャー編)

データマネージャーで取り込んだデータのテーブル名や項目名を変更する方法をご紹介します。

  • データ準備
2022.03.01

アンケートの複数回答を分析しよう!

アンケートなどで複数選択の項目があった場合、回答を集計すると1行に複数の選択肢が入ってくることがあります。このようなデータをQlik Senseに取り込み、分析する際のポイントをご紹介します。

  • データ準備
2022.01.26

必要なデータだけを取り込みましょう!(データマネージャー編)

ここでは、Qlik Senseのデータマネージャーを使った場合、全てのデータではなくて、必要なデータを取り込む方法をご紹介します。

ページの先頭へ戻る