Qlik Trainingブログ

  • データ探索
2021.06.08

参照ユーザーこそ、「洞察」を使おう!

参照ユーザーこそ、「洞察」を使おう!

Qlik Senseには「洞察」という機能が提供されています。

「洞察」は、アプリの参照だけができる[Analyzer]・[Analyzer Capacity]ユーザーにこそ有益な、拡張知能を最大限に活用できる便利な機能です。

今回は参照ユーザーが「洞察」でQlik Senseと対話をしながら、自由に切り口や軸を変えて分析したり、深掘りできる使い方をご紹介します。

なぜ、Qlikでは参照ユーザーのライセンス名を「Analyzer(分析者)」と命名しているのかをきっとおわかりいただけると思います!

目次

※本記事は バージョン「May 2021」の[SaaS]で作成しています。

参照ユーザーで「洞察」を使ってみた

食品卸業で営業をしている加藤さんが、Qlik Senseで共有された売上アプリの「洞察」を使いながら、
 ・気になるほかの営業メンバーの成績を見たり
 ・成績がよい営業の販売している商品を確認したり
 ・商品を購入している顧客を確認したり
と、可視化する切り口を変えながら、最終的に自分が注力する顧客へ絞り込む一連の過程を短い動画にしました。

実際にデータを分析したり、深掘りするときは、色々な疑問や「知りたい」がたくさん出てくるとは思います。そのときにどのような操作をすれば拡張知能が適したチャートを表示してくれるか、などをイメージしながらご覧ください。

さいごに

「洞察」は、活用いただけそうでしょうか?

下記のようなケースでは、ぜひ「洞察」でQlik Senseと対話してみてください。
 ・アプリにどんなデータが取り込まれているかをまずは把握したい
 ・異なる切り口でデータを可視化したい
 ・共有されたアプリに自分に適しているチャートがみつからなかった
 ・取り込まれているデータでできる限り深掘りしたい

分析者が「洞察」を有効活用するためには、アプリの開発者にちょっとした設定をお願いする必要があります。

アプリへの設定方法は「ビジネスロジックで洞察を活用しよう」でご紹介していますので、開発者の方へ共有いただき、Qlik Senseの「洞察」をフル活用してください!

関連している記事

  • データ探索
2021.03.17

ユーザーがアプリへアクセスした際に、意図した情報を見せるには?

ユーザーがアプリを見る際に、日々意識させたいデータがある、データ分析の結果を目に入れたいということはないでしょうか?例えば、「最新の在庫状況を確認してほしい」「欠品数の削減のために欠品率分析結果を見せたい」というような場合です。

  • データ探索
2021.03.08

複数条件のデータを並べて比較分析してみよう!

Qlik Senseで昨対比や分類単位でのデータを並べて比較分析してみたい、と思うことはありませんか?並列ステートを使用すると、比較分析シートを簡単に作成することができます!

  • データ探索
2021.02.16

ブックマークに動的な値(本日、最新年月など)を設定する方法

Qlik Senseのブックマークに「本日」「最新年月」といった動的な値を設定したいということはありませんか?動的な値を設定することで、日付やデータが変わる度にブックマークを作成しなおす手間が省けます。

ページの先頭へ戻る