Qlik Trainingブログ

  • データ準備
2021.06.15

Concatenate(連結)で分析しやすいデータに加工する!

Concatenate(連結)で分析しやすいデータに加工する!

JOINに引き続き、データ準備のテクニックをご紹介します。
今回はJOINと同じように複数テーブルを1つにまとめ、
分析しやすいデータに加工できる「Concatenate」(連結)についてです。

似たデータやテーブルが複数あり、データ準備の過程で
以下のような課題がある場合に有効です。

 ・テーブル数が多くなり、テーブル構造が把握しづらくなった
 ・循環参照(関連付けのループ)が発生し、関連付けが上手くいかない
 ・シンセティックキー(複合キー)ができ、データ量が増えた

本記事ではスクリプト(データ ロード エディタ)の方法をご紹介します。
GUI(データ マネージャー)の方法を知りたい方はこちらをご覧ください。

目次

※本記事は バージョン「May 2021」の[SaaS]で作成しています。

Concatenateとは

ロード スクリプトのステートメントで、複数のテーブルを縦に「連結」するときに使用します。
例えば、似たデータを持つテーブルA、テーブルBがあるとします。

▼テーブルA

年月 商品名 売上
2021/05 いちご 100

▼テーブルB

年月 商品名 売上 担当者
2021/06 りんご 200 A

この2つをConcatenateすると以下のように縦に連結され、
テーブルを1つにまとめられます。

年月 商品名 売上 担当者
2021/05 いちご 100 -
2021/06 りんご 200 A

データ ロード エディタでConcatenateする方法

LOAD文の前に「Concatenate (連結先テーブル)」を指定します。
(連結先テーブル)を省略すると直前にロードされたテーブルが連結先となります。
意図しない動作とならないよう、明記することをお勧めします。

▼記述例

売上明細:
LOAD
年月,
商品名,
売上
FROM [lib://DataFiles/Book1.xlsx]
(ooxml, embedded labels, table is Sheet1);

Concatenate (売上明細)

LOAD
年月,
商品名,
売上,
担当者
FROM [lib://DataFiles/Book1.xlsx]
(ooxml, embedded labels, table is Sheet2);

▼記述イメージ

さいごに

複数のテーブルを1つにまとめる方法として、JoinとConcatenateを紹介しました。
この2つの違いは、弊社サポート担当者が動画コンテンツ「BI学校」で
分かりやすく解説しています。(動画タイトル:JoinとConcatenate)

動画は弊社AWSCサイトのFAQで公開しておりますので
気になる方はチェックしてみてください!

AWSCアカウント登録方法はこちら
BI学校(動画コンテンツ)の一覧や視聴方法はこちら

関連している記事

  • データ準備
2021.08.12

Null(値がないデータ)を選択するには?

皆さんはQlik Senseのチャートの値に「-」が入っているのを、見つけたことはありませんか?

  • データ準備
2021.07.29

Date#とDateの違い

皆さんはデータを分析する時、必ずと言っていいほど日付データを扱われると思います。 その際に取り込んだ日付データが日付として扱えなかったことはありませんか?

  • データ準備
2021.06.30

Where句で必要なデータだけ取り込みます!

アプリに全てのデータを取り込む必要はないな…という時ありませんか? そんな時はWhere句で条件を指定して必要なデータだけ取り込みましょう!

ページの先頭へ戻る