Citrixサポートブログ

2021.11.15

アプリケーション仮想化でIE11のサポート終了に対応!

アプリケーション仮想化でIE11のサポート終了に対応!

こんにちは。Citrix製品のサポートを担当している川東(かわひがし)です。

今回は、2022年6月にサポート終了となるIE11をCitrix Virtual Apps のアプリケーション仮想化技術で継続利用する方法をご紹介します。


目次

Windows ServerのIE11はMicrosoft社のサポートが継続されます
IE11の延命方法についてより詳しく知りたいお客様へ
アプリケーション仮想化を使用してIE11を利用するメリット
Mac端末やタブレット端末でも利用
IE11からクライアント端末へのデータ保存を禁止して情報漏洩対策
透かし(ウォーターマーク)をIE11の画面に表示して画面キャプチャを抑止
IE11を実行しているWindows Server へのウィルス侵入を防御

Windows ServerのIE11はMicrosoft社のサポートが継続されます

インターネットで「IE11サポート終了 対応」等で検索するとMicrosoft EdgeのIEモードを使用した対応策の情報が沢山出てきますが、Windows Server のIE11を使用したアプリケーション仮想化の対応もできることをご存知でしょうか。

※参考情報
 ライフサイクルに関する FAQ - Internet Explorer および Microsoft Edge
 https://docs.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/faq/internet-explorer-microsoft-edge
 →「Windows Server オペレーティング システム」の項目をご参照ください。

Citrix Virtual Apps のアプリケーション仮想化の画面転送の仕組みを使用すると、IE11の利用を継続できる他にもメリットがあります。


IE11の延命方法についてより詳しく知りたいお客様へ

弊社の以下のページをご参照ください。

サポート終了を迎えるIE11を仮想化で延命
https://www.ashisuto.co.jp/product/theme/virtualization/ie_life_extension.html


アプリケーション仮想化を使用してIE11を利用するメリット

Mac端末やタブレット端末でも利用

画面転送のため、接続元の端末はWindowsのみではなく、Macやタブレット端末でもIE11の利用ができます。


IE11からクライアント端末へのデータ保存を禁止して情報漏洩対策

Citrixの柔軟なポリシー機能を使用して、IE11上で作成したデータをクライアント端末へ保存することの禁止や、IE11に表示されているデータのクリップボードコピーを禁止できます。
特定のユーザには「データ保存禁止・クリップボード許可」等の柔軟な制御も可能です。


透かし(ウォーターマーク)をIE11の画面に表示して画面キャプチャを抑止


Citrixのポリシーを使用して、Citrixセッション上で利用するアプリケーションに対して「透かし(ウォーターマーク)」を表示できます。
※こちらの機能はアプリケーション単位では制御ができないため、複数のアプリケーションをCitrix Virtual Apps上で利用する場合は、IE11以外のアプリケーション画面にも透かしが表示される場合がございます。

以下は、弊社ホームページの画面を公開アプリケーションのIE11で開いた画面です。
透かし機能を使用して画面上に以下を表示しています。文字の濃さも調整できます。

・IE11を利用中のユーザ名
・クライアント端末のIPアドレス
・IE11を実行しているサーバのホスト名
・管理者にて設定した任意の文字列


<透かし機能なし>


<透かし機能あり>

IE11を実行しているWindows Server へのウィルス侵入を防御

システム管理者側で管理ができていないクライアント端末からIE11を利用させる必要がある場合もあると思います。

IE11の画面は転送されている画面になるため、クライアント端末がウィルス感染している場合でも、ウィルスはIE11の画面を経由して、IE11を実行しているCitrixのサーバへ侵入出来ません。

※クライアント端末とIE11の画面転送をするCitrixのサーバ間のデータがやりとりできない
 ように以下の設定も必要です。
 ・Citrixのポリシーでクライアント端末のドライブやUSBメモリ等を、Citrixのセッション上で
  使えないようにする
 ・クライアント端末からIE11を実行しているサーバへの通信はCitrixのセッションのみを許可する
  ようにF/W側で制御する


まとめ

いかがでしたでしょうか。IE11サポート終了への対応方法は様々ございますが、本記事で記載したアプリケーション仮想化のメリットも魅力に感じる場合はこちら からお問い合わせを頂けますと幸いです。



Citrix製品紹介セミナーも定期開催しています

クライアント仮想化の基礎知識から、仮想化製品「Citrix Virtual Apps and Desktops(XenAppおよび
XenDesktop)」の製品概要、導入検討時に注意すべき点などをご紹介します。
今お持ちのお悩みを解決し、Citrix製品をより有効に活用する方法を具体的に学ぶことができる内容になっております。

Citrixの設定・トラブル対処方法の良くあるFAQ10選プレゼント中

アシストのCitrixサポートセンターに良くある設定・トラブル対処方法のFAQ10選の資料を無料プレゼント中です。また、Citrix XenApp/XenDesktopの問題発生時に原因を切り分ける方法も掲載しております。以下のバナーからお気軽にダウンロードください。

ブログ編集者のプロフィール

アシスト入社後、テスト系製品のカスタマーサポートを担当後、現在はCitrix製品を担当。シトリックス・システムズ・ジャパンの「2020 2nd Half Partner Award」にて、国内パートナーエンジニアの中から特に技術的な貢献が高い技術者に贈られる「Citrix Best Partner Engineer」を受賞。

XenAppとXenDesktopのトラブルシューティングや運用に役立つ情報を、長年のサポート対応の視点で分かりやすく伝えることを心がけています。学生時代から続けている映像制作の趣味の延長で、以下の動画も制作したのでご覧頂けますと幸いです。

Citrixトラブルシューティング入門動画(初動編)

著者イメージ

関連している記事

  • 設計・構築・設定
2022.02.24

Citrixライセンス消費超過時の動作に関する説明と使用履歴確認方法

今回の記事は「ライセンスの超過使用保護と追加猶予期間」「ライセンス使用履歴の確認方法」に関する説明をしています。

  • 設計・構築・設定
2022.02.04

オンプレミス版 Citrix Virtual Apps and Desktops のライセンス消費に関する説明

今回は、オンプレミス版 Citrix Virtual Apps and Desktops のライセンス消費に関する説明をしたいと思います。

  • 設計・構築・設定
2021.12.17

Citrix CloudのCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスを使用して閉域網接続用の環境を構築する際のポイント

今回は、Citrix CloudのCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスを使用して、パブリッククラウド上にリソースを配置して閉域網接続用の環境を構築する際のポイントをご紹介させて頂きます。

ページの先頭へ戻る