Database Support Blog

Database Support Blog>Oracle Database Appliance(ODA)のサポートFAQまとめ

  • Oracle Database
2017.11.27

Oracle Database Appliance(ODA)のサポートFAQまとめ

Oracle Database Appliance(ODA)のサポートFAQまとめ

日本オラクル株式会社が2017年7月6日に開催した「Oracle Excellence Awards 2017 Specialized Partner of the Year Japan」において、 Oracle Database Appliance 製品分野で、最も著しい功績を上げたパートナーとして「Oracle Excellence Awards Specialized Partner of the Year: Database Appliance - Japan」を受賞しました。

アシスト、「Oracle Excellence Awards 2017 Specialized Partner of the Year Japan」においてODA分野とサポート分野で2つの賞を受賞

サポートセンターにもOracle Database Appliance(ODA)をご利用されているお客様からのお問い合わせも多くいただいています。

そこで、今回はODA環境のお客様からよくいただくお問い合わせを6つ、FAQ集として資料にまとめましたのでご紹介します。

ODAサポートによくいただくお問い合わせ6項目

ODAは事前に構成され稼働確認済のアプライアンス製品です。機材納品後に稼働試験は不要でありすぐに利用することが可能ですが、導入後にユーザ側で変更や追加が行えるのか、ODA固有の操作などがあるのかを気にされるお客様もいらっしゃいます。

そのため、ODAをご利用のお客様/ODAを検討されているお客様からは次のようなお問い合わせをサポートにいただくことがあります。

・変更作業の実施可否
 - ディスクグループの構成は変更できますか?
 - OSパッケージは追加インストールできますか?
 - カーネルパラメータは変更できますか?
 - CPUコア追加時に初期化パラメータCPU_COUNTを変更する必要はありますか?

・監視すべきプロセス
 - 監視すべきプロセスはありますか?

・ディスク領域の監視
 - ディスク領域はどのように監視すればよいですか?

・OSリソースの監視
 - OSリソースの監視は必要ありますか?

・クラスタ名を確認する方法
 - クラスタ名はどこから確認できますか?

・データベース作成/削除手順
 - データベースの作成コマンドを教えてください
 - データベースの削除コマンドを教えてください

これらのご質問に対する回答やコマンドを資料にまとめましたので、ぜひご確認ください(スライド全19ページ)。

資料のダウンロード

ODA(Oracle Database Appliance)のサポートFAQまとめ

ODA環境のお客様からよくいただくお問い合わせを6つ、FAQ集としてまとめた資料です。

資料をダウンロード



筆者情報

佐藤あゆみ

2006年 株式会社アシスト入社後、サポートセンターにて Oracle製品(主にDatabase)のサポートを担当。現在はバックサポートとしてメンバーフォローや社内情報/検証環境整備などを行っている。
休日はベースを弾いたり旅行したりスポーツしたりと、ゆるくまったり過ごしている。


データベースのサポートならアシスト

関連している記事

  • Oracle Database
2017.12.15

【Oracle】Statspackレポートを期間指定で一括取得するスクリプト

Oracle DatabseのStatspackレポートを期間指定で一括取得するスクリプトをご紹介します。

  • Oracle Database
2017.12.14

Oracle Database 12cR2へのアップグレード後に発生するORA-01017

Oracle Database 12cR2へのアップグレード後に発生することが多いORA-01017エラーについて、その原因と対処方法をご紹介します。

  • Oracle Database
2017.10.10

【Oracle Database】ユーザが使用可能なCPUリソースを制限する方法

ユーザが使用可能なCPUリソースを制限する方法として、プロファイルとResouce Manager(Maximum Utilization Limit)を紹介します。

アシストサポートセンターのご紹介 Oracle Database研修

ページの先頭へ戻る