Database Support Blog

  • Oracle Cloud
2023.01.24

【Oracle Cloud】Announcements機能を用いた”お知らせ”の内容のメール通知方法

【Oracle Cloud】Announcements機能を用いた”お知らせ”の内容のメール通知方法

Oracle Cloudの稼働状況については「ocistatus」のウェブサイトから確認が行えます。以前は「ocistatus」のウェブサイト上で設定をすることで、Oracle Cloudの障害でシステムに問題が生じた際にメール通知を行うことが可能でした。しかし、現在は通知についてはAnnouncementsの機能に集約されており、「ocistatus」のウェブサイトからは設定を行うことができません。

Announcementsは、Oracle Cloud Infrastructureのコンソールに存在する”お知らせ”の内容を通知することができる機能です。そのため、「ocistatus」のページで確認できるシステムに影響が生じているかだけではなく、緊急メンテナンスの告知などについても通知させることが可能です。

本記事では、Announcements機能を用いたメールの通知方法をご紹介します。


Announcements機能で通知される対象

Oracle Cloud Infrastructureのコンソールの”お知らせ”に表示される内容を通知することができます。画面右上のベルマークから移動したページです。

画像01

通知を行うにあたり、お知らせページに表示される内容からカテゴリーとして選択することができます。選択可能なカテゴリーについしてはこちらのマニュアル をご参照ください。


必要となるポリシー

メール通知の設定をOracle Cloud Infrastructureのコンソール上から行うにあたり、サブスクリプションを作成します。サブスクリプションを作成するユーザーに対してmanage announcement-subscriptionsのポリシーを割り当てる必要があります。管理者ユーザー以外で通知の設定を行う場合には、以下のようにポリシーの設定を行ってください。

 
 Allow group <グループ名> to manage announcement-subscriptions in (テナンシ名)
 

また、通知を行う対象とするコンパートメントを選択しますが、そのコンパートメントに対するアクセス権も必要になります。管理者ユーザー以外で通知の設定を行う場合には予めポリシーの設定をお願いします。

ポリシーについてはこちらのマニュアル をご参照ください。


メール通知設定方法

1. お知らせのページに表示されている「お知らせのサブスクリプションの作成」ボタンを押下します。 存在しない場合には、画面左部の「サブスプリクション」タブに移動した先のページに表示されている「お知らせのサブスクリプションの作成」ボタンを押下ください。

画像02

2.以下の項目を埋めます。
 画面キャプチャ内で赤枠で囲っている項目が必須項目です。

  • 名前:任意の名前を記入ください。
  • 説明:任意で記入ください。
  • コンパートメント:通知対象としたいコンパートメントを選択ください。全てのコンパートメントを対象としたい場合にはルートを選択ください。
  • サブスクリプションタイプ:通知させるお知らせの対象を絞り込みたい場合には「選択したお知らせのみ」を選択し、通知したい対象を選択ください。
  • 表示プリファレンス:タイム・ゾーンを変更したい場合に選択ください。

画像03

3.同ページ内の通知トピック項目にて、通知を行うトピックを選択します。
新しくトピックを作成される場合には「新規トピックの作成」を選択し、以下の項目を記入します。画面キャプチャ内で赤枠で囲っている項目が必須項目です。

  • コンパートメント:トピックを配置するコンパートメントです。通知対象で選択したコンパートメントより下の階層に配置をしないようにしてください。
  • 名前:任意の名前を記入ください。
  • 説明:任意で記載ください。
  • サブスクリプション:送信先のメールアドレスを記入ください。

※画像04※

4.作成ボタンを押下し、サブスクリプションが作成されていることを確認します。

※画像05※

新しくトピックを作成した際の追加手順

新しくトピックを作成した場合、トピックに登録したメールアドレスが有効であるかの確認が取れるまで、以下のようにトピックのステータスがPendingの状態になります。

※画像06※

「Oracle Cloud Infrastructure Notifications Service Subscription Confirmation」の件名で登録したメールアドレスに確認のメールが届きますので、メール本文に記載のURLをクリックしてください。

以下のようなページが表示されることで確認が完了となります。

※画像07※


通知確認

通知設定が正常に動作することを確認します。

1.お知らせのページで「サブスクリプション」の項目に移動します。

※画像08※

2.作成したサブスクリプションが表示されるため、「サブスクライブしたトピック」項目のリンクを押下します。

※画像09※

3.「メッセージ公開」を押下することで、通知を行うタイトル内容を入力する画面がポップアップされるため、任意の値を入力し「公開」を押下します。

※画像10※

※画像11※

4.登録したメールアドレスにメールが届いたことを確認します。

※画像12※


注意点

メールボックスのルール設定にて受信先のボックスを設定される場合に注意点があります。
通知されるメールアドレスですが、以下のように送信元のリージョンによってドメインが異なります。

  noreply@mail.announcements.{送信元リージョン名}.oci.oraclecloud.com

複数リージョンに対してメール通知の設定を行われている場合にはご注意ください。リージョンごとの識別子はこちらのマニュアル から確認いただけます。


まとめ

本記事では、Oracle Cloud Infrastructureの Announcements機能でメール通知を行う方法について紹介しました。

お知らせのページには重要な通知が来ることがあります。例えば、メンテナンスのために指定期間内にシステムの再起動を求めるものなどがあります。事前に通知内容を把握していない場合には、システムが強制的に再起動されてしまい処理が中断してしまうことになりかねません。

重要な通知を把握しやすくするために、ぜひこの機会にメール設定を行ってみてください。


執筆者情報

つぼた けいし プロフィール画像

2014年入社以降、Oracle Databaseのサポート対応を担当。
Enterprise ManagerやOracle Cloudを中心に担当しており、最近はフィールド技術と二足の草鞋で活躍中。...show more


■本記事の内容について
 本記事に示した定義及び条件は変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

■商標に関して
 ・Oracle®、Java、MySQL及びNetSuiteは、Oracle、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
 ・Amazon Web Services、AWS、Powered by AWS ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他の AWS 商標] は、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

関連している記事

  • Oracle Database
  • Oracle Cloud
  • AWS
2024.07.09

Oracle Databaseライセンスの定義とルールを正しく理解する ~第4回:クラウド編~

今回はOracle Databaseライセンス「クラウド環境編」です。これまでエディション、ライセンスの種類、カウントの方法、という基本的な部分と、構成面の理解として仮想化環境の考え方をご紹介してきました。今回はクラウド環境におけるOracle Databaseライセンスの定義やルールを解説します。

  • Oracle Cloud
2024.07.02

OCI CLIでデータベースインスタンスを作成する方法

OCI CLIは、OCIの各種サービスを操作するためのコマンドラインツールです。OCI CLIを使用してデータベースインスタンスを構築する方法についてご紹介します。

  • Oracle Cloud
  • AWS
2024.06.18

AWSとOCIを接続してみよう!

ビジネスインフラ環境を様々な形態で運用されている昨今、クラウドもその選択肢のひとつです。各社クラウドの特性を活かすために複数のクラウドを利用されているお客様も多くなってきました。今回は2つのクラウド(OCIとAWS)を閉域接続する構成をどのように構築するのかを紹介します。

ページの先頭へ戻る