Database Support Blog

  • Oracle Cloud
2021.01.15

OCIのDNSサービスを使ってみよう 実践編

以前の記事では、DNSの基本とOCI DNSサービスについてご紹介しました。
本記事では、実際にOracle Cloudのサービスを利用して、独自ドメイン名を使ったWebサーバの名前解決を行ってみます。

概要

本記事では、独自ドメインを取得し、Oracle Cloud上にゾーンを作成し実際に名前解決を行ってWebサーバにアクセスする手順をご案内します。
※VCN内に「http://IPアドレス/」の指定で接続可能なWebサーバを構築済みであることが前提です。

実施手順

独自ドメインの取得

まずはレジストラから独自ドメインを取得します。
例:お名前.com
https://www.onamae.com/

今回は、テスト用に「smpldomain.work」というドメインを取得しています。
※詳細手順は割愛します。

DNSゾーンの作成

「smpldomain.work」ドメインを管理するDNSゾーンを作成します。

OCIのコンソールを開き、「ネットワーキング」-「DNSゾーン管理」の順に選択します。

表示された「DNSゾーン」画面で「ゾーンの作成」を選択します。

「メソッド」は「手動」を選択し、「ゾーン名」に取得したドメイン名(smpldomain.work)を入力します。
その他の項目はデフォルトで問題ありません。

作成が成功すると、ゾーンの管理画面へ遷移します。

リソースレコードの作成

名前解決するためのAレコードを作成します。

画面左「リソース」-「レコード」を選択します。
その後、「レコードの追加」を選択します。

以下の通り設定します。
レコード型...「A - IPv4アドレス」を選択します。
名前...任意のラベルを指定します。「ociweb.smpldomain.work」は「.smpldomain.work」のサブドメインという扱いになります。
TTL...任意の値を指定します。リソースレコードをキャッシュに保持する時間を表します。

レコードが追加されたことを確認し、「変更の公開」を選択します。

内容を確認し、「変更の公開」を選択します。

ネームサーバの設定変更

ネームサーバとは、ドメインの名前解決のための情報を保持するサーバです。
今回は、Oracle Cloudのサービスを使ってゾーン管理を行うため、ネームサーバの情報をOracle Cloudに変更します。

タイプが「NS」となっているレコードの「RDATA」の値をメモしておきます。

レジストラのネームサーバ設定画面へ移動します。
メモしておいたネームサーバ情報を記入し、「確認」を選択します。

※お名前.comで取得したドメインの場合、以下の流れで設定画面に遷移できます。
 お名前.com Naviにログイン>「ドメイン」>「ドメイン詳細」>「ネームサーバー設定」

この設定により、取得したドメインの名前解決に、OCIのネームサーバが利用されるようになります。

接続確認

IPアドレスを指定して、Webサーバに接続できることを確認します。

IPアドレスの代わりに、レコード作成時設定したドメイン名を入力します。
ドメイン名指定で画面を表示できていることを確認します。


コマンドプロンプトから、digコマンドを使って名前解決できているかを確認します。
「dig ドメイン名」を入力し実行します。

 
 dig結果
 C:\Windows\system32>dig ociweb.smpldomain.work
  
 ; <<>> DiG 9.16.5 <<>> ociweb.smpldomain.work
 ;; global options: +cmd
 ;; Got answer:
 ;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 26358
 ;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 1
  
 ;; OPT PSEUDOSECTION:
 ; EDNS: version: 0, flags:; udp: 4000
 ;; QUESTION SECTION:
 ;ociweb.smpldomain.work.                IN      A
  
 ;; ANSWER SECTION:
 ociweb.smpldomain.work. 229     IN      A       140.238.39.82
  
 ;; Query time: 11 msec
 ;; SERVER: 192.168.1.208#53(192.168.1.208)
 ;; WHEN: Tue Aug 25 07:01:56 東京 (標準時) 2020
 ;; MSG SIZE  rcvd: 67
 
 

「>>HEADER<<-」に「ANSWER: 1」と表示されており、問い合わせ結果として1件レコードが返されていることがわかります。

「ANSWER SECTION:」に「ociweb.smpldomain.work. 229 IN A 140.238.39.82」というレコード情報が表示されています。

まとめ

ドメイン名をWebサーバのIPアドレスに割り当て割当て、ドメイン名指定でアクセスする手順を確認してきました。
OCI DNSでは、クラウドサービスで簡単にドメイン管理を行えるので、ぜひ本記事を参考に動作を確認してみてください。


参考情報

Oracle Cloud Infrastructure—ネットワークと接続
https://www.oracle.com/jp/cloud/networking/
DNSのサービス・ゾーンの管理
https://docs.cloud.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/DNS/Tasks/managingdnszones.htm
DNSに関するよくある質問
https://www.oracle.com/jp/cloud/networking/dns-faq.html

執筆者情報

さかもと ゆういち プロフィール画像

2017年アシスト入社後、主にVerticaのサポートエンジニアに従事。
2020年よりAWS/OracleCloudのフィールドエンジニアとして活動している。


■商標に関して
OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

関連している記事

  • Oracle Cloud
2021.02.18

オンプレミス環境とクラウドを接続してみよう!~1.オフィス環境準備~

クラウドを使い始めたいけど、何からやれば良いか悩む方も多いと思います。そんな方への情報収集のネタとして、アシストの社内検証環境でオンプレミス環境とOracle Cloudとを接続するために実施した経験を共有します。第1回目は必要となる設備の準備にフォーカスしてご紹介します。

  • Oracle Cloud
2021.02.12

IDCSユーザーでOCIリソースを扱うには?

OCIには、IAMユーザーとIDCSユーザーの2種類のOracle Cloudのユーザーがいます。IDCSユーザーでOracle Cloudのリソースを扱うには、IAMのポリシーをアタッチする必要があります。この記事では一連の設定手順をご紹介します。

  • Oracle Cloud
2021.02.04

Oracle Cloudの課金状況を把握しよう

Oracle Cloudは従量課金制となっており、使った分だけ課金されます。「今月分の課金っていくらだろう」「どのサービスでいくらかかったんだろう」という疑問が出てくるかと思います。そのような時の確認方法をご紹介します。

ページの先頭へ戻る