TOP>企業情報>コラム>広報ブログ>アシスト超サポ愉快杯争奪「COZMO de ハッカソン」

アシスト超サポ愉快杯争奪「COZMO de ハッカソン」

アシスト超サポ愉快杯争奪「COZMO de ハッカソン」

新入社員教育の一環としてアシストではプログラミング研修を行っています。昨年まではJava言語を対象にした研修でしたが、2018年は全面的に改定され、AI(人工知能)やデータ分析の分野でも利用されることの多いPython言語を軸に行われました。

新しい研修のテーマは「プログラミングで実現できる事を、実体験を通して楽しく学ぶ!」。このテーマのもと、研修の総まとめとして行われたのが、Pythonと小型AIロボットCOZMOを使った「超サポ愉快杯争奪 COZMO deハッカソン」です。

COZMOにはPythonのSDKが提供されており、PythonからCOZMOの動きをコントロールできます。PyhonのコードでCOZMOに何をさせるのか、枠にとらわれない自由な発想と、研修で培ったプログラミングスキルを発揮してもらおうという試みです。

ハッカソンの期間は5日間。チームごとにアイデアソンを通じてプランを練るところからハッカソンはスタートしました。
 

ハッカソンと言っても新人研修の一環として実施されるので、自由課題の他に一定のプログラミングスキルが習得できているかを評価するための既定課題も与えられています。

また、「最終日には先輩社員の前で発表しなければならない」という納期も設定されています。それを達成するため、自分達で計画を立て、作業を行い、進捗を管理し、問題が発生したらその解決にあたる、というグループ活動を通じたプロジェクトマネジメントの基本を体験することも、ハッカソン研修のもう一つの狙いでした。

やんちゃなCOZMOに翻弄され、時間にも追われつつも、一人一人が生き生きとプログラミングに取り組んだ5日目、審査員と大勢のギャラリーが見守る中でハッカソンの発表会が始まりました。
 

発表会では、COZMOによるPK戦、映画のワンシーンの再現、姫を助ける勇者の物語、お絵かきするCOZMOなど、各チームが次々に成果を披露しました。各チームの発表をダイジェスト動画でご紹介します。
 

※音声付き動画です


最後のチーム発表が終わる頃には、ハッカソンをやり終えた達成感と、新入社員、審査員、オーディエンス全員でハッカソンを成功させた一体感でいっぱいになっていました。この日の夜は、超サポ愉快杯争奪戦の結果発表を兼ねた打ち上げで、互いに労をねぎらいました。5日間、本当にお疲れ様でした!
 

アシストに関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けします。お気軽にご相談ください。


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」をお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る