Database Support Blog

Database Support Blog>【Oracle Database 12c】SE1/SEからSE2への移行で注意すべきこと

  • Oracle Database
2015.10.19

【Oracle Database 12c】SE1/SEからSE2への移行で注意すべきこと

注意すべきこと

2015年9月にOracle Database 12.1.0.2 Standard Edition 2(SE2)がリリースされ、Oracle Technology Network、または、Oracle Software Delivery Cloudからダウンロードができるようになりました。

Oracle Technology Networkからダウンロード  (ユーザ登録が必要です)
Oracle Software Delivery Cloudからダウンロード  (ユーザ登録が必要です)

12.1.0.2 以降のStandard Editionは、従来のStandard Edition One(SE1)、Standard Edition(SE)ではなく、SE2として提供されます。新しいライセンスということもあり、従来のSE1/SEとの違いや新機能についてなど、多くのお客様よりお問い合わせをいただいています。

今回の記事では、特に注意が必要となる「ハードウェア制限」と「サポート期間」の2点についてご紹介します。

SE2のハードウェア制限

SE2では下記のハードウェア制限が設けられており、この制限を考慮したハードウェア選定が必要です。

  • 搭載可能CPUソケット数は2つまで(全OSで共通)
  • インスタンスあたり最大16CPUスレッドまでしか同時に使用できない

従来のSEではソケット数は最大4つまでの制限でしたが、SE2で「最大2つ」に変更されています。ハードウェアとして利用できるCPUスレッド数は制限以下でも以上でもライセンス上は問題ありませんが、Oracle Databaseで同時に使用できるのはインスタンスあたり最大16CPUスレッドまでに制御されています。

特に注意が必要なのはSE2でReal Application Clusters(RAC)環境を利用する場合です。SE2でRACを構築する場合には、「搭載可能CPUソケット数が2つまでのサーバで1搭載CPUソケット×2ノード」で構成する必要があります。同時に使用されるCPUスレッドはインスタンスあたり8CPUスレッドが最大です。

SE2のソケット数制限

▲SE2のソケット数制限

SE2のスレッド数制限

▲SE2のCPUスレッド数制限

SE2リリース当初、 Database Licensing ではSE2でRAC環境を構築する場合は1ソケットのサーバで2ノードまでと記載されていたため、ソケット数が1つとなるとハードウェア選定を含めて既存のSE RACからの移行は厳しいのではと感じていました 。

Database Licensing

Oracle Database Standard Edition 2 may only be licensed on servers that have a maximum capacity of 2 sockets. When used with Oracle Real Application Clusters, Oracle Database Standard Edition 2 may only be licensed on a maximum of 2 one-socket servers.


「1ソケットのサーバで2ノード」から「搭載可能CPUソケット数が2つまでのサーバで1搭載CPUソケット×2ノード」に緩和されたことにより、敷居は若干下がったと思います。

ただし、従来のSEのソケット制限においてWindows/Linux/Solaris on x86互換CPU またはApple Mac OS では「2搭載CPUソケット×2ノード」や「1搭載CPUソケット×3ノード(または4ノード)」のSE RAC環境を構築することが可能でしたが、SE2では制限に抵触します。現在ご利用のSE RAC環境が該当する場合は、将来12.1.0.2以降へのアップグレードの際に構成やライセンスの検討が必要です。

「12.1.0.1 SE/SE1」と「12.1.0.2 SE2」のサポート期間

OSやハードウェアの更改に合わせてOracle Databaseのアップグレードを検討する必要が出てくるケースもあります。Oracle製品はサポート期間によって提供されるサービス・レベルに違いがありますので、この点にも注意が必要です。

2015年10月現在、Premier Support期間にあるのは12cのみですので、移行を検討する場合には必然的に12cが候補になると思います。実際に、12.1.0.2 SE2のリリース後、SE1/SEのサポートは継続されるのか、アップグレードを検討するのにあたりSE1/SE環境がいつまでサポートされるのかといったご質問をサポートセンターに多くいただいています。

Premier Support
12.1.0.1 SE1/SE 2016年8月末まで
12.1.0.2 SE2 2018年7月末まで

12.1.0.1 SE1/SEをご利用の環境は引き続きサポートされ、Premier Supportは2016年8月末までが予定されています。また、Extended Supportの提供は予定されていません。

12.1.0.2 SE2のPremier Supportは2018年7月末までです(12cR1は12.1.0.2が最終リリース)。現在SE1/SEをご利用の環境は、将来12.1.0.2以降を利用されるタイミングでSE2へのアップグレードが必要です。サポート期間についての詳細な情報はオラクル社から公開されておりますので次のエントリからご参照ください。

ライフタイム・サポート - Oracle
Oracle Lifetime Support Policy - Oracle Technology Products
Release Schedule of Current Database Releases (NOTE:742060.1) - My Oracle Support

SE2の価格やSE1/SEからのライセンスマイグレーションの詳細については、弊社の営業担当または アシストのWebページ からお問い合わせください。

今後も機会があればSE2に関する情報を紹介していきたいと思います。

SE2以外の選択肢について(2/24追記)

SE2への移行によってライセンスコストが大きく膨らんでしまうケースが多々あると思います。アシストではお客様の要件に合わせて別の選択肢も提案していますので、お困りのお客様はぜひ一度ご相談ください。

例えば、コストを維持または削減するためにEDB Postgres(Oracle Databaseと互換性が高い)に切り替えるという事例もあります。また、システム規模の拡大が想定されるのであればOracle Database Applianceを選択したほうが良い可能性もでてきます。


筆者情報

大野 高志

サービス事業部 サポートセンター

2007年にアシスト入社後、Oracle Databaseのサポート業務に従事。現在はサポート業務の傍ら、未解決のトラブルを一つでも多く減らせるよう、サポートセンターに蓄積されている調査のノウハウを社内外に伝える活動を行っている。

関連している記事

  • Oracle Database
2016.11.16

【Oracle Database】パフォーマンスダウンの原因追求に必要な情報取得サンプルスクリプト

パフォーマンスダウンやCPU/メモリ負荷高騰時には、セッション/プロセス単位で情報を確認する必要があります。原因追求に必要な情報を取得できるサンプルスクリプトを提供します。

  • Oracle Database
2016.10.27

【Oracle Database】うるう秒の対応

Oracle Databaseでのうるう秒(閏秒)の対応方法について解説します。2017年元旦にトラブルとならないよう、準備しましょう。

  • Oracle Database
2016.09.21

再現ケースを簡単に作成!SQLテスト・ケース・ビルダーの使用方法

再現ケースに必要な情報を一括で容易に取得できる「SQLテスト・ケース・ビルダー」の使用方法を紹介します。

アシストサポートセンターのご紹介 Oracle Database研修

ページの先頭へ戻る