Database Support Blog

  • Oracle Database
  • Oracle Cloud
2023.03.15

Oracle Support Rewardsとは? 3分でわかる「使えば使うほどお得な理由と注意点」

Oracle Support Rewards

今回解説するのは、使えば使うほどお得な「Oracle Support Rewards」です。

「Oracle Support Rewards」は、2021年6月にオラクル社から発表されたサポートプログラムで、昨年2022年より徐々に利用されるお客様が増えてきています。

国内パートナー初の「Oracle Support Rewards」を提供開始したアシストより、まだご存じないお客様に向けて、概要を3分でお伝えしていきます。



Oracle Support Rewards プログラムとは

●Oracle Cloud Infrastructure(以下OCI)ユーザー向け「Oracleソフトウェア保守更新費削減」プログラムです


  - OCIの使用量※に応じて、 Support Rewards(リワード)を獲得できます
   (※対象ライセンス: Oracle Cloud Universal Credits Annual Flex)
  - 獲得されたリワードは Oracleソフトウェアサポート契約の更新時に利用できます
  - プログラム利用にはOCIご契約(新規/追加/更新)時の申請が必要です

Oracle Support Rewards 概要

「Oracle Support Rewards」は、 OCIの利用で獲得したポイント(以下、リワード)をOracleソフトウェア保守更新費用に充当できる 、つまりOCIの利用がOracleソフトウェアの保守更新費用の削減(節約)につながるサポートプログラムです。

ただOCIを購入したらすぐにリワードが獲得できるわけではありません。毎月のOCIの使用量に応じて、 リワードを獲得できます。

では、具体的にどのような仕組みでリワードが獲得できるのかを説明していきます。


●OCI使用量の25%がOracle Support Rewardsとして獲得できます


Oracle Support Rewards 内訳

「Oracle Support Rewards」は、毎月のOCI使用量の25%がリワードとしてお客様に還元されます。
 ※「Oracle Unlimited License Agreements(ULA)」のご契約のお客様には33%還元。

例えば、お客様がOCIを月に12万円分使用したとします。この場合、OCI使用量の25%である3万円分を、その月のリワードとして獲得でき、同じペースで5ヵ月間使用した場合、15万円分のリワードが貯まると想定されます。

仮にそのときにOracleソフトウェアの保守契約の更新(更新金額100万円)があり、貯まったリワードの全額を充当した場合は、実質のお支払い金額は85万円となり、お客様はリワード分コスト削減(節約)できたことになります。


Oracle Support Rewardsの確認方法について

●OCIコンソール画面の「請求とコスト管理」-「Support Rewards」から確認できます


獲得したリワードは、OCIのコンソール画面の「請求とコスト管理」 - 「プログラムとリワード Oracle Support Rewards」から確認できます。お客様は「使用可能なサポートリワード」欄にて、現時点でのリワードの有効保有額を確認でき、毎月どのくらいのリワードを獲得しているか、今までどのくらいリワードを利用(引換)したのか、などを確認できます。


Oracle Support Rewards プログラムを利用するための制限事項

●「OCI Universal Credits Annual Flex」の新規/追加/更新契約が必要です


Oracle Support Rewards 制限事項


●Windows、 VMwareおよびサードパーティ製品を利用するサービスやマーケットプレイス製品は、Oracle Support Rewardsの対象にはなりません


OCIであればどの契約でもリワードが獲得できる、ということではありません。
リワードを獲得できる条件として、以下の2点が挙げられます。

 ・OCIの購入形態が「OCI Universal Credits Annual Flex」であること
 ・発注前に、Oracle Support Rewardsプログラムの事前申請が必要であること


OCIの新規発注、もしくは追加・更新時の発注の前に、オラクル社に『このAnnual Flexで発注するOCIには、「Oracle Support Rewards」を適用します』という申請を行う必要があります。
そのため、「Pay as You Go」でご利用の契約や事前申請されていない「Annual Flex」の契約はこの特典を受けることはできません。

また、ほとんどすべてのOCIサービスが対象となりますが、VMware、Microsoftなどのサードパーティ製品を利用するサービス、およびOracle Cloud Marketplaceは対象外となります。


●Oracleソフトウェアサポート契約の更新時に利用可能です


適用対象サポートサービス
 - Oracleソフトウェアの保守サポート更新費

Oracle Support Rewards 適用対象

適用不可対象サポートサービス
 - Oracleソフトウェアライセンスおよび保守サポート費(初年度分)
 - E-Business Suite等、Oracleアプリケーション製品のソフトウェア更新費
 - Oracleハードウェア製品のサポート費
 - Oracle アドバンスト カスタマーサービスなど
 - パートナーが提供するオリジナルサポートサービス費 など


●リワードは獲得後、12ヵ月有効です

該当月に獲得されたリワードは、12ヵ月後に消滅します。


●リワード利用額は契約ごとに制限があります

契約ごとのリワード利用額の上限は、サポート更新案内時に担当営業までお問い合わせください。

リワードを利用(引換)できるのは、Oracleソフトウェア保守の更新時のみです。初年度の保守費用や、Oracleハードウェア製品のサポート費用などには利用できませんので、ご注意ください。

また、リワードの有効期間は、獲得後、12ヵ月という点も注意が必要です。
そのため、保有されているOracleソフトウェア保守契約をリスト化することをオススメします。リスト化することで、契約更新日が明確になりますので、計画的な「Oracle Support Rewards」利用スケジュールを策定できます。

利用できるリワード額は契約ごとに制限があります。契約ごとのリワード利用上限額など、ご不明点は担当営業までお問い合わせください。

Oracle Support Rewards プログラムのまとめ


1. プログラム対象者 •Oracleソフトウェア保守サポート契約を締結されているお客様
•OCI Universal Credits Annual Flexの新規あるいは更新いただいたお客様

 - Pay As You Go (PAYG) のお客様は対象外
2. 獲得条件 •毎月末にOCI月間使用量 の25%が付与されます
 - VMware、Windows等サードパーティ製品を利用するサービス、マーケットプレイスは対象外
 - Unlimited License Agreement(ULA)をご契約の場合はレートが33%
•リワードの有効期限は獲得後 12ヵ月 です
3. 利用条件 •Oracleソフトウェア保守の更新費用として利用できます
 - ソフトウェアライセンス、初年度保守、ハードウェア、クラウド利用には利用不可
  ※年間のオンプレ保守契約をリスト化し、利用対象契約の事前確認をお勧めします
•Oracle Support Rewards利用額は契約ごとに制限があります
  ※利用可能な金額については、担当営業までお問い合わせください。

おわりに

「Oracle Support Rewards」をご理解いただけましたでしょうか。

現在、「Oracle Support Rewards」のメリットを享受いただけているお客様は、まだほんの一握りです。OCIを利用すればするほど、大きな効果(節約)が見込めるサポートプログラムです。最近では、2,000万円以上を節約されたお客様もいらっしゃいます。ぜひ、積極的にご利用いただければと思います。

ご興味のある方、ご利用を検討されている方は、国内パートナー初の「Oracle Support Rewards」を提供開始し、すでに数十件対応実績のあるアシストにご相談ください。

※詳しい資料もご用意しています。必要な方はこのお問い合わせフォームからご連絡ください。


次回は、「Oracle Support Rewards」を利用される上で、お客様に「事前にご理解いただきたいこと(注意事項)」などをご紹介します。


そもそもOracle Cloudとは?という方へ

Oracle Cloudとはなにか、図解や簡単な言葉でわかりやすく20分程にまとめた動画です。
Oracle Cloudがなぜ選ばれているか、事例も交えて魅力も説明しています。
ご興味のある方はどうぞご活用ください。


執筆者情報

いけだ おさむ プロフィール画像

1999年入社後、市ヶ谷本社・札幌営業所にて幅広い製品の営業を経験。豊富な営業経験をいかし、現在はデータベース技術統括部にて全社のデータベース事業を推進する役割を担う。
趣味は「海外旅行」、好きな言葉は「ありがとう」 。 ...show more


■本記事の内容について
 本記事に示した定義及び条件は変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

■商標に関して
 ・Oracle®、Java、MySQL及びNetSuiteは、Oracle、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
 ・Amazon Web Services、AWS、Powered by AWS ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他の AWS 商標] は、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

関連している記事

  • Oracle Database
2024.07.16

Oracle Database 23ai新機能!DBセキュリティ対策に効果を発揮するSQLファイアウォール!

Oracle Database 23aiの新機能であるSQLファイアウォールはSQLインジェクションなど不正なSQLを検知/ブロックすることができます。

  • Oracle Database
  • Oracle Cloud
  • AWS
2024.07.09

Oracle Databaseライセンスの定義とルールを正しく理解する ~第4回:クラウド編~

今回はOracle Databaseライセンス「クラウド環境編」です。これまでエディション、ライセンスの種類、カウントの方法、という基本的な部分と、構成面の理解として仮想化環境の考え方をご紹介してきました。今回はクラウド環境におけるOracle Databaseライセンスの定義やルールを解説します。

  • Oracle Cloud
2024.07.02

OCI CLIでデータベースインスタンスを作成する方法

OCI CLIは、OCIの各種サービスを操作するためのコマンドラインツールです。OCI CLIを使用してデータベースインスタンスを構築する方法についてご紹介します。

ページの先頭へ戻る