広報ブログ

広報ブログ>アシストで地方の社員が活躍している4つの理由

  • ワークスタイル
2019.02.15

アシストで地方の社員が活躍している4つの理由

アシストで地方の社員が活躍している4つの理由

アシストの地方営業所の業績が好調です。社内の雰囲気も良く、勢いが感じられるとのこと。なぜそんなに上手くいっているのか、東北や北陸の営業所で働く社員に聞いてみました。そこから浮かび上がってきた「アシストで地方が元気な4つの理由」をご紹介します。

(1)お客様密着型の営業スタイルが強みになる

地方では都会と比べると、人と人との関係性が深くなるし、それが好まれる傾向にあります。そのため、アシストのお客様密着型の営業スタイルが、特に強みを発揮するのです。

都会とは違い、移動に時間がかかることも多いですが、それでもアシストではお客様のところへ伺うことを大事にしています。そうするとお客様からも、「よく遠くまで来てくれた」と喜んでいただける。別件でその地域に行った際にも、少しだけ立ち寄ってご挨拶に伺ったりする。そういう習慣があると、ちょっと立ち寄ったときに「○○で困っている」と相談いただけることも多いのだと北陸営業所の杉田は語ります。

北陸営業所の杉田


(2)地方ならではの苦労はITで改善できる

もちろん、地方ならではの苦労はあります。例えば、専門性の高い技術者は東京に集中していて、なかなかこちらに来てもらうわけにもいきません。お客様から技術的な質問をいただいた際には、メールでのやりとりに時間がかかってしまい、どうしてもお客様を待たせることになっていました。

しかし今では、そういった不便もかなり解消されてきています。ITツールを活用することで、遠隔でのコミュニケーションや情報共有が非常に楽になりました。例えばアシストでは、ZoomというWeb会議ソフトを使っています。お客様との打ち合わせ中に東京の技術者にその場で質問/回答ができます。距離が離れていても、お客様の要望にタイムリーに応えることができるようになりつつあるのだそうです。

IT活用について語る社員


(3)自分の価値観に合う働き方を選ぶということ

地方で働く社員に共通しているのが、「とにかく地元が大好き!」ということです。生まれ育った土地でずっと暮らしたいという社員もいれば、一度は上京したもののやはり地元の空気が自分に合っているとUターンした社員もいます。

東北営業所で働く男性営業マンは、「東京では通勤ラッシュがどうしてもストレスに感じていたが、地元に戻ってからは朝も穏やかな気持ちで仕事に取り組める」と言います。また、「食事も口に合うし、地元の人たちは気心が知れていて心地良く、コミュニケーションのストレスも少ない。自分自身の価値観に合う場所を選ぶことって、本当はすごく大事」と、笑顔で話してくれました。

東北営業所で働く男性営業マン


(4)地方同士のチームワークでパワーアップ

「地方にしかわからない悩みがある。だからこそ、各営業所が連携し協力することを始めた」と、札幌、東北、北陸の3地区を担当する池松は言います。それによって様々な改善が生まれているとのこと。それぞれ孤軍奮闘するのではなく、仲間とつながることの効果は想像以上に大きかったようです。

例えばセミナー運営では、各地方の営業所同士で役割分担するようになり、専門的なマーケティング担当者がいなくとも、ノウハウを共有して生産性向上を実現できました。

お客様への提案力向上にも効果がありました。地方のお客様では共通する課題も多いため、互いに情報共有し、勉強し合うことが、非常に効果的であるとわかったそうです。

地方同士のチームワークでパワーアップ


まとめ

今回は、アシストが地方でも元気な理由を取り上げてみました。少しでも皆様のご参考になることがあれば幸いです。そして引き続き、各営業所のアシスト社員には頑張ってもらいましょう。

関連している記事

  • 社員紹介
  • ワークスタイル
2016.12.19

アシストのワークライフ・バランスについて考える(第二回)~在宅勤務/育児休暇&時短勤務@中日本<後編>~

後編では、育児休暇/時短勤務について、また上司として柔軟な勤務をどう捉えているかご紹介します!

  • 社員紹介
  • ワークスタイル
2016.12.19

アシストのワークライフ・バランスについて考える(第二回)~在宅勤務/育児休暇&時短勤務@中日本<前編>~

2014年に実施して大好評だった「アシストのワークライフ・バランスについて考える」が再登場!今回は、中日本で柔軟な勤務を実施しているチームを紹介します。前編では、在宅勤務について語ります。

  • ワークスタイル
2016.07.15

アシストのクールビズ、コンセプトは「オトナの制服」

アシストでは、2005年夏より「クールビズ、オトナの制服」というコンセプトでビジネス・シーンに合った半袖シャツをアシストの夏服として選び、社内発注を開始しています。

ページの先頭へ戻る