アシストブログ「ファン!アシスト」

アシストブログ「ファン!アシスト」>鴨川だより~新緑の頃~

  • 鴨川だより
2020.05.12

鴨川だより~新緑の頃~

株式会社アシスト 代表取締役会長
ビル・トッテン


この春はほとんどテレワークとなり、自宅で過ごす時間はたっぷりあるのに気温の低い日が続いてなかなか苗を植えることができませんでしたが、4月末にようやく夏野菜の苗を植え終わりました。果物は、冬の間楽しませてくれた柑橘類に代わって、ビワ、イチジク、ゴールデンキウイが小さな実をつけ始めています。

ゴールデンキウイの実

ゴールデンキウイの実

ゴールデンキウイの実


働き蜂が姿を消して、空っぽになっていた巣箱には新しいニホンミツバチのコロニーを迎えました。自分で捕獲したのではなく、静原で養蜂をする知人から譲り受けたものです。暖かくなったのでミツバチは巣箱の周りを羽音を立てながら飛び回っています。蜂蜜がコロナウイルスに効くらしい、という話を聞きましたが、その後やっぱりデマだったと言われました。新型コロナの治療薬のニュースがよく報道されますが、薬には副作用がつきものです。その点蜂蜜は喉に良いし、新型肺炎を治すことはできないとしても免疫力を上げる効果は十分にあると思います。

蜂の巣箱

花

花


この春は以前よりも熱心に散歩をするようになりました。テレワークに外出の自粛で、意識して身体を動かすようにしないと体が重くなってしまうのでスマートウォッチを付け、どれくらい歩いたか日々記録しています。いつもならこの時期は新緑を楽しむ人たちであふれている鴨川沿いですが、今年は人をよける必要もなく速足で歩くことができます。夏の祇園祭も中止が決まりました。祇園祭の起源が疫病消除を祈念する祭だったことを思うと、なおさら強くコロナウイルス退散を願わずにはいられません。

トッテンの畑

うさぎの様子

にわとりの様子



関連している記事

  • 鴨川だより
2020.07.16

鴨川だより~7月豪雨~

今年の梅雨は長く、九州はじめ各地で豪雨をもたらし多くの死者が出ています。京都も雨が多く、作業をしない日が続いて菜園はジャングルのように緑が茂っています。

  • 鴨川だより
2020.06.03

鴨川だより~コロナ後の希望~

今月、ビジネス社から『世界経済の分断点を乗り越えよみがえる日本~コロナ恐慌後の「希望」を読み解く』という本を上梓しました。

  • 鴨川だより
2020.04.06

鴨川だより~桜と自粛~

4月になりました。例年この時期、親しい友人たちと行うお花見も新型コロナウイルスのため自粛となりましたが、そんなことはおかまいなく桜は美しく咲き誇っています。

ページの先頭へ戻る