アシストブログ「ファン!アシスト」

  • 鴨川だより
2021.07.19

鴨川だより~静かな京都の夏~

株式会社アシスト 代表取締役会長
ビル・トッテン


7月2日から3日にかけて京都は大雨に見舞われ、白川通が冠水するなど浸水被害が起きました。熱海では土石流災害が発生し、日本はこれまでも大雨や台風で大きな被害を受けてきましたが、開発が進むほど短時間に狭い範囲で降る大雨に対処できなくなっているようです。


大雨の日本と裏腹に、北米では高温と乾燥が続き、カリフォルニア州などでは過去20年間少雨が続いていたので今年もひどい干ばつになり、水不足によって農業用水や飲料水への影響が懸念されています。それにもかかわらず、カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は、カリフォルニア原生のサーモンを守るために貴重な貯水池の水を海に流したというのですから言葉がありません。ニューサム知事は民主党で、過激な「グリーン・アジェンダ」を推進しています。彼らにとっては絶滅危惧種の魚を守るための環境保護活動が農業よりも高い優先順位にあるようです。北米からとうもろこしをはじめ、多くの農産物を輸入している日本にも影響がでることは必至でしょう。

先日、長いお付き合いのあるお客様で、以前カラス撃退器を譲ってくださった方が京都へ出張のついでに我が家にお寄りくださいました。カラス撃退器を実際に製作された技術者の方も一緒に来られて、さらにバージョンアップした最新の撃退器をいただきました。私はずっと営業マンとして仕事をしてきましたが、営業マンの仕事はいい製品があってこそです。カラスが来ないようにするには、というニーズに対して撃退器を作り改善を続けていく、お蔭でこれからもカラスに悩まされることはないでしょう。


改造中の菜園は昨年ほどではありませんが、雨のおかげで緑が色濃くなりました。いつもなら祇園祭でにぎやかな時期ですが、今年も新型コロナで神輿渡御や山鉾巡行は中止となり、静かな京都です。

関連している記事

  • 鴨川だより
2021.06.03

鴨川だより~自然に寄り添う人たち~

先月、あうん社から「次の生き方 VOL.2 自然に寄り添う人たち」という単行本が出版され、お声がけをいただいて私も日々の一端を書かせてもらいました。

  • 鴨川だより
2021.05.11

鴨川だより~晴耕雨読~

政府が3度目の緊急事態宣言措置を発表し、外出の自粛や移動を控えるように要請したため、京都も静かなゴールデンウィークとなりました。

  • 鴨川だより
2021.04.09

鴨川だより~桜とうさぎ~

昨年は新型コロナ感染症のために入社式も中止となり、人が集まるということでお花見もできずに桜の季節が終わりました。今春は、アシストグループに新たに加わった29名を迎える入社式を、短い時間でしたが行うことができました。

ページの先頭へ戻る