Qlik Trainingブログ

  • SaaS
2023.08.30

はじめてのQlik Application Automation

Qlik Application Automation(※)は、Qlik Sense SaaSの機能です。
専用のキャンバス上でアイコンをドラッグ&ドロップするというノーコードの簡単な操作で、Qlik Sense SaaS
を含む様々なクラウドアプリ同士の連携処理を作成できます。
※略して「QAA」と呼ばれることもあります。
 Qlik Sense SaaSの日本語版の画面上では「自動化」という表記です。

これまで、以下の記事でQlik Application Automationの活用術をご紹介してきました。
Qlik Application Automation活用術#アプリの連続リロード
Qlik Application Automation活用術#Qlik Reporting ユーザーごとに異なる定型レポートを自動で配信
Qlik Application Automation活用術#S3へCSVを分割配信する

どれも実用的な設定について詳しくご紹介していますが、Qlik Application Automationをまだ利用したことが
ない人や、利用し始めたばかりの人にとっては、難しく感じる内容もあるかもしれません。
そこで今回は、Qlik Application Automationの基本的な使い方をご紹介します。

目次

※本記事は「2023年08月時点のSaaS」で作成しています。

新規作成方法

Qlik Application Automationで自動化処理を新規作成する方法は2種類あります。
それらを「a.」「b.」として以下にご紹介します。
簡単に作成できるのは、以下のa.です。

▼a.[新規作成]-[新しい自動化]を選択

▼b.[Launcherメニュー]-[My自動化]-[Create automation]ボタンをクリック

a.とb.のどちらの方法で作成した場合でも、テンプレートの選択画面に遷移します。
特定のテンプレートを使用するかテンプレートなしで作成するかを選び、下記のように操作を進めると、
自動化処理の編集画面が表示されます。

▼特定のテンプレートを使用する手順
 1) 任意のテンプレートの[テンプレートの使用](英語表記の場合は[Use template])ボタンをクリックします。
   例として「Reload apps as a task chain」を使用します。

 2) 以下のような編集画面が表示されます。

▼テンプレートなしで作成する手順
 1) 画面下部の[テンプレートなしで作成](英語表記の場合は[Create without template])ボタンを
   クリックするか、
   「Blank automation」の[テンプレートの使用](英語表記の場合は[Create without template])ボタンを
   クリックします。

 2) [Name](名前)と[Description](説明)欄の入力を行い、[Save]ボタンをクリックします。
   [Name]は入力必須ですが、[Description]の入力は任意です。

 3) 以下のような編集画面が表示されます。

各ブロックについて

編集画面の左側には機能の大きなブロックが表示されていて、その中に自動化処理を行うブロックがあります。
例:[Basic]という大きなブロックの中に、[Output],[Input]などの自動化処理のブロックがあります。

自動化処理を行う任意のブロックをドラッグ&ドロップして繫げることで、自動化処理を作成することができます。

以下に、ブロックの基本的な使い方をご説明します。
[Create App]というブロックを例として使用します。
名称から分かるとおり、[Create App]は新規アプリを作成するブロックです。新規アプリの作成はQlik Sense
SaaS上の処理のため、[Create App]ブロックは[Qlik Cloud Services]の中にあります。

▼[Create App]を使用する手順
 1) 前述した【▼テンプレートなしで作成する手順】を実施します。

 2) [Qlik Cloud Services]を選択します。
   ※[Qlik Cloud Services]内のブロックを使用したことがない場合は、[Qlik Cloud Services]が
    [OTHER CONNECTORS]配下に表示されている場合があります。

 3) [Create App]ブロックを右側のスペースにドラッグします。

 4) [Start]ブロックの直下に移動して、[Start]ブロックの下に“”が表示された状態でドロップし、
   [Start]ブロックと繫げます。

 ※もしブロックを切り離したい場合は、下側のブロックをドラッグし、ブロック間に“□”が表示された状態で
  ドロップします。

 5) ブロックを選択すると、右側にプロパティが表示されます。

 6) 欄内の設定例や欄下部の説明を確認し、適切な設定を行います。
   * が付与されている欄(下図の場合はName,Description)は設定必須です。

以下は設定例と、実行後に自動作成されたアプリの画面キャプチャです。
実行方法は次の章でご紹介します。

実行方法

手動で実行する方法と、自動で実行する方法があります。
なお、実行前・設定変更を行った際は、画面上部の[Save]をクリックして設定内容をこまめに保存しておくのが
オススメです。

▼手動で実行する方法
 画面上部の[Run]をクリックします。
 ワンクリックで簡単に実行できるので、前述の[Create App]ブロックの設定はこちらで実行してみてください。

 実行後、実行結果が表示されます。
 [Status]に緑色のチェックマーク付きで「Finished(manual)」と表示されている場合は、成功しています。

▼自動で実行する方法
 
[Start]ブロックで設定します。詳細は以下記事の手順「8)」をご覧ください。
  Qlik Application Automation活用術#アプリの連続リロード-「リロードタスクチェーンの設定方法」

管理画面

[Launcherメニュー]-[My自動化]を選択することで、管理画面を開くことができます。
作成したQlik Application Automationについて、最終実行結果([Last run status])等が確認できます。

右端の[Edit]ボタンをクリックすると、【 各ブロックについて 】で操作している編集画面が開きます。

左端にチェックを入れると、画面上部の[Action]メニューからEnable(有効化),Disable(無効化),Delete(削除)が
可能です。

制限事項

同時実行数や実行時のメモリ消費量には制限があり、以下メーカーヘルプ(英語表記のみ)から確認することが
できます。
Qlik Application Automation limitations

また、1テナントごとに1ヵ月あたりの実行回数などの上限もあるため、Qlik Application Automationの実行頻度
が高い場合などは注意が必要です。
実行回数などの上限については、上記メーカーヘルプ内「Maximum runs per month」行の[Notes]列内
Product Description for Qlik Cloud® Subscriptions 」の[Qlik Application Automation]の章に掲載されています。
基本契約では「Qlik Cloud Subscription* (Included)」が確認対象になりますが、有償オプション契約の有無に
より確認対象が異なる場合があります。

なお、 Qlik Application Automation活用術#Qlik Reporting ユーザーごとに異なる定型レポートを自動で配信
のように[Qlik Reporting]内のブロックを使用している場合は、「 Product Description for Qlik Cloud® Subscriptions 」の[Qlik Reporting Service]の章も併せてご覧ください。

▼参考:[Qlik Reporting]内のブロック一覧

さいごに

今回はQlik Application Automationの基本的な使い方をご紹介しました。
冒頭にお伝えした以下の記事では、Qlik Application Automationの活用術をご紹介しています。
実用的な設定を詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。
Qlik Application Automation活用術#アプリの連続リロード
Qlik Application Automation活用術#Qlik Reporting ユーザーごとに異なる定型レポートを自動で配信
Qlik Application Automation活用術#S3へCSVを分割配信する

関連している記事

  • オンプレミス
  • SaaS
2024.02.19

無料会員サービス Qmeet Mateのご案内

Qmeet Mate(きゅーみーとめいと)についてご案内します!

  • SaaS
  • オンプレミス
2024.01.11

Qlik hotspot の利用方法 ~Qlikの運用者向け~

「Qlik hotspot」は Qlik に関するあらゆる情報が集約したサイトです。Qlikの運用や管理をされる際に確認いただきたい情報をピックアップしていますので、是非ご活用ください。

  • データ準備
  • SaaS
  • オンプレミス
  • QlikView
2023.12.28

データ読み込みの新たな可能性を解き放て!~Binary文を活用したデータのロード~

別のQlik Senseアプリケーション(以下、アプリと記載)から、データのみを簡単にロードできたらいいのにな~、と思ったことはありませんか?そんな時は、Binary文を使ってみましょう!

ページの先頭へ戻る