テックノート

テックノート>アシスト「テックノート」執筆陣のご紹介

2010.02.04

アシスト「テックノート」執筆陣のご紹介

アシスト執筆者一覧

アシストのエバンジェリストによる執筆記事のご紹介ページです(五十音順)。
5つの分野に精通する技術者たちが、業界動向や最新技術情報について書き下ろしています。ぜひご覧ください。


データベース/データモデリング

アシスト大野 高志

大野 高志
サービス事業部

2007年入社。Oracle Databaseのテクニカルサポート部隊に配属。顧客のサポート業務を行う傍ら、サポートセンターに蓄積されたナレッジを使用した有償セミナー、技術ブログなどの立ち上げに従事。現在は「アシストの超サポ」を広めるエバンジェリストとして、カスタマーサポートとカスタマーサクセスのCS二刀流で活動中。

<執筆>
Oracle Databaseが起動できない時の確認ポイント
Oracle Databaseで接続障害が発生した際の調査手法
Oracle Databaseのパフォーマンスダウン発生に備えたV$ビューの定期取得と調査方法
Oracle Databaseのハングを迷宮入りさせない
連載:Oracleサポート出張所
連載:Oracle Databaseサポート最前線の現場から

アシスト小笠原 宏幸

小笠原 宏幸
ビジネスインフラ技術本部

2002年入社。普段はフィールドエンジニアとしての支援作業や、Oracle、PostgreSQL、JP1などの分野で研修講師を担当。また、書籍「SQL逆引き大全363の極意」(株式会社秀和システム)をはじめ、「これならわかるOracle超入門教室」(株式会社翔泳社)、「プロとしてのPL/SQL入門」(SBクリエイティブ株式会社)の共著も担当。

<執筆>
SQLの観点から「Oracle Database」「PostgreSQL」「MySQL」の特徴を整理しよう!
連載:超入門「PL/SQL」

アシスト沖 冠吾

沖 冠吾
経営企画本部 ITサービス企画部

1990年入社。製品技術として活動を行い、営業へ職種変更した。その後、営業企画でマーケティング業務に従事した後、製品調査部隊の立ち上げを行う。コンサルティング業務を経て、現在は、社内情報システムを担当し、お客様へ提案していたことを自社システムで実践している。

<執筆>
連載:ゼロからのデータモデリング入門
情報活用の浸透を妨げる壁

アシスト長内 麻記

長内 麻記
ビジネスインフラ技術本部

2013年入社。データベース部隊に配属後、DBシステムの構築や、新機能のハンズオンセミナーの立ち上げ、講師などを経験。「分かりやすく楽しく伝える」を目標に、Oracle Databaseの新機能や魅力を広める活動を行っている。プライベートでは、活発すぎる我が子の対応に疲弊中。

<執筆>
さらに使いやすく!Oracle Database 12cR2のDatabase In-Memory
連載:【12c対応】とにかく苦労しない「RAT」簡単攻略テクニック

アシスト柿沼 修

柿沼 修
ビジネスインフラ技術本部

2006年入社。サポートセンターにてOracle Database製品のサポートエンジニアとして重篤障害などのトラブル対応をメインに2000件以上対応。2013年にはフィールドエンジニアへの出向を経験。サポートセンター復帰後は チームリーダーとして問い合わせを対応するメンバーのバックフォローを担当。現在はサポートセンターのマネージャーに就任。最近の趣味はAmazon Prime Video。

<執筆>
サポートのトップエンジニアが語るワンランク上のStatspack活用術!

アシスト川合 祐太

川合 祐太
ビジネスインフラ技術本部

2013年入社。フィールドエンジニアとしてOracle Database Appliance、Oracle Exadata Database Machineを中心にお客様への技術支援を担当。2019年からはクラウド事業にも取り組む。趣味は海外映画鑑賞と子供のアミューズメント施設巡り。

<執筆>
12c R2ではじめるOracle Databaseのシャーディング

アシスト河西 大樹

河西 大樹
ビジネスインフラ技術本部

2012年入社。「Oracle Database」の構築や教育、サポート業務を担当。2015年より「Vertica」の担当となり、フィールエンジニアとしてVerticaのプリセールス、導入、研修などに従事している。趣味は野球観戦。月に1回は球場へ足を運ぶ。

<執筆>
ビッグデータ分析をSQLで簡単に!~IoTを支える超高速分析用DB Vertica~
検証結果に見る、Verticaの特徴と独自性

アシスト岸和田 隆

岸和田 隆
ビジネスインフラ技術本部

1995年入社。Oracle Database の研修講師、フィールドサポート、新バージョンの検証を経て、2007年 自社ブランド「DODAI」の準アプライアンス製品の企画・開発、2009年 PostgreSQL、2011年 EDB Postgres、MySQL /MariaDB、2012年 Oracle Database Appliance、2016年 Delphix の事業立上を経験。 現在は「データベースのアシスト」を目指した事業戦略やプロダクトマーケティングを担当している。
趣味:フットサル、ゴルフ、スキー、キャンプ、子供のサッカーチームのカメラマン担当。

<執筆>
「データベースのアシスト」を目指して~企業ユーザが安心して使えるDBMS環境を提供~
「性能要件」に深く関係する「アクセス・パス」の観点から、「Oracle Database」「PostgreSQL」「MySQL」の特長を整理しよう!
アクセス・パスから見るRDBMSの違い
徹底解説!Oracle Database 12cのすべて
連載:はじめましてOracle!
連載:はじめましてMySQL!
連載:はじめましてPostgreSQL!

アシスト喜田 紘介

喜田 紘介
ビジネスインフラ技術本部

2009年入社。Oracle Databaseのフィールドエンジニアを経て、EDB Postgresの技術支援、プリセールス、新機能検証を担当。日本PostgreSQLユーザ会の理事長としても活動し、全国各地での勉強会やイベントを企画、講師としてデータベース技術の普及・促進に邁進中。

<執筆>
EDB Postgres 9.6 最新技術 ~EnterpriseDBが牽引するPostgresの今と未来~

アシスト栗原 章二

栗原 章二
サービス事業部

2006年入社。Oracle Databaseサポートを10年、人事2年を経て、事業企画に1年従事。現在は、カスタマーサポート(リアクティブ)からカスタマーサクセスへ(プロアクティブ)組織を変革すべく奮闘中。プライベートでは、MatcherというOB/OG訪問のマッチングアプリで学生の就活支援を実施中。

<執筆>
連載:Oracle Databaseサポート最前線の現場から

アシスト小島 朋之

小島 朋之
ビジネスインフラ技術本部

2005年入社。Oracle Database関連、PI/PISO、KeySQLなどの様々なサポート対応に従事。2012年からOracle Database、Real Application Clustersなどの高可用性製品、Enginnerd Systemsを中心としたお客様対応のバックサポートを行っている。週末は20年以上続けているテニスに没頭中。

連載:Oracleサポート出張所

アシスト佐伯 竜輔

佐伯 竜輔
人事採用チーム

2008年入社。eラーニング製品、MySQLなどのサポートエンジニアを経て、2015年からVerticaのフィールドエンジニアとして活動。2019年からは2年間限定で人事として経営企画本部に異動し、現場のリアルを伝えることに力を入れた新卒採用を行っている。

<執筆>
AIブームを支える「機械学習」~AIの現実的な始め方とは?~
IoT、ビッグデータの高速分析機能が強化されたVertica 7.2

アシスト坂 輝彦

坂 輝彦
ビジネスインフラ技術本部

2005年入社。Oracle Database 9iの時代からサポートを行うサポートエンジニア。サポートセンターで培ったノウハウを基に、研修「OracleDatabaseトラブル調査テクニック」を立上げ。現在はOracle Cloud を担当。子鉄の父。

連載:Oracleサポート出張所

アシスト坂田 素道

坂田 素道
ビジネスインフラ技術本部

2006年入社。Oracle Databaseの研修講師として、リカバリーやチューニングなどの研修を中心に、幅広く担当。例え話や事例を多く用い、講義内容のイメージを描けるような説明を心掛けている。週末は趣味の草野球を楽しんでいる。

<執筆>
連載:ゼロからのリレーショナルデータベース入門

アシスト北海道佐々木 浩平

佐々木 浩平
アシスト北海道

2013年、アシスト北海道の立ち上げメンバーとして入社。以来Oracle Database製品を担当し、24時間/365日のサポート対応を経て、現在はメンバーのバックサポートを担当。特技は睡眠。無類のカニ好き。

<執筆>
Oracle OpenWorld 2018視察記

アシスト佐瀬 力

佐瀬 力
ビジネスインフラ技術本部

2001年入社。Oracle Databaseのフィールドエンジニアを経て、Oracle DatabaseやEDB Postgres、PostgreSQLのプロダクト担当。吉田類さんの信奉者。3児の父。

<執筆>
連載:ゼロからのリレーショナルデータベース入門

アシスト杉田 奏子

杉田 奏子
ビジネスインフラ技術本部

2015年入社。普段はOracle Databaseの研修講師として、SQLなどの初心者向けコースから、チューニングなどの上級者コースまで幅広く対応。

<執筆>
連載:ゼロからのリレーショナルデータベース入門

アシスト高瀬 洋子

高瀬 洋子
ビジネスインフラ技術本部

1997年入社。Oracle Databaseのサポート業務を経て、2009年よりPostgreSQL、EDB Postgresのサービス立ち上げに参画。現在は、EDB Postgresを中心に、アシスト取扱データベース製品の広報活動を担当。子育てがひと段落し、自分時間の過ごし方を模索中。

<執筆>
・EDB Postgresへの移行で押さえておきたい3つのポイント
・PGECons最新ドキュメントでOracle Database→PostgreSQLへの移行を攻略!
・EDB Migration ToolkitでOracle Databaseから簡単移行
・EDB Postgres活用の勘所と最新9.5の注目機能
など、PostgreSQL、EDB Postgres関連記事多数執筆

アシスト高田 京児

高田 京児
ビジネスインフラ技術本部

1988年入社。各種ソフトウェアのフィールド・サポートやテクニカル・セールス、各種システム設計/構築、データモデリングに関するコンサルティングや執筆などを経て、現在はVerticaの拡販に向けて幅広く活動している。

<執筆>
ビジネスを加速する、ストレスなき情報活用インフラ!Vertica活用ケーススタディ

アシスト拝島 渚

拝島 渚
ビジネスインフラ技術本部

2016年入社。Oracle Databaseのフィールドエンジニアとして設計・導入などを担当。現在はデータベース仮想化ソリューション「Delphix」の販促・技術担当としてハンズオンセミナー講師やブログ執筆を担当し「Delphix」の魅力を広める活動を行っている。

<執筆>
さらばダミーデータ!超高速開発を実現するテストデータ活用

アシスト浜島 大

浜島 大
ビジネスインフラ技術本部

1998年入社。Oracle Databaseのサポートエンジニア、フィールドエンジニアを経てOracle Databaseやインサイトテクノロジー製品のプロダクト担当。日々酒を求め彷徨う初老の男。主な生息地は浅草橋、京成立石。

<執筆>
連載:ゼロからのリレーショナルデータベース入門

アシスト冷水 直也

冷水 直也
ビジネスインフラ技術本部

2003年入社。フィールドエンジニアとしてOralce Databaseの検証、設計、導入、研修などを行った後、2016年から取り扱いはじめたデータベース仮想化ソリューション「Delphix」の新規製品立上げに従事する。現在は活動拠点を西日本支社に移し、データベース製品の販売戦略検討や重点顧客対応を中心に活動中。

<執筆>
「Time To Market」短縮の鍵を握る「テストデータ・マネジメント」とは何か?

アシスト藤澤 奈弥

藤澤 奈弥
ビジネスインフラ技術本部

2014年入社。Oracle Database研修の講師を担当。SQLなどの入門コースから、アーキテクチャや運用管理などの中級コースまでを担当している。研修では「丁寧な解説」をモットーとし、初心者でも分かりやすいよう工夫している。近年は講師業務に加え、研修の販促キャンペーン遂行や、後輩の研修コースデビュー指導にも関わっている。趣味はテニスとゴルフの練習、そしてウィンドウショッピング。

<執筆>
連載:ゼロからのリレーショナルデータベース入門

アシスト松田 安弘

松田 安弘
ビジネスソリューション本部

1991年入社。Oracleの教育、フィールドサポートを経た後に、データモデリング分野やビジネスモデリング分野のコンサルティングに従事。モデリングの支援実績は、製造業から金融業、サービス業と幅広い。現在はモデリング分野の責任者だが、現場担当としてもちょくちょく出ている。

<執筆>
連載:ビジネス環境の変化に強いデータ構造はこう作れ

アシスト村上 健実

村上 健実
東日本第一営業本部 顧客支援部

2005年入社。Oracle Databaseのフィールドエンジニア、プリセールスエンジニアを経て、ビジネス課題を解決するため顧客のITソリューション活用を支援する立場で活動中。

<執筆>
連載:ゼロからのリレーショナルデータベース入門

アシスト北海道 山口 一晟

山口 一晟
アシスト北海道

2014年アシスト北海道の新卒1期生として入社。Oracle Database製品の24h365dサポート対応や導入支援を経験。現在もサポートエンジニアとして日々奮闘中。マイブームは硬すぎる体を柔らかくしていくこと。

<執筆>
Oracle OpenWorld 2019視察記

アシスト矢野 勝彦

矢野 勝彦
ビジネスソリューション本部

1996年中途にて入社。エンジニアを経て1999年以降、お客様のIT企画を支援するサービスに従事。アシスト独自のサービス立ち上げにも関わる。現在はサービスの品質管理にも注力している。

<執筆>
データモデルを使ったDXへのアプローチ

ビジネスインテリジェンス(BI)/データ連携(DI)

アシスト杉乃 敏也

杉乃 敏也
東日本技術本部

1987年入社。開発系、運用系、DB系製品のフィールド・サポート、営業支援を経た後に、SFAコンサルタントに従事。その後BI/DI系製品の技術責任者から、マーケティング責任者を歴任。趣味はスキーと山歩き。

<執筆>
マーケティングオートメーション導入の鍵は連携にあり

アシスト田中 貴之

田中 貴之
東日本技術本部

1998年入社。メインフレーム・ソフトウェア製品およびビジネスインテリジェンス・ソフトウェア製品のフィールド技術に従事。2006年12月にアシストを退職し、2008年8月に再入社。再入社後、SFA分野のプリセールスを経験し、データ活用系ソフトウェア全般のプリセールスエンジニア組織の立ち上げを担当する。現在は、アシストが取り扱うデータインテグレーション系製品の技術主幹を担当し、お客様におけるデータマネジメントや活用を背景としたシステム間連携やデータ連携における課題解決支援に取り組んでいる。

<執筆>
HadoopとRDBMSの進化と米国でのトレンド

アシスト花井 正樹

花井 正樹
東日本技術本部

1996年入社。主にビジネスインテリジェンス分野に従事。米Qlik社が指名するエバンジェリスト“Qlik Luminary”に日本で唯一6年連続で選出され、執筆・講演活動を通じて顧客事例やデータ分析のトレンドを発信している。また、日本市場でのデータ・プレパレーション・プラットフォーム「Paxata」のスタートアップを兼任し、さまざまな角度からデータ活用の課題解決支援に取り組んでいる。

<執筆>
徹底解剖 セルフサービスBIとは何か?
「Where」の分析に威力を発揮する QlikView + GeoQlik
データ活用の民主化が始まった ~データ・プレパレーションとは何か?
現場のアクションにつながるデータ・イネーブルメントとは ~次世代におけるデータ活用の理想的な姿~
今、「データ・ディスカバリ」がおもしろい

ルールベースAI/BRMS

アシスト佐藤 彰広

佐藤 彰広
東日本技術本部

2002年入社。Oracle Databaseのエンジニアとして、企画・プロジェクト管理に従事。その後、ビジネス開発部隊として新規ソフトウェアの調査・発掘を経て、ルールベースAI「Progress Corticon」の日本での立ち上げを担う。

<執筆>
連載:デジタルトランスフォーメーションのための超高速開発基盤!

アシスト西嶋 真澄

西嶋 真澄
ビジネスソリューション本部

1990年入社。エンジニア、教育インストラクター、製品品質管理、WebFOCUS導入コンサルタントを経験。コンサルティング領域に移り、NORENによるコンテンツ構造設計、Corticon立ち上げを経て、現在はモデリング手法を用いた情報活用要求定義、データモデリングに従事。日本データコンソーシアムにてデータマネジメント知識体系整備と啓もう活動、産学協調でのデータ人材育成にあたる。人柄を紐解くキーワードは、長風呂、キャンプ、飛鳥時代フェチ。

<執筆>
仕様変更の疲弊から脱却する「ビジネス・ルール・マネジメント」

システム運用管理/テスト効率化

アシスト蝦名 裕史

蝦名 裕史
東日本技術本部

1990年入社。メインフレームからPCまで、プラットフォームは変われど、一貫してシステム運用管理やITサービスマネージメントのシステム構築に関わり、提案から設計、導入、保守などに従事し、現在に至る。なかなか上達しないゴルフライフに一喜一憂する平均よりちょい下(自称)位のゴルファー。

<執筆>
今、注目される運用業務の自動化~仮想化/クラウドのための自動化への道筋~
【徹底比較】商用ツールにも引けを取らない6つのOSS監視ツールを機能で比較

アシスト中嶋 優

中嶋 優
東日本技術本部

2014年入社。統合運用管理製品であるJP1のフィールド技術を担当。提案活動や設計/構築支援など日々のお客様対応に奮闘中。趣味はフットサルとクラフトビール巡り。

<執筆>
新たなテクノロジーへの取り組み 『AI』を活用した運用部門のトランスフォーメーション

アシスト中村 利一

中村 利一
東日本技術本部

2002年入社。統合運用管理ソフトウェアのJP1の技術者として設計、構築、サポートなどの業務を経て、現在はお客様への運用管理全般の提案活動とOSS運用監視ツールの技術者として活動している。休日は子供のサッカーに帯同する新人審判。オフサイドの判定に悩まされる日々。

<執筆>
【徹底比較】商用ツールにも引けを取らない6つのOSS監視ツールを機能で比較

アシスト矢野 英也

矢野 英也
東日本技術本部

2001年入社。テストツールの紹介、サポート、技術支援を担当。年間何十件もの負荷テストを支援し、その経験を他のお客様にも伝えるべく、セミナーや技術情報配信を行っている。月1回のゴルフと年1回の同期BBQを楽しみに日々奮闘中。昭和生まれのうま年。

<執筆>
品質とテスト効率化「サービス仮想化」というアプローチ
連載:負荷テストの成功ポイント

セキュリティ/仮想化

アシスト青木 裕明

青木 裕明
ビジネスインフラ技術本部

1999年入社。ビジネス・ソフトウェア事業部の技術職としてオープン系システムのアプリケーション管理ツール、テスト・ツールの担当技術を経て、販売支援職に。2011年からEricom製品を担当する。
<保有資格>情報処理安全確保支援士

<執筆>
脅威の分離、サイバー攻撃対策の現実解

アシスト有田 卓也

有田 卓也
ビジネスインフラ技術本部

2010年入社。仮想化ソフトウェアの技術者として、提案/設計/構築などの業務を担当。現在はフィールド業務の割合が減り、社内での技術検証などに力を入れている。連休に沖縄に行くのが楽しみで毎日の業務をこなす。

<執筆>
W3C仕様勧告で加速する企業でのHTML5利用

アシスト伊藤 雄介

伊藤 雄介
ビジネスインフラ技術統括部

1992年入社。メインフレーム時代から28年間、企業の基幹となるシステム運用管理を中心としたパッケージ・ソフトウェア導入業務に携わる。直近の15年間ではセキュリティ分野に特化したソリューション開発やセミナー講師を務める。顧客の業務要件を広くヒアリングしてきた経験から、ソフトウェアの機能中心ではなく、顧客のスコープを明確化した上での最適な提案を得意とする。

<執筆>
「感染してない」と本当に言い切れる?マルウエア侵入の実態と、サイバー攻撃対策「2つ」のポイント
連載:情報漏洩対策に必要な7つの楯

アシスト笹沼 武士

笹沼 武士
ビジネスインフラ技術本部

2000年入社。セキュリティ分野、特にIAM(Identity and Access Management)関連ソフトウェアのプリセールス、設計、構築、サポートなどに従事。ここ数年は、特権ID管理の提案に力を入れた活動を行っている。幼い2人の子供の成長を生き甲斐に、家庭でも(家庭では?)高パフォーマンスを発揮する日々。

<執筆>
その特権ID管理は本当にセキュアと言えるか~特権ID管理から特権アクセス管理へのシフトチェンジ~

アシスト中澤 浩二

中澤 浩二
ビジネスインフラ技術本部

2000年入社。クライアント、サーバ、ログ管理、メール等、セキュリティに関するソフトを担当。個人情報保護法対応に始まり、内部不正や標的型攻撃に対するシステムの導入提案、構築、サポート等に従事し、現在に至る。やんちゃな2児の息子の子育てと、趣味のゴルフの両立が最近の悩み。

<執筆>
クライアント環境における見落としがちな情報漏洩の新たな抜け道とは

関連している記事

  • 情報活用(BI/DI)
2018.02.09

マーケティングオートメーション導入の鍵は連携にあり

「ビジネスのデジタル化」で重要なのは、自社の課題解決に何が必要なのかを理解することです。アシストにおけるMA(マーケティングオートメーション)導入を例に、その背景や課題解決に向けた取り組みについてお伝えします。

  • 情報活用(BI/DI)
2016.11.02

データ活用の民主化が始まった
~データ・プレパレーションとは何か?~

データサイエンティストのような少数の専門家だけではなく、より多くのビジネスユーザがデータを活用する、いわば、データ活用の“民主化”が起こりつつある今、データ・プレパレーションという新しい領域にスポットライトを当てました。

  • 情報活用(BI/DI)
2016.04.28

徹底解剖 セルフサービスBIとは何か?

このところ、ビジネスインテリジェンス(BI)の分野では“セルフサービス”という考え方に注目が集まっています。読者の皆さまも聞いたことがあるのではないでしょうか。この連載ではセルフサービスBIを多面的に掘り下げて解説していきます。

ページの先頭へ戻る