TOP>事例>官公庁/団体/協会>徹底した教育とマニュアル整備WebFOCUSによりユーザ自身で実績データを積極的にフル活用

徹底した教育とマニュアル整備
WebFOCUSによりユーザ自身で実績データを積極的にフル活用

青森県農業協同組合中央会

導入製品/サービス…
WebFOCUS  


WebFOCUS事例:青森県農業協同組合中央会

青森県農業協同組合中央会では、青森県内8つのJAおよび子会社に対して提供するシステムサービスの一環として、「WebFOCUS」を中心とした新たな事業実績システムの運用を開始しました。従来のシステム運用時から育まれたエンドユーザ自身の手によるデータ活用の下地を十分に活かし、幅広いデータ活用を展開しています。

青森県農業協同組合中央会

導入のPOINT


1. エンドユーザに対する徹底した教育とマニュアルの整備によるセルフサービス型のデータ活用を推進
2. クライアントベースからWebベースのシステム構成に一新し、登録ユーザ数は従来の3倍に拡大
3. パフォーマンスの問題把握が容易になり、ストレスフリーな環境が整備され、業務効率が大幅に向上


課題

  • BIツールの老朽化に伴い、新たな情報活用の仕組みが必要だった
  • 以前はクライアントベースのツールを利用していたため、性能やライセンス面で制約があった
  • 定型的なレポートに加え、ユーザ自身の手による自由なデータ活用も発展させたかった

対策

  • WebFOCUSを中心に、既存のDB環境をそのまま活かしたシステムを新たに構築
  • Webベースのシステムを採用することで、性能やライセンス面の制約を解消
  • エンドユーザに充実したマニュアルを整備し、綿密なトレーニングを実施

効果

  • レポート資源の一元管理が可能になり、重複するレポートを大幅に圧縮
  • 操作性の向上により、積極的なデータ活用をさらに推進
  • 従来は不可能だったパフォーマンスの課題把握が容易になり、性能向上を実現

システム構成イメージ


システム構成図

データソース:事業実績データ
利用業務:事業実績システム
協力パートナー:株式会社青森共同計算センター

事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 青森県農業協同組合中央会
概要 青森県内のJAの総合指導機関として、経営指導や財務諸表等の監査、役職員の教育など、JAを支援する様々な事業に取り組む公益的な法人。地域農業の振興、農業政策の強化、対外広報活動にも取り組んでいます。
本社 青森県青森市東大野二丁目1番地15
設立 1954年12月1日
URL http://www.ja-aomori.or.jp/chuoukai/
取材日 2014年11月

関連製品/サービス

WebFOCUS

WebFOCUSは、社内外のユーザに情報を届け、情報活用を定着させるBIプラットフォームです。現場のビジネスユーザから経営者、顧客やパートナーまで、あらゆる人がいつでも、どこでも、必要な情報をリアルタイムに活用できる“オペレーショナルBI”をベースコンセプトに、ユーザが“使いやすい”情報活用環境を実現します。

  • 全社での情報活用を可能にする「オペレーショナルBI」
  • 社内外問わず誰もが簡単に使える操作性
  • さまざまな業種/業態での事例を公開中

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る