TOP>事例>サービス>すべてはサービス品質維持のためエイチアールワンの選択はクラウドでもJP1×SAP×アシスト

すべてはサービス品質維持のため
エイチアールワンの選択は
クラウドでもJP1×SAP×アシスト

エイチアールワン株式会社

導入製品/サービス…
JP1  


エイチアールワン株式会社:統合システム運用管理 JP1(ジョブ管理)

受託社数230社以上、管理従業員数は25万名を超える人事給与関連業務のアウトソーシングサービスを提供するエイチアールワンでは、2013年、システム基盤をクラウド環境へ全面移行することを決断。大規模SAPユーザを擁する同社は、設立当時から採用し続けている統合システム運用管理 JP1のジョブスケジューラ JP1/Automatic Job Management System 2(以下、JP1/AJS)をクラウド環境でも引き続き採用、高品質で安定したジョブ運用を継続しています。

エイチアールワン

導入のPOINT


1. クラウドへの移行後も5万ジョブの安定運用に必要不可欠だったジョブ管理システム
2. 「クラウドでもサービス品質は変わらない」と明言する自信の背景にあったJP1の存在
3. 提供サービスのコストダウンに挑戦し続ける運用業務のカイゼン魂とそれに応えるJP1/AJSの柔軟性

課題

  • バッチ処理の停止=提供サービスの停止というミッションクリティカルな業務
  • ハードウェア障害による提供サービスの停止リスクへの対策
  • サーバごとのリソース利用量の偏り
  • 限られた人員での運用業務への対応
  • コスト面から考えたJP1の活用度の向上

対策

  • 従来100台あったサーバ基盤を12台の仮想環境へ移行し、さらにクラウド環境へ全面移行
  • サービス品質の低下は許されないため、JP1/AJSの利用を継続
  • JP1の投資対効果を高めるためにとことん機能を有効活用するカイゼン活動
  • 強力なサポートを提供してくれるアシストの技術陣

効果

  • 顧客が着実に増加し続ける中で、増員することなく高品質のサービスを提供
  • クラウドの活用によりハードウェアの障害リスクから解放され、柔軟なインフラ拡張体制を確立
  • 提供サービスの売り上げとインフラおよびJP1のコストバランスの見える化ができ、ビジネスとインフラの拡張計画を融合

システム基盤の変遷


システム基盤の変遷



事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 エイチアールワン株式会社
概要 2002年に「人事業務のインフラ」企業を目指して設立された人事サービス・コンサルティング株式会社が、2009年にヒューマンリンク株式会社と事業統合して誕生したエイチアールワン株式会社。230社の顧客へ、人事業務プロセスのトータルアウトソーシングサービスを提供している。
本社 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルB館12F
設立 2009年10月1日(経営統合)
資本金 5億1,935万円
従業員 465名(2014年4月1日現在)
URL http://www.hrone.co.jp/
取材日 2014年9月

関連製品/サービス

JP1

JP1は、国内トップシェアを誇る統合システム運用管理ソフトウェアです。システムの自動化や稼働性能監視、資産管理等を統合的に行うことができます。JP1のことなら、実績豊富なアシストにご相談ください。

  • システム全体の監視、ジョブ運用等の一元管理を実現
  • システム規模に合った最適な投資で開始可能
  • 様々なプラットフォームに対応

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る