Citrixサポートブログ

  • トラブルシューティング
2020.06.23

XenApp and XenDesktop / Citrix Virtual Apps and Desktops の印刷問題の調査で初動で確認して頂きたいポイント(2)

XenApp and XenDesktop / Citrix Virtual Apps and Desktops の印刷問題の調査で初動で確認して頂きたいポイント(2)

こんにちは。Citrix製品のサポートを担当している川東(かわひがし)です。

XenApp and XenDesktop / Citrix Virtual Apps and Desktops の印刷の仕組み の記事にて、EMF形式とRAW形式の観点で説明させて頂きました。

すでにCitrix製品を使用されているお客様は、印刷の問題が発生した場合に、どこから問題切り分けをしたらよいか分からない経験をされたことはないでしょうか。今回の記事では、「印刷問題の調査で初動で確認して頂きたいポイント」を7種類の事象を例にしてご紹介させて頂きます。
また、記事が長くなる都合で2回に分けてご紹介させて頂きます。今回は前編になります。

本記事は、XenApp / Citrix Virtual Apps をベースにしていますが、XenDesktop / Citrix Virtual Desktops も同様の内容になります。

今回の記載内容

前回の記事内容
(1)ローカルマシンのプリンタがマッピングされない
(2)プリンタ固有の印刷機能が使用できない
(3)ローカルで印刷する場合と比較して印刷ジョブのサイズが大きい
(4)印刷物が出力されない


(5)印刷結果がずれている


Citrix Universal Print Driverを使用している場合で、公開アプリケーションや仮想デスクトップから印刷した印刷物がずれる事象が発生した際は、印刷プレビューの結果をご確認下さい。

Citrix Univesal Print Driverを使用する場合の印刷プレビューは、Citrix Workspace app(旧 Citrix Receiver)のEMF Viewerが使用されます。

使用手順は以下になります。

1.公開アプリケーション(本手順はNotepadを使用)を起動します。
  
2.印刷ダイアログを開きます。確認対象のプリンタの「印刷設定」を開きます。

印刷ダイアログから確認対象のプリンタの「印刷設定」を開きます

3.Citrix Universal Print Driver の印刷設定画面が表示されます。「クライアントでのプレビュー」にチェックを付けて「適用」「OK」をクリックします。

「クライアントでのプレビュー」にチェック

4.CitrixのEMF Viewerにて印刷プレビューが表示されます。

CitrixのEMF Viewerにて印刷プレビューが表示されます


5.EMF Viewer上で印刷結果がずれている場合は、サーバ側の印刷処理で問題が発生している可能性があります。こちらの場合、VDAのマシンに、問題が発生するプリンタのドライバをインストールして改善するかどうかをご確認下さい。

※プリンタドライバのみインストールする場合の手順は、XenApp and XenDesktop / Citrix Virtual Apps and Desktops の印刷の仕組み の記事の「EMF形式とRAW形式の違い」 の中で一例として紹介していますのでご参考にしてください。
プリンタメーカー様へ、Citrix製品を利用している環境でドライバをインストールする手順や注意点もご確認をお願いします。

EMF Viewer上で印刷結果がずれていない場合、クライアント端末、もしくは、プリンタ側の印刷処理で問題が発生している可能性があります。クライアント端末にアプリケーションをインストールして、ローカル上で印刷した場合の結果もご確認ください。

(6)クライアント端末で設定したプリンタのプロパティを引き継げない


クライアント端末側のプリンタの設定変更後に公開アプリケーションや仮想デスクトップを起動後、セッション上にリダイレクトされたプリンタのプロパティを見ると、設定が引き継げていない場合があります。

Citrix Universal Print Driverを使用している場合、各メーカー様のプリンタ固有の機能は引き継げない場合があります。こちらの場合は、該当のプリンタのドライバをVDAマシンにもインストールして頂き、改善するかどうかをご確認ください。
※プリンタメーカー様へ、Citrix製品を利用している環境でドライバをインストールする手順や注意点もご確認をお願いします。

VDAのマシンにプリンタドライバのインストールすることを避けたい場合(Citrix Universal Print Driverを使用する印刷方法で対応したい場合)は、プリンタメーカー様へ対応方法の有無をお問い合わせ頂ければと思います。
※プリンタメーカによっては、Citrix製品に対応するためのツールを提供している場合がございます。

プリンタ固有の設定だけでなく、用紙サイズやカラー設定等、どのメーカのプリンタでも設定項目があるような基本設定の項目が引き継げない場合、まず最初に確認をして頂きたいことは、RemoteAppの再現性です。リモートデスクトップ接続でも再現するかどうかは今後の調査の参考になる場合があります。
※RemoteAppの利用方法は、XenApp / Citrix Virtual Apps のサーバへRemoteApp接続をするための設定手順 をご参考にしてください。

特定のプリンタで発生する場合は、Citrix製品を使用した結果とRemoteAppを使用した結果をもとに、プリンタメーカ様へ調査依頼をしていただくのがよいと思います。

すべてのプリンタで発生する場合は、他のクライアント端末でも発生するかどうかもご確認を頂き、Citrixの結果とRemoteAppの結果と併せて、保守先のCitrixヘルプデスクにお問い合わせ頂くのがよいと思います。

(7)印刷中に公開アプリケーションや仮想デスクトップの応答が遅くなる


サイズの大きいドキュメントの印刷時に、公開アプリケーションや仮想デスクトップの画面応答が遅くなる場合は、ICAセッションの中を通る印刷データで使用する帯域幅を制御する設定をお試しください。
こちらを設定後は、設定前より印刷に時間がかかりますのでご注意ください。

以下のご参考の手順14以降にてCitrixポリシーで制御する方法を記載しています。

ご参考:ICAセッションで使用される帯域幅を確認して、Citrix ポリシーで制御する方法

以下は一例となります。比較的簡単におおよその帯域幅の確認ができると思いますのでご紹介させて頂きます。

1.クライアント端末にWireSharkをインストールします。
  ※WireSharkは、こちら の公式サイトからダウンロードできます。

2.インストール後、WireSharkを起動します。

3.クライアント端末から公開アプリケーションを起動します。

4.クライアント端末にてWindowsコントロールパネルから「デバイスとプリンター」を開きます。

5.使用するプリンタのアイコンをクリックすると、画面上部に表示される「印刷ジョブの表示」をクリックします。
※プリンタのアイコン右クリック後に「印刷ジョブの表示」をクリックすることもできます。

CitrixのEMF Viewerにて印刷プレビューが表示されます

6.クライアント端末側の印刷ジョブの表示画面にてメニューバーの「プリンター」-「一時停止」をクリックします。

印刷の一時停止

7.WireSharkにて、ip.addrフィルター設定後、右側に表示されている右矢印をクリックします。以下では、ip.addr == VDAサーバのIPアドレスを入力しています。

WireSharkフィルタ設定

8.WireSharkで「キャプチャ」-「オプション」をクリックします。

WireSharkオプション設定をクリック

9.測定するNICを選択後、「開始」をクリックします。

測定するNICを選択後、開始

10.公開アプリケーションから印刷をします。

11.「6」の印刷ジョブ画面に、ジョブが表示されてページ数が正しく表示されたことを確認後、WireSharkにてキャプチャを停止します。

12.パケットの表示がフィルターされていることを確認して、メニューバーの「統計」-「入出力グラフ」をクリックします。

入出力グラフ、クリック

13.フィルタした項目にチェックをつけます。PacketsをBitsに変更します。
※以下の画面の場合、印刷時は最大で6000000Bits/秒近くまで帯域幅が使用されていることが確認できます。

ICAセッションのI/Oグラフ

14.公開アプリケーションの通信にて印刷の最大帯域幅を、Citrixポリシーで制御します。以下は、手順13で確認した数値の半分(3000000Bits/秒)に変更する場合を例にします。Citrix Studio にてポリシーの設定画面を開きます。「ポリシー」の枠内の余白上で右クリック後、「ポリシーの作成」をクリックします。

ポリシー作成

15.ドロップダウンリストから「帯域幅」を選択すると、こちらに関連するポリシーが表示されます。「プリンターリダイレクトの最大帯域幅(Kbps)」にて「選択」をクリックします。

プリンターリダイレクトの最大帯域幅(Kbps)」にて「選択」をクリック


筆者情報:川東健吾

アシストに入社し、テスト系製品のカスタマーサポートを担当後、現在はCitrix製品を担当しています。XenAppとXenDesktopのトラブルシューティングや運用に役立つ情報を、長年のサポート対応の視点で分かりやすくお伝えしていきます。
学生時代から続けている映像制作の趣味の延長で、Citrixトラブシューティング入門動画も制作しました。こちらからご視聴頂けます。

関連している記事

  • トラブルシューティング
2022.04.05

StoreFrontのトレースログ採取手順の一例

今回の記事は、StoreFrontのトレースログを採取する手順の一例をご紹介します。Citrix社にログの解析依頼をする際に、トレースログの採取が必要となります。ご参考にして頂けますと幸いです。

  • トラブルシューティング
2022.03.29

動作検証用のStoreFrontストア作成手順の一例

Citrix Virtual Apps and Desktopsのトラブルシューティングをする際に、StoreFrontのストアが影響しているかどうかを切り分けるため、追加で動作確認用のストアを作成したい場合があると思います。今回は、こちらの作成手順の一例をご紹介します。

  • トラブルシューティング
2022.03.28

Microsoft EdgeにてStoreFrontのWebサイトに接続する際に「このサイトは、 Citrix Workspace Launcherを開こうとしています」が表示される事象の解消方法

今回は、Microsoft EdgeにてStoreFrontのWebサイトに接続する際に「このサイトは、 Citrix Workspace Launcherを開こうとしています」が表示される事象の解消方法をご紹介させていただきます。

ページの先頭へ戻る