移行

構築や運用の手間がかからないPaaSとシンプルな移行を実現するIaaS

用途に合わせて利用可能な様々なサービスを提供しています。

Oracle Cloudは、アプリケーションを稼働させるための仮想マシンやWebサービス利用に欠かせないロードバランサー、システム基盤の重要なデータベース等、用途に合わせて利用可能な様々なサービスを提供しています。
そのため、オンプレミス環境で培った知識やノウハウ、運用経験を生かしてそのままクラウドに継承できます。

例えば、Oracle WebLogic ServerとOracle DatabaseをOracle Cloudに移行する場合、Oracle Cloudにあらかじめ用意されているプリインストール環境(PaaS/IaaS)を利用することで、簡単に移行することができます。

Oracle Cloudは、アプリケーションを稼働させるための仮想マシンやWebサービス利用に欠かせないロードバランサー、システム基盤の重要なデータベース等、用途に合わせて利用可能な様々なサービスを提供しています。

その他のアプリケーションやデータベースをお使いの場合、Oracle Cloud上にOSがプリインストールされたコンピュート・インスタンス(IaaS)を作成して、その上にアプリケーションやデータベースなどミドルウェアを構築することができます。

Oracle WebLogic ServerとOracle DatabaseをOracle Cloudに移行する場合、Oracle Cloudにあらかじめ用意されているプリインストール環境(PaaS/IaaS)を利用することで、簡単に移行することができます。

このように、PaaSを使えば手軽に、IaaSを使えば自由度の高い移行をすることができます。両者を比較すると、以下のように責任分界点が異なります。PaaSはクラウド側が責任をもって管理してくれる領域が多く、手間がかからないのが特長です。一方のIaaSはユーザー側の責任範囲が多いものの、オンプレミスと同じ感覚で利用できるため、システムに大きな改修を加えることなく移行できるのが特長です。

管理項目 オンプレミス IaaS PaaS
OCI-DB、ExaCS
H/W管理 顧客 Oracle Oracle
OS管理 顧客 Oracle Oracle
DB導入 顧客 顧客 Oracle
チューニング 顧客 顧客 顧客
パッチ適用 顧客 顧客 顧客/UI
バックアップ取得 顧客 顧客 顧客/UI
※自動も可
リストアリカバリ 顧客 顧客 顧客/UI
監視 顧客 顧客 顧客/UI

アシストではPaaSとIaaSの最適な使い分けや構成検討におけるアドバイス、コスト試算など移行に関する支援を実施しています。お気軽にご相談ください。

その他にもアシストでは様々な技術支援サービスをご用意しています

各種サービス内容については、こちら「導入支援サービス」をご参照ください。