EAI/ETL技術者のブログ

EAI/ETL技術者のブログ>Salesforceとのデータ連携にDataSpiderをおすすめするワケ

  • DataSpider Servista
  • クラウド連携
2019.05.30

Salesforceとのデータ連携にDataSpiderをおすすめするワケ

Salesforceとのデータ連携にDataSpiderをおすすめするワケ

Salesforceとのデータ連携にDataSpiderをおすすめするワケ


こんにちは。DataSpider技術担当の F です。

Salesforceといえば、世界シェアNo.1の営業支援・CRMツールです。
そのため、お客様との会話でも頻繁に登場し、Salesforceと他システムのデータ連携について
ご相談いただくことが増えています。

Salesforceとの連携はSalesforceAPI経由で行い、それをスクラッチで実装すると、
一般的に次のような課題に直面します。

課題

上のようなスクラッチ開発の課題にEAIツールを適用いただくことで、
下記のようなメリットがあります。

EAIツール適用のメリット


Salesforceとの連携はDataSpiderがおススメ


Salesforceとの連携処理を作成する際におススメのEAIツール、
それはずばり「DataSpider」です!

DataSpiderにはSalesforce専用の接続用アダプタがあり
Salesforceへの連携処理をスムーズに作成することができます。


開発手順は?実際に連携してみた!


SalesforceなどのWebAPI連携では、まず接続部分を開発する必要がありますが、
DataSpiderでは、グローバルリソースという接続定義をGUIで作成できます。

今回は、OAuth 2.0を使用して接続を行います。
Salesforce側でRefresh Tokenを取得し、プロパティに入力するだけです。

接続定義を作成したら、次は実際の処理作成です。
Salesforseとの連携には、SOAP API を使用します。

DataSpiderの各コンポーネント(アイコン)が、APIの各メソッドに対応しているため、
利用したいアイコンをGUI画面上で選択し、表示される項目の設定を行います。

Salesforceからのデータ抽出条件をつけたい場合には、SQLをベースとしたSOQLという
独自の言語を使用しますが、DataSpiderではこのSOQLもGUI画面の操作で生成することができます。

実際の設定画面がこちらです。

この例では、活動中の商談について、確度や完了予定日を含むリストを作成しています。

日本語のラベル名や型・カラム制約を確認し、絞り込みを行いながら
抽出項目や条件を設定することができます。

これで、設定内容がプロパティ画面に反映されます。

抽出テスト

抽出テストを実行すると、SOQLが生成され、該当データの件数が表示されます。

このように、DataSpiderを利用すると、プログラミング不要なGUIでの開発で
欲しいデータを簡単にSalesforceから抽出することができます。

今回は1テーブルからの単純なデータ抽出でしたが、
DataSpiderのSalesforceアダプタでできることはまだまだあります!

気になる方はぜひこちらの資料をご確認ください。


Salesforceアダプタを活用されている「河村電器産業様」事例をご紹介!


最後に、実際にSalesforceアダプタを活用されている河村電器産業様の事例を
ご紹介させていただきます。

河村電器産業様では、OSサポート終了によるNotesからの移行をきっかけに
DataSpiderを導入されました。
その後、Salesforce連携を始めとする新たな仕組みを続々と開発し業務改善を行っています。

システム図

スクラッチであれば費用対効果を考え、着手を見合わせていたかもしれないとのこと。。。

DataSpiderは新たな情報化の仕組みをGUIで簡単に手間なく作成できることから
作業時間の削減や在庫の適正化といった業務の自動化/効率化にも活用されています。

*もっと詳しく読みたい方はこちら!(→河村電器産業様の事例へ


まとめ


今回は、SalesforceをはじめとするWebAPI連携において、
EAIツールを利用するメリットと事例についてお伝えしました。

もちろん、その他社内システムのデータ連携にも活用できるDataSpider。

他記事でも多くの機能や事例を紹介しておりますので、ぜひ合わせてご覧ください!


執筆者情報:

F(えふ)
西日本支社 技術統括 情報活用技術部

2017年に新卒でアシストに入社。
データ連携チームに所属し「DataSpider」「DMExpress」担当技術として活動中。

関連している記事

  • EAIを学ぶ
  • ETLを学ぶ
  • DataSpider Servista
  • Syncsort DMExpress
2019.06.28

DX「2025年の崖」克服にETL/EAIツールが役立てること

DX「2025年の崖」克服にETL/EAIツールが役立てることについてまとめてみました!

  • DataSpider Servista
  • クラウド連携
2019.03.28

AWSと繋ぎたい-願いを簡単に叶えるDataSpider!

AWSと他システムを繋ぎたい...その願いを叶えるのがEAIツール「DataSpider」です。RDS、Aurora for MySQL、DynamoDB、EC2など各種サービスと他システムを繋ぎます!

  • 業務システム連携
  • DataSpider Servista
2019.03.14

人の判断もまで含めてDataSpiderで業務自動化を実現!?

RPAツールやEAIツールでデータの入出力やデータ連携業務の自動化する際、人の判断まで自動化することは出来ません。しかし、ベテランの属人化したノウハウを早くシステム化したいという要望が増えてきているのも事実としてあります。

DataSpider DMExpress(DMX)

ページの先頭へ戻る