EAI/ETL技術者のブログ

  • クラウドサービスとのデータ連携を学ぶ
2021.04.08

SalesforceとのAPI連携を手軽に実装できるDataSpider

SalesforceとのAPI連携を手軽に実装できるDataSpider


Salesforceといえば、みなさんご存知、世界シェアNo.1の営業支援/CRMツールですよね!
お客様との会話でも頻繁に登場し、Salesforceのデータを活用したいとご相談いただくことが増えています。

Salesforceとのデータ連携には、Salesforceが提供するAPIを使用します。

API連携するためのプログラムをスクラッチで実装しようとすると、一般的には次のような課題に直面します。

課題

  • Salesforce提供のWebAPIの仕様や利用方法を把握する必要があり、開発に想定外の工数がかかる
  • 専門性の高い開発スキルが求められ、開発/メンテナンスで属人化が発生する
  • WebAPIへの認証等のセキュリティ、ベースとなる仕組みが変更されることがあり、
     その都度プログラム修正が必要になる

Salesforceとのデータ連携にDataSpiderをオススメする理由

これらの課題を解決することができるのが、ずばり「DataSpider」なのです!

DataSpiderを利用するメリット

  • Salesforce専用アダプタがあるため、ツールの機能としてWebAPIの特性を吸収
  • GUI画面でデータ連携処理やデータ変換処理を簡単に開発でき、開発工数を削減
  • セキュリティ強化やAPI側の仕様変更に製品側のパッチで対応でき、手間なく追随することが可能

Salesforce連携処理の開発手順は?実際に連携してみた


SalesforceなどのWebAPI連携では、まず接続部分を開発する必要がありますが、
DataSpiderでは、グローバルリソースという接続定義をGUIで作成できます。

今回は、OAuth 2.0を使用して接続を行います。
Salesforce側でRefresh Tokenを取得し、プロパティに入力するだけです。

接続定義を作成したら、次は実際の処理作成です。
Salesforseとの連携には、SOAP API を使用します。

DataSpiderの各コンポーネント(アイコン)が、APIの各メソッドに対応しているため、
利用したいアイコンをGUI画面上で選択し、表示される項目の設定を行います。

Salesforceからのデータ抽出条件をつけたい場合には、SQLをベースとしたSOQLという
独自の言語を使用しますが、DataSpiderではこのSOQLもGUI画面の操作で生成することができます。

実際の設定画面がこちらです。

この例では、活動中の商談について、確度や完了予定日を含むリストを作成しています。

日本語のラベル名や型・カラム制約を確認し、絞り込みを行いながら
抽出項目や条件を設定することができます。

これで、設定内容がプロパティ画面に反映されます。

抽出テスト

抽出テストを実行すると、SOQLが生成され、該当データの件数が表示されます。

このように、DataSpiderを利用すると、プログラミング不要なGUIでの開発で
欲しいデータを簡単にSalesforceから抽出することができます。

今回は1テーブルからの単純なデータ抽出でしたが、
DataSpiderのSalesforceアダプタでできることはまだまだあります!

気になる方はぜひこちらの資料をご確認ください。


Salesforceアダプタを活用されている「河村電器産業様」事例をご紹介!


最後に、実際にSalesforceアダプタを活用されている河村電器産業様の事例をご紹介させていただきます。

河村電器産業様では、OSサポート終了によるNotesからの移行をきっかけにDataSpiderを導入されました。
その後、Salesforce連携を始めとする新たな仕組みを続々と開発し業務改善を行っています。

システム図

  • SalesforceおよびSalesforce.comへのデータ移行
  • 受注メールの添付ファイルをSalesforce.comなどの関連システムに自動登録
  • システムの活用度を見るためのログ処理

もし、DataSpiderを使わずにスクラッチでデータ連携処理プログラムを開発していたら
費用対効果を考え、着手を見合わせていたかもしれないとのこと...

DataSpiderは新たな情報化の仕組みをGUIで簡単に手間なく作成できることから
作業時間の削減や在庫の適正化といった業務の自動化/効率化にも活用されています。

*もっと詳しく読みたい方はこちら!(→河村電器産業様の事例へ


まとめ


今回は、SalesforceをはじめとするWebAPI連携において、
EAIツールを利用するメリットと事例についてお伝えしました。

もちろん、その他社内システムのデータ連携にも活用できるDataSpider。

他記事でも多くの機能や事例を紹介しておりますので、ぜひ合わせてご覧ください!


執筆者情報:

F(えふ)
西日本支社 技術統括 情報活用技術部

2017年に新卒でアシストに入社。
データ連携チームに所属し「DataSpider」「DMExpress」担当技術として活動中。

関連している記事

  • クラウドサービスとのデータ連携を学ぶ
2021.07.29

iPaaSとは?利用メリットから製品選定のコツを解説

iPaaS(アイパース)とは、さまざまなシステムやアプリーケーション、サービスをまたがってデータを連携するためのクラウド型データインテグレーションサービスです。iPaaSの利用メリットや最適な製品選定について解説していきます。

  • クラウドサービスとのデータ連携を学ぶ
2021.06.30

Google BigQueryによるビッグデータ解析を実現するDataSpider GCPアダプタ

DataSpiderのGoogle Cloud Platformアダプタ(GCPアダプタ)を使用したビッグデータ解析基盤をご紹介!データ分析の課題や分析基盤の構築方法のヒントがつまった記事です。

  • クラウドサービスとのデータ連携を学ぶ
2021.03.30

AWSと連携したい-願いを簡単に叶えるDataSpider!

AWSと他システムを連携したい...その願いを叶えるのがEAIツール「DataSpider」です。RDS、Aurora for MySQL、DynamoDB、EC2など各種サービスと他システムを連携します!

DataSpider DMExpress(DMX)

ページの先頭へ戻る