アシストブログ「ファン!アシスト」

  • ある日のアシスト
2021.04.14

2021年度 入社式が開催されました!

2021年度 入社式が開催されました!


2021年4月1日、アシストグループは新たに29名(アシスト24名、アシスト北海道5名)の仲間を迎えました。今年はコロナ禍ではありますが、参加メンバーを絞り、開催時間も縮小するなど十分な感染対策の上、対面で入社式が開催されました。

そんな今年の入社式の様子をご紹介します!

入社式の前に、まずはオリエンテーション


入社式の前に、人事からオリエンテーションがありました。配布資料の確認や社章のつけ方、入室カードの配布、入社式の予行練習と併せ、人事メンバーから温かい激励が送られました。

「“変化を愉しむ人”ということで採用させてもらいました。入社後は、配属や職種、プロジェクトへの参加など色々な変化がありますが、変化に対応していくだけでなく、その変化の中で変わらない軸も見つけて大切にしてください。」
「入社してからすぐは、環境の変化で心や体調を崩すこともあります。ちょっとの不安や誰かに話を聞いてほしい、そんなときはいつでも声をかけてくださいね。」
「若い大切な時期をアシストに尽くすのではなく、アシストという舞台を利用して、自分の成長につなげてください。」


オリエンテーションも一段落して、そろそろ入社式です。その前に各自身だしなみのチェックをしてもらいました。ジャケットやスカートのしつけ糸がついたまま……なんていうことも入社式あるあるですからね。「僕、スリーピースなんですけど、ジャケットのボタンってしめるのが正式ですか!?」「ジャケットのボタンはあけるのが正式。ベストの一番下のボタンはあけてる?」「はい!それはスーツのAOKIで教えてもらいました!」なんて会話も聞こえてきました。初々しくて、にっこりしてしまいます(´▽`*)

2021年度 入社式の様子


ピシッと準備も整ったところで、新入社員、役員、採用担当者が揃い、入社式が始まりました。

まずは役員から新入社員たちに、お祝いのメッセージが送られました。代表して、大塚さん、ビルさん、森沢さんのご挨拶を紹介させていただきます。

大塚さん
「まずは働く覚悟を決めてください。これから働く意味を考えて悩むことがたくさんあると思います。仕事とは、付加価値を創造して、提供して、対価を得ていくことです。自分がどんな価値を生み出せるのか考え続けてください。そして、アシストというステージを利用して、社会に対して大きな貢献や仕掛けができるようになっていってほしいと思います。働く覚悟をもって、長い社会人生活を“愉快”に過ごしてもらえることを願っています。」

ビルさん
「私は大塚さんとは別の角度からお話しますね。皆さんは今日人バッチ(社章)をつけます。商売とは人を大事にすることです。お客様は良い人と仕事がしたいです。お客様を大事にしてください。また、一匹狼では仕事になりません。チームワークを大切にしてください。アシストのビルがきれいなのはどうしてでしょう。業者の方が環境を整えてくれるからです。ぜひ、挨拶をきちんとしてください。周囲の人を大切にして頑張ってもらいたいです。」

森沢さん
「アシストと長いお付き合いのある方に、なぜお付き合いをしてくれるのか聞いたら、アシストのサポートが素晴らしかったからだと返ってきました。ぜひお客様に20年、30年付き合いたいと思ってもらえるような人になってください。
また、この日を迎えられたのは、両親や祖父母、周りの方がいたからです。これからの自分を思い描いていると思いますが、まずは感謝を忘れずにいてください。」

大塚さん

ビルさん

森沢さん

役員の挨拶をきいて、ピッと背筋が伸びる新入社員たち。“働く覚悟”が少しずつ作られているのでしょうか。

挨拶を頂戴した後は、辞令・社章の交付が行われました。一人一人、胸に人バッチをつけていきます。


そして次は新入社員代表挨拶です。今年は、アシストからの内定を最後に受諾した林くんに挨拶をお願いしました。いただいた挨拶から印象的だった一部を紹介します。

「一人前の社員として、一日でも早く認めていただけるよう、自分のつまらないプライドや意地を捨て、自分都合ではなく、他者視点で物事を考えられるように努めるとともに、今日この場に立っている新鮮な気持ちを、数ヵ月後も数年後も忘れないようにして、日々の仕事に真摯に向き合っていく所存であります。

アシストは周知の通り『人』を大切にする会社であります。まず、人を気に入っていただき、その後に会社を気に入っていただく。このことを念頭に置き、新入生一同 、いつなん時でも会社の看板を背負っていること、他者から評価されていることを忘れず、関わる全ての方々に『最高』を提供してまいります 。また、『最高』とは何なのかをいつまでも考え続けます。」


代表挨拶に続いて、新人たち一人一人からも決意表明をもらいました。

緊張している人、笑顔いっぱいな人、マイクなしで元気にスピーチをする人など、今年も新人たちのカラーが光る挨拶でした。中には、「最終面接で人バッチを見せてくださいというほど、アシストのファンです。このバッチをもらったときのドキドキとワクワクを忘れないように頑張ります!」と人バッチをつけられた喜びを語る人や、「インターンで膨大な入力業務に嫌気が差していたので、RPAを導入したときの感動が忘れられません。ITが大好きになりました」とITの魅力を実感したエピソードを披露してくれた人もいました。


新入社員のやる気と元気に満ちた挨拶で入社式が締めくくられました。皆さんの期待とやる気に、先輩社員も応えていかなくてはいけませんね!彼らがアシストにどんな変化をもたらしてくれるのか楽しみです!

今年は懇親会の代わりに……


毎年、入社式の後は懇親会として立食パーティーを開催していましたが、今年は感染防止の観点から、立食パーティーの代わりにお弁当と桜の可愛らしいゼリーをご用意しました。お弁当の名前は「貴闘力の御弁当」。名前もさることながら、中身もガッツリ系です!しっかりパワーをつけて、これからの新人研修を乗りきってください!


新人たちは、これから3ヵ月間の研修を受け、その後に部門配属となります。配属地域は既に発表されていますが、部門配属の詳細は6月中旬に発表予定です。

コロナの影響により、オンライン就活を余儀なくされた今年の新入社員たち。今までのノウハウも通用しない場面もあったと思いますが、そんな中でも各自工夫をして変化を乗り越えてきた頼もしいメンバーです。変化に対応してきた経験を生かし、今度はアシストに新たな変化を生み出すことを期待しています!社員一同、今年の新入社員の入社を心より歓迎します!

関連している記事

  • ある日のアシスト
2021.04.23

2011年入社組が勤続10年!入社してからのあれこれを聞いてみました。

アシストでは、勤続年数が5年ごとに永年勤続の表彰があり、10年目を迎えると社章の色が「銀」から「金」に変わります。通称「金バッチ」と呼ばれるアシストの伝統です。今年は、新卒で2011年に入社したメンバーが金バッチになりました!おめでとうございます!

  • ある日のアシスト
2020.11.17

東芝三菱電機産業システム様から、アシストの技術支援に対して感謝状をいただきました!

この度、東芝三菱電機産業システム株式会社様から、アシストの技術支援サービスを高く評価いただき、感謝状を頂戴しました!今回の支援の中心となった営業の宮田新さん、Qlik Sense技術の染谷尚秀さん、我満 美帆子さん、庄司 拓矢さんに詳細をお聞きしました。

  • ある日のアシスト
2020.10.26

2021年度 新卒内定式 ~コロナ禍での内定式はどう開催する?~

10月1日、朝は少し雨が降っていましたが、昼になると日差しがこぼれるようになり、午後から始まるアシストの2021年度 新卒内定式を彩るようでした。

ページの先頭へ戻る