アシストブログ「ファン!アシスト」

アシストブログ「ファン!アシスト」>鴨川だより~男の料理~

  • 鴨川だより
2018.04.13

鴨川だより~男の料理~

株式会社アシスト 代表取締役会長
ビル・トッテン


急に暖かくなり、今年は桜の開花が例年よりかなり早くなりました。低温の日が多かったせいか我が家の冬野菜の出来があまりよくなく、大根は、太く育たないまま気温が上がったので花が咲いてしまったほどです。いくら土作りに精を出してもそれは全体の一部に過ぎず、野菜作りは毎年違うチャレンジに直面します。

難しいといえば、家には何種類かのスモモ(プラム)の木があるのですが実がなりません。いつかなるだろうと思っていたのですが、ニホンスモモはほとんどが自家不結実性、つまり1本では結実せず、花が咲いても実がならないということを知りました。そのため植木屋さんが家にもサンタ・ローザと大石早生、ソルダムと数種類のスモモを植えてくれたのですが、実をつけるためには開花時期が異なる場合は花粉をとっておいて、ブラシなどで人工授粉をする必要があったようです。自然に任せておけばあとは収穫、と思っていましたが、学ぶことがたくさんあります。

庭の木_1

庭の木_2

庭の木_3


今年は、料理にも挑戦することにしました。料理といえばこれまでお湯を沸かすか納豆をまぜるくらいしかしたことがなかった私ですが、家人が、飼っている食用ウサギの料理はしたくないというので、ウサギを捌くだけでなく、調理も自分でやるしかなくなったのです。そんなわけで先日、友人のショーンさんが料理の先生として我が家に来てくれました。ショーンさんは鹿猟をするので鹿やイノシシなど、いわゆるジビエ料理が得意です。ショーンさんの推薦でウサギ肉料理に向いているという燻製器(スモーカー)と低温調理機を用意しました。

燻製機(スモーカー)_1

燻製機(スモーカー)_2

低温調理機


燻製器は庭に置いて炭とスモークの味を出すためのチップをいれ、捌いたウサギ肉をいれて2、3時間。準備は大変でしたが入れてしまえばあとは待つだけです。もう一つの低温調理は「真空調理法」ともいわれるものです。60~70℃程度の温度でゆっくりと時間をかけて熱を入れていくと、高温で調理するよりも柔らかく、美味しく出来るとか。今回は、燻製も低温調理機で調理したウサギ肉も、少し時間が短かったので、最後にフライパンでショーンさんが焼き色を付けてくれました。この時期、畑にはちょうど野草のセリがたくさん生えているので、セリも肉汁で炒めて添えました。

燻製機(スモーカー)_3

燻製機(スモーカー)_4

料理風景_1

ショーンさん


調理経験の長いショーンさんのように手際よくできるようになるのはいつの日かわかりませんが、楽しみながら少しずつ、料理も覚えていきたいと思います。

料理風景_2

出来上がり!

庭のブロッコリー


関連している記事

  • 鴨川だより
2020.10.09

鴨川だより~内定式~

10月1日、来春入社する新入社員の内定式が開かれました。アシストでは感染予防のため一堂に会して行う例年の式典の代わりに会場を分散し、オンラインを併用しました。

  • 鴨川だより
2020.09.11

鴨川だより~政権交代、日本と米国~

安倍首相が健康を理由に辞任し、16日に新首相が就任します。国民の期待が集まる強力な野党が不在のためか次期首相も安倍政権を踏襲していくことが当然のようなメディア報道が続きます。

  • 鴨川だより
2020.08.18

鴨川だより~オンラインの時代~

京都恒例の五山送り火も、新型コロナのために今年は文字や形を描かずに実施され、その代わりにオンライン配信やテレビで自宅から送り火を見ることを推奨されました。

ページの先頭へ戻る