TOP>製品/サービス>課題から探す>複数システム間でのデータ連携

複数システム間でのデータ連携

複数システムのデータ連携に手間がかかっていませんか?

よくある課題

異なる複数のシステムを連携して利用する際に次のような課題はありませんか?

  • システムごとに変換プログラムを作らなければならない
  • データ連携の運用のために複雑な作り込みが発生する
  • システム変更時など、特定の担当者にしか対応できない

異なる複数のシステムを連携する際の課題


データ連携ツールで、複数システム間の連携を一元化

データ連携ツールを導入することで、複数システム間での連携と変換処理を一元化できます。

  • 連携するシステム間の差異はアダプターが吸収。 個別に変換プログラムを開発する必要がなくなり、ミスも減少
  • データ連携の運用のための作り込みも必要なくなり、運用担当者の負荷が軽減
  • 属人化が排除され、共同開発や引継ぎが容易になる

データ連携ツールで、複数システム間の連携を一元化

データ連携ツールのご提案

様々なデータソースおよびシステム間でのデータ連携を、ノンプログラミング、低コストで実現できます。

アシストは様々なデータ連携ツールを取り扱っておりますので、お客様の要件に合った最適なデータ連携ソリューションをご提案します。

関連製品/サービス

DataSpider Servista

DataSpider Servista(以下、DataSpider)は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。アイコンを使用した簡単開発、充実した運用管理機能で連携処理の自動化を実現。DataSpiderなら、開発生産性の向上と運用コストの低減を図れます。

  • ノンプログラミングによるデータ連携開発を実現
  • 豊富なアダプタでExcelからクラウドまで幅広く連携可能
  • 顧客満足度実績No.1 EAIソフトウェア

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る