TOP>事例>教育関連業>教育改革を下支えするシステム再構築!全学生に関わる複雑なシステム間データ連携処理の短期開発を実現

教育改革を下支えするシステム再構築!
全学生に関わる複雑なシステム間データ連携処理の
短期開発を実現

学校法人駒澤大学

導入製品/サービス…
DataSpider Servista  


数学の発展を目的とした2014年度の教育改革に向け、駒澤大学は教育制度に対応したシステムの再構築に着手しました。新システムでは、新規に設計した共有データベースを中核とし、業務別に存在する各システム間を相互に連携して情報を共有しています。様々な環境にまたがるシステム間の複雑なデータ連携処理にDataSpider Servistaを活用し、限られた期間での効率的な開発を実現しました。

導入のPOINT


1. 高い開発生産性により、新教育制度開始までの限られたスケジュール内で最大限の効果を発揮
2. 習得が容易であり、システム品質の統一化を実現
3. 複数トリガーの組み合わせで、複雑なシステム間のデータ連携バッチ処理も時間ロスなく実行


課題

新システムでは、学生サポートを充実させるため、各部署間で利用できるように、各業務システムの情報を集約する新たな共有データベースを設けることとなった。一方、新年度に間に合わせるため、限られた期間内に完成させる必要があった。

背景

共有データベースとの連携部分は、各業務システム担当のベンダーが手掛けることになっていた。連携はスクラッチ開発でなく市販EAI/ETLツールを用いることとし、比較検討の結果、開発のしやすさやデバッグの容易さなどからDataSpider Servistaの採用を決定。開発ルールを共通化することで運用統合を図った。

効果

システム習熟の容易さと高い開発生産性で、各ベンダーによる短期開発をDataSpider Servistaが後押し。トリガーを巧みに組み合わせ、複数システム間の複雑なデータ連携を実現。新システムの肝となる共有データベースの定義変更にも素早く対応できる高い保守性を実現。


システム構成イメージ


業種:教育機関
ユーザ数:教職員約1,300名、学生約1万6,000名
データソース:SQL Server 2008 R2、PostgreSQL
利用業務:教務事務、学生向けWebサービス(ポータル)など関連システム

事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 学校法人駒澤大学
概要 開校から130年、前身となった曹洞宗の学林からは420年の歴史を持つ私立総合大学。禅の精神に基づく「行学一如」を理念に掲げ、7学部8つの大学院研究科で約1万6,000人の学生が学んでいます。
本社 東京都世田谷区駒沢1丁目23番1号
開校 1882年
教職員数 教員1,048名(専任332名)、職員250名(専任225名) (2013年現在)
URL http://www.komazawa-u.ac.jp/
取材日 2013年12月

関連製品/サービス

DataSpider Servista

DataSpider Servista(以下、DataSpider)は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。アイコンを使用した簡単開発、充実した運用管理機能で連携処理の自動化を実現。DataSpiderなら、開発生産性の向上と運用コストの低減を図れます。

  • ノンプログラミングによるデータ連携開発を実現
  • 豊富なアダプタでExcelからクラウドまで幅広く連携可能
  • 顧客満足度実績No.1 EAIソフトウェア

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る