TOP>事例>製造業>自社内で効率的に開発を行いオープン系への移行をスムーズに

自社内で効率的に開発を行い
オープン系への移行をスムーズに

上田日本無線株式会社

導入製品/サービス…
DataSpider Servista  

無線通信装置、医用電子装置、電子応用機器等の開発・製造・販売を手掛ける上田日本無線株式会社では、これまで長年に渡って使ってきた汎用機からオープン系へのシステム移行を段階的に進めています。その中で同社は、各業務で使うパッケージの相互連携や残っている汎用機との連携、さらには処理のスケジューリングや、業務品質を高めるためのデータチェックなど、様々な用途にDataSpider Servistaを活用しています。

導入のPOINT

課題

  • オープン化を進める段階で自社内で開発できるツールが求められていた

解決

  • DataSpiderをEAIハブやデータチェックなどに活用
    自社の要件に合わせ社内で効率的な開発が可能に

段階的なオープン化を進める中でも社内で効率的なシステム開発が可能に


 上田日本無線株式会社は、無線通信装置や医用電子装置の開発・設計から製造・販売までの事業を主に手掛けています。ソフトウェア開発や素材加工などの技術も自社内に持ち、量産品から多品種少量生産、一品一様の受注生産まで幅広い製品を自社で一貫生産しています。

 これまで同社では基幹系システムとして汎用機を使ってきましたが、現在は数年間かけて段階的にオープン系への移行を進めています。そして、システム間連携を行うEAIハブ、バッチ処理のスケジューラ、業務パッケージの機能を補完するデータチェック機能など、オープン系への移行の際に生じた様々な要件を満たすため、DataSpider Servistaを活用しています。汎用機時代からの社員が新たな開発言語を習得することなく、迅速に開発することができるようになったといいます。

システム構成イメージ



事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 上田日本無線株式会社
本社 長野県上田市踏入2丁目10番19号
資本金 7億円
代表者 代表取締役社長 降旗 次男
従業員 610名(2011年4月末現在)
設立 1949年10月
売上高 135億円(2010年度)

関連製品/サービス

DataSpider Servista

DataSpider Servista(以下、DataSpider)は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。アイコンを使用した簡単開発、充実した運用管理機能で連携処理の自動化を実現。DataSpiderなら、開発生産性の向上と運用コストの低減を図れます。

  • ノンプログラミングによるデータ連携開発を実現
  • 豊富なアダプタでExcelからクラウドまで幅広く連携可能
  • 顧客満足度実績No.1 EAIソフトウェア

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る