TOP>事例>製造業>予実管理に必要なレポートをERPからWebFOCUS EVOで出力。会社として見るべき指標を共有できる全社情報活用基盤を構築!

予実管理に必要なレポートをERPからWebFOCUS EVOで出力。会社として見るべき指標を共有できる全社情報活用基盤を構築!

安川シーメンス オートメーション・ドライブ株式会社

導入製品/サービス…
WebFOCUS  


安川シーメンス オートメーション・ドライブ株式会社 WebFOCUS EVO導入事例

安川シーメンス オートメーション・ドライブは、産業機械の稼働に必要な電気品とエンジニアリングを提供しています。従来はCRMで実装していた営業の予実管理機能を全面的にリプレースし、入力・編集機能はERPに、レポート機能はWebFOCUS EVO に移行しました。次に打つべき手を考えるための情報を素早く引き出すことで、全社の業務効率向上や付加価値の創出に貢献しています。

導入のPOINT


1.ERPのデータをWebのレポートで検索/抽出。いつでも、誰でも、どこからでも必要な情報にアクセス
2.日英の多言語対応、多彩な表現力、GUIとソースコードのハイブリッドな選択肢で短期間での開発を実現
3.200名の情報活用を安定稼働で支えるパフォーマンス。現場のアクションにつながるレポーティング基盤を構築

課題

  • CRMのパフォーマンスが低下し動作が不安定に。ダウンする前にリプレースを完了させる必要があった
  • 今後を見据えて、全社の汎用的なレポートツールとして位置付けることが可能なシステム基盤が求められた
  • 多数のレポート改修要件に、迅速、かつ低コストで対応したい

対策

  • リプレース期間短縮のため、入力関連機能は既存仕様のままSAP ERPに、レポート機能はWebFOCUS EVOに実装
  • 多言語、モバイル対応、相手先を選ばない接続インタフェース等、将来的に必要となりそうな機能はWebFOCUS EVOでカバー
  • Excelテンプレート機能をはじめとする製品の標準機能をフル活用し、特殊要件に対してのみ、独自にソースコード実装

効果

  • SAP ERPとの親和性が高いWebFOCUS EVOで、200名がフル活用できる安定稼働を予定期間内で実現
  • 将来に向けた汎用的なレポーティング基盤を先行して整備
  • レポートの構築工数を大幅に削減。改修要件に迅速に対応できる仕組みが整った

システム概要


システム概要


安川シーメンス オートメーション・ドライブ様へのインタビュー記事(PDF)はこちらから

安川シーメンスサムネイル

●CRMを短期間でリプレース、予実管理の仕組みを刷新
●WebFOCUS EVOを採用。Web、表現力、SAPとの連携がポイントに
●ハイブリッドな開発生産性を評価
●会社として見るべき指標はWebFOCUS EVOで見る
●生産性と付加価値を創出する情報活用基盤へ


会社名 安川シーメンス オートメーション・ドライブ株式会社
概要 製紙、フィルム、クレーン、繊維、印刷など、各種の産業界に最新の産業用電気品を提供。高品質の製品群を基に、卓越したエンジニアリング技術とサービスで、様々な産業のオートメーション化に貢献しています。
本社 東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー
設立 1999年10月1日
従業員数 約280名(2016年4月現在)
URL http://www.ysad.co.jp/
取材日 2016年6月

関連製品/サービス

WebFOCUS

WebFOCUSは、社内外のユーザに情報を届け、情報活用を定着させるBIプラットフォームです。現場のビジネスユーザから経営者、顧客やパートナーまで、あらゆる人がいつでも、どこでも、必要な情報をリアルタイムに活用できる“オペレーショナルBI”をベースコンセプトに、ユーザが“使いやすい”情報活用環境を実現します。

  • 全社での情報活用を可能にする「オペレーショナルBI」
  • 社内外問わず誰もが簡単に使える操作性
  • さまざまな業種/業態での事例を公開中

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る