TOP>事例>サービス>多様化する音楽関連サービスのシステム間データ連携を効率化し、ビジネス環境の変化にも即応

多様化する音楽関連サービスのシステム間データ連携を
効率化し、ビジネス環境の変化にも即応

株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

導入製品/サービス…
DataSpider Servista  


【事例】JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント様 - DataSpider Servista

歴史ある日本の音楽レーベル、株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントでは、楽曲情報などを管理するマスタDBと、周辺システムとのデータ連携に「DataSpider Servista」を活用しています。音楽関連サービスの多様化に伴うシステム変更にも対応できるため、開発生産性は飛躍的に向上。その効果はエンドユーザにも波及し、情報活用に関する意識も変わりつつあります。今後はよりビジネスに貢献する仕組への適用が見込まれています。

【事例】JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント様 - ロゴ

導入のPOINT


1. マスタDBと周辺システムとのデータ連携を効率化し、変化するビジネス環境にも柔軟に対応
2. データ連携の処理工数を5分の1から10分の1程度に削減し、ユーザニーズへの迅速な対応を実現
3. 情報連携のメリットがエンドユーザにも浸透し、広がる活用の幅


課題

  • ニーズに応じた社内外の様々なシステムとの迅速なデータ連携
  • データ連携やマスタDBメンテナンスの工数や負荷の軽減
  • システム上に分散している情報の活用推進

対策

  • マスタDBと周辺システムとのデータ連携にDataSpiderを活用
  • 親しみやすい開発ツールとアシストのサポートを活用
  • DataSpiderの利用範囲を拡大し、社内に分散する情報の集約に活用

効果

  • 開発生産性が飛躍的に向上し、データ連携時の工数や負荷を大幅に軽減
  • 異なるDB間のSQLの差異を意識することなく、データ連携を容易に実現
  • エンドユーザの情報活用に対する意識が活性化
  • アーティスト別収益の可視化も視野に

システム構成イメージ


【事例】JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント様 - システム構成図

業種:情報/通信業
データソース:Oracle Database、DB2、DB2 for i


事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
概要 JVCケンウッドグループのエンタテインメント事業の中核を担う総合ソフト会社として、音楽・映像ソフトの企画・製作・販売を中心に幅広く事業を展開しています。
所在地 東京都渋谷区東1丁目2番20号
設立 1972年
資本金 55億9,500万円
従業員数 約400名(ビクターエンタテインメントグループ、2012年7月現在)
URL http://www.jvcmusic.co.jp/
取材日 2014年5月

関連製品/サービス

DataSpider Servista

DataSpider Servista(以下、DataSpider)は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。アイコンを使用した簡単開発、充実した運用管理機能で連携処理の自動化を実現。DataSpiderなら、開発生産性の向上と運用コストの低減を図れます。

  • ノンプログラミングによるデータ連携開発を実現
  • 豊富なアダプタでExcelからクラウドまで幅広く連携可能
  • 顧客満足度実績No.1 EAIソフトウェア

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る