TOP>事例>運輸/物流>基幹システムのリプレースを機に情報活用基盤を整備。WebFOCUSとDataSpiderでスピーディな情報分析に活用

基幹システムのリプレースを機に情報活用基盤を整備。WebFOCUSとDataSpiderでスピーディな情報分析に活用

川崎近海汽船株式会社

導入製品/サービス…
WebFOCUS  DataSpider Servista  


川崎近海汽船株式会社 WebFOCUS、DataSpider導入事例

川崎汽船のグループ会社である川崎近海汽船では、基幹システムのリプレースに合わせて帳票システムも刷新するために、WebFOCUSとDataSpider Servista(以下、DataSpider)を活用した情報活用基盤を構築しました。基幹システムからのデータ抽出が容易になった結果、荷主や品目別の貨物情報を船舶ごとにモニタリングして、関係部門が迅速に必要な情報にアクセスできる環境を実現しています。

導入のPOINT


1. 業務の変更やユーザからのリクエストに迅速に対応できる情報活用基盤を構築
2. 異なるシステム間のデータ連携により、データの見える化を実現
3. ユーザ自身がデータを情報として活用できる環境を整備

課題

  • 固定帳票中心のシステム構成だったため、様々な変化に柔軟に対応できていなかった
  • 航路変更などに対応するためのシステム改修に1人月以上の工数がかかっていた
  • 帳票の改修が大きな負荷となっており、タイムリーな情報展開ができていなかった

対策

  • WebFOCUSを活用し、業務の変更に迅速かつ柔軟に対応できるシステムを構築
  • WebFOCUSのExcelテンプレート連携機能を使い、自由にデータを活用する環境を整備し、ユーザの利便性を向上
  • DataSpiderを活用し、基幹システムとSAP間のデータ連携を実現

効果

  • ユーザからのリクエストに迅速に対応できる自由度の高い情報活用基盤を構築
  • マスターに追加された項目が自動的にレポートに反映。開発工数は従来の半分以下に削減
  • 事業ごとに異なるシステム間のデータ連携が可能になり、複数のサービスを利用している顧客情報の一元管理が実現し、業務効率が大幅に向上

システム概要イメージ



事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 川崎近海汽船株式会社
概要 川崎汽船を親会社とし、同社の国内での内航営業権が譲渡されて設立された海運会社。近海、内航、フェリー、オフショア支援船事業を4つの柱として事業展開している。
本社 東京都千代田区霞が関三丁目2番1号
設立 1966年5月1日
資本金 23億6,865万円
従業員数 223名(2014年6月現在)
URL http://www.kawakin.co.jp/
取材日 2015年10月

関連製品/サービス

WebFOCUS

WebFOCUSは、社内外のユーザに情報を届け、情報活用を定着させるBIプラットフォームです。現場のビジネスユーザから経営者、顧客やパートナーまで、あらゆる人がいつでも、どこでも、必要な情報をリアルタイムに活用できる“オペレーショナルBI”をベースコンセプトに、ユーザが“使いやすい”情報活用環境を実現します。

  • 全社での情報活用を可能にする「オペレーショナルBI」
  • 社内外問わず誰もが簡単に使える操作性
  • さまざまな業種/業態での事例を公開中

詳細へ

DataSpider Servista

DataSpider Servista(以下、DataSpider)は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。アイコンを使用した簡単開発、充実した運用管理機能で連携処理の自動化を実現。DataSpiderなら、開発生産性の向上と運用コストの低減を図れます。

  • ノンプログラミングによるデータ連携開発を実現
  • 豊富なアダプタでExcelからクラウドまで幅広く連携可能
  • 顧客満足度実績No.1 EAIソフトウェア

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る