Citrixサポートブログ

Citrixサポートブログ>XenApp6.5の公開アプリケーション起動処理の流れ(1)

  • トラブルシューティング
2019.02.04

XenApp6.5の公開アプリケーション起動処理の流れ(1)

XenApp6.5の公開アプリケーション起動処理の流れ(1)

こんにちは。Citrix製品のサポートを担当している川東(かわひがし)です。

Citrix XenApp(※現在の製品名はCitrix Virtual Apps)は、複数のコンポーネントが連動して動作するため、公開アプリケーション起動で問題が発生した際に、起動処理の流れが把握できていると問題切り分けをスムーズに行える場合があります。今回は、XenApp6.5に関する記事になります。

  • 製品名の変更の詳細はこちら をご参照ください。

XenApp6.5のコンポーネントの説明を加えると内容が長くなりましたので2回に分けてお届けします。

今回:Web Interfaceサイトへのログインから公開アプリケーションアイコン一覧の表示
次回:公開アプリケーションのアイコンをクリックから起動完了

本記事では、「Web Interfaceサイトへのログインから公開アプリケーションアイコン一覧の表示」の処理の流れについてご説明します。


本記事で説明しているXenApp6.5環境の構成図

本記事では以下の構成図を用いて説明します。XenAppサーバ1号機にXenAppデータベースを同居する場合も多いと思いますが、今回は説明の都合上、XenAppデータベースを別サーバにしています。また、Citrix Secure Gateway は含めていません。

XenApp6.5の構成イメージ

Web Interfaceサイトへのログインから公開アプリケーションアイコン一覧の表示までの流れ

先ほどの構成図で、XenAppサーバの内部コンポーネントの一部を追記すると以下のようになります。
次項からは、各コンポーネントの説明をしながら、処理の流れを説明していきます。
※XMLサービス: Citrix XML Service
※IMAサービス: Citrix Independent Management Architecture サービス
※CGPサービス: Common Gateway Protocol サービス

XenApp6.5の通信イメージ1

それぞれの流れとコンポーネントの補足説明

① クライアント端末からWeb InterfaceのXenApp Webサイトにログインします。
(XenApp Servicesサイトを利用する場合も同様の流れになります)

② ログイン情報は Citrix XML Service に転送されます。どの XenAppサーバの Citrix XML Serviceに転送されるかは、以下の赤枠にあるWeb Interfaceサイトの設定によります。

WebInterfaceの設定

「負荷分散にサーバーの一覧を使用する」のチェックがついていない場合、フェールオーバーの動作(XA-01に接続できない場合、XA-02)になります。チェックがついている場合は負荷分散の動作(XA-01、XA-02、XA-01のように交互に接続)になります。
XenApp2号機のCitrix XML Service に送信された場合は、以下の図の流れになります。

XenApp6.5の通信イメージ1の別パターン

③ Citrix XML Serviceとドメインコントローラ間で認証処理が行われます

Citrix XML Service がWindowsのサービス画面が表示されない!?

XenAppインストール時に、IISのポート番号(80)とCitrix XML Service のポート番号を共有する設定にした場合は表示されません。 こちらの設定で運用時に、Citrix XML Serviceの動作が不安定に感じる場合は以下の手順を実施してCitrix XML Serviceのポート番号を80以外に変更すると改善する場合があります。

【手順】
1. XenApp サーバに管理者ユーザでログオンします。
2. コマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを実行します。以下の8080は他の番号も指定できます。
   ctxxmlss /R8080
   ※「R」は大文字です。「R」と「8080」(希望するポート番号)の間にスペースは入りません。

3. 管理ツールの[サービス]に「Citrix XML Service」が追加されますので、こちらのサービスを起します。
4.Web Interface 管理コンソールにて以下の2点を変更します。
・サーバーファームの編集画面(②の画面)で、XML Service ポートの値を変更
・Secure Ticket Authority(STA)の設定をしている場合は、http://XenAppサーバのFADN/Scripts/CtxSta.dll の値を、 http://XenAppサーバのFADN:ポート番号/Scripts/CtxSta.dll に変更します。



④と⑤ (説明の都合上、④と⑤を併せて説明します)Citrix XML Service は同じサーバ上の Citrix IMA Service を介してローカルホストキャッシュから、ログインしたユーザアカウントが利用できる公開アプリケーションの情報を取得します。

ローカルホストキャッシュとは

XenAppデータベースのコピーデータで各XenAppサーバに生成されます。この仕組みにより、XenAppとXenAppデータベースの通信が出来ない場合でもクライアント端末から公開アプリケーションの利用ができます。
※XenApp管理者が使用する管理コンソール(AppCenter)は利用することができません。

Citrix IMA Service は XenAppの中核となるサービスで、こちらのサービスに問題が発生すると、公開アプリケーションの起動ができません。
XenApp6.5の動作が不安定な場合や、Citrix IMA Service起動が失敗する場合、該当のXenAppサーバにてローカルホストキャッシュの再作成で改善する場合がありますのでお試しください。
ローカルホストキャッシュを再作成することで、XenAppデータベースのデータのコピーが再作成されます。

【手順】
1.XenAppサーバにてコマンドプロンプトを開きます。
2.net stop imaservice を実行します。
3.dsmaint recreatelhc を実行します。
※実行後、以下のメッセージが出力されることを確認します。

---
LHC データベースが再作成されました。
---

4. 以下のコマンドを実行します。

net start imaservice



⑥ Citrix XML Serviceは取得した該当ユーザの情報を Web Interfaceサイトに送信します。

⑦ Web Interfaceは、Citrix XML Serviceから取得した情報を元にWeb Interfaceサイトの画面を生成してクライアント端末に送信します。クライアント端末には、公開アプリケーションのアイコン一覧が表示されます。

まとめ

  • Web Interface サイトに入力したログインアカウント情報は、Citrix XML Service に転送されて、こちらのサービスがドメインコントローラに認証要求をします。
  • ログインしたユーザが利用できる公開アプリケーションアイコンの一覧は、ローカルホストキャッシュから取得しています。

いかがでしたか?原因がどこにあるか切り分けることで、早く問題を解決できるようになります。
次回は、「公開アプリケーションのアイコンをクリックしてから起動完了まで」の流れについて説明します。

Citrix製品紹介セミナーも定期開催しています

クライアント仮想化の基礎知識から、仮想化製品「Citrix Virtual Apps and Desktops(XenAppおよびXenDesktop)」の製品概要、導入検討時に注意すべき点などをご紹介します。
今お持ちのお悩みを解決し、Citrix製品をより有効に活用する方法を具体的に学ぶことができる内容になっております。

Citrixの設定・トラブル対処方法の良くあるFAQ10選プレゼント中

アシストのCitrixサポートセンターに良くある設定・トラブル対処方法のFAQ10選の資料を無料プレゼント中です。また、Citrix XenApp/XenDesktopの問題発生時に原因を切り分ける方法も掲載しております。以下のバナーからお気軽にダウンロードください。


筆者情報
仮想化事業推進室 東日本技術部 川東健吾

アシストに入社し、テスト系製品のカスタマーサポートを担当後、現在はCitrix製品を担当しています。XenAppとXenDesktopのトラブルシューティングや運用に役立つ情報を、長年のサポート対応の視点で分かりやすくお伝えしていきます。
学生時代から続けている映像制作の趣味の延長で、サポートセンター紹介動画も制作しました。https://www.ashisuto.co.jp/support/ の下のほうに動画があります。

関連している記事

  • トラブルシューティング
2019.04.07

Citrix NetScaler Gateway を使用した場合のXenApp7.15の公開アプリケーション起動処理の流れ

Citrix NetScaler Gateway を使用した場合のXenApp7.15の公開アプリケーション起動処理の流れについて説明しています。トラブルシューティング時の参考にして頂けますと幸いです。

  • トラブルシューティング
2019.03.23

XenApp7.15の公開アプリケーション起動処理の流れと使用されるポート番号(3)

クライアント端末からVDAサーバに対して公開アプリケーションの起動要求を送信してから起動完了までの処理の流れについて説明しています。

  • トラブルシューティング
2019.03.23

XenApp7.15の公開アプリケーション起動処理の流れと使用されるポート番号(2)

公開アプリケーションのアイコンをクリック後、起動用のICAファイルがダウンロードされるまでの処理について説明しています。

Citrix Virtual Apps and Desktops(XenAppおよびXenDesktop)」の製品概要セミナー Citrix Virtual Apps and Desktops(XenAppおよびXenDesktop)」の製品概要セミナー Citrixの設定・トラブル対処方法の良くあるFAQ10選 Citrixサポートセンターのご紹介

ページの先頭へ戻る