Citrixサポートブログ

Citrixサポートブログ>Citrix Virtual Delivery Agent が未登録になる原因を調査する方法

  • トラブルシューティング
2018.11.05

Citrix Virtual Delivery Agent が未登録になる原因を調査する方法

Citrix Virtual Delivery Agent が未登録になる原因を調査する方法

※Health Check Assistant の新しい画面に差し替えました。(2019/07/05 更新)

こんにちは。Citrix製品のサポートを担当している川東(かわひがし)です。

Citrix XenApp/XenDesktop(最近、製品名に変更があり Citrix Virtual Apps and Desktopsになりました)で公開アプリケーションが起動できない、仮想デスクトップが起動できないといった事象が発生した場合、Citrix Studio 上でVirtual Delivery Agent(以下、VDA)のマシンが「未登録」と表示されている場合があります。

  • 製品名の変更の詳細はこちら をご参照ください。

<イメージ>

Studioの未登録画面


上の画面は、以下の図のように一台のVDAをインストールしたサーバ(以下、VDAサーバ)が「未登録」状態になっています。

構成イメージ


こちらの図の状態の場合、VDAをインストールしたマシンを再起動すると「未登録」から「登録済み」に回復することができます。しかし、その後に「あの原因は何だったのだろう?」とモヤモヤされることはないでしょうか?そこで、本記事では、VDAサーバを再起する前に、少しの時間で問題箇所の確認ができる方法の一例をご紹介します。


Citrix Health Assistant を利用して「未登録」になる原因を調査する方法

Citrix Health AssistantというCitrixのツールを使用することで、VDAサーバが未登録になる原因を短時間で調査することができます。使用手順は以下をご参照ください。


(1)事前準備


Citrixサポートナレッジセンターの下記ページから「CitrixHealthAssistant.zip」 をダウンロードします。
https://support.citrix.com/article/CTX207624

CTX207624の画面


「Log in to Verify Download Permissions」のボタンが表示されている場合は、MyAccoutでログインしてください。ログイン後、表示が Download になりますので、こちらをクリックすると「CitrixHealthAssistant.zip」がダウンロードできます。

こちらのファイルを解凍後のCitrixHealthAssistantフォルダを、VDAサーバのC:\Temp フォルダ等に保存しておいてください。


(2)使用手順

VDAサーバが未登録状態になった場合、管理者アカウントでログイン後、「(1)事前準備」でVDAサーバ上に用意したCitrix Health Assistantフォルダ内のCitrixHealthAssistant.exe を実行します。Citrix Health Assistant画面にて以下を設定後、「Run Check Now」をクリックします。

・Run Locally

・I do not want to participate in the Customer Experience Improvement Program.

Citrix Health Assistantの実行結果画面1

Step2 の画面は、今回はチェックをつけずに「Next」をクリックします。

Citrix Health Assistantの実行結果画面2

本記事の環境では、以下のようにVDA Registration 赤色のマークが表示されています。
こちらをクリックします。

Citrix Health Assistantの実行結果画面3

VDA Service Status のエラー詳細で、”Citrix Desktop Service is stopped.”と原因が表示されています。

Citrix Health Assistantの実行結果画面3

Windows のサービス画面を確認すると、Citrix Desktop Service が停止していました。

Windows サービス画面


こちらを起動することで、VDAの登録状態が登録済みになりました。
CitrixHealthAssistant で問題箇所の特定ができましたので、次回再発時に同じエラーが表示された場合はVDAサーバの再起動ではなく、Citrix Desktop Serviceの再起動をすることで復旧時間を短縮できる可能性があります。


まとめ:「未登録」になる主な原因

未登録になる原因は以下のように複数あります。
太字は、弊社サポートセンターにお問い合わせいただく未登録の事象のなかでも比較的多い原因です。

・ VDAがインストールされていない
ドメインメンバーではない、もしくは、ドメイン認証に問題がある
・ VDAが使用するポートに問題がある
・ VDAのサービスに問題がある
・ Windows ファイアウオールでブロックされている
Delivery Controller との通信に問題がある
・ Delivery Controllerサーバのシステム時刻と同期されていない

今回のように Citrix Desktop Service の問題が原因であることが分かると、再発防止策としてVDAのバージョンアップや再インストールを試してみるなどの判断も素早くできます。CitrixHealthAssistantを使用したことがない場合は、お試しください。

※補足①
Citrix Desktop Service は、インストール時に回復処理が自動設定されているため、予期せぬ終了が発生した場合は自動起動されます。


Windowsサービス画面


※補足②
CitrixHealthAssistant の実行結果は、実行したフォルダ内のLogフォルダに、CitrixHealthAssistant.log で生成されます。


Citrix製品紹介セミナーも定期開催しています

クライアント仮想化の基礎知識から、仮想化製品「Citrix Virtual Apps and Desktops(XenAppおよびXenDesktop)」の製品概要、導入検討時に注意すべき点などをご紹介します。
今お持ちのお悩みを解決し、Citrix製品をより有効に活用する方法を具体的に学ぶことができる内容になっております。

Citrixの設定・トラブル対処方法の良くあるFAQ10選プレゼント中

アシストのCitrixサポートセンターに良くある設定・トラブル対処方法のFAQ10選の資料を無料プレゼント中です。また、Citrix XenApp/XenDesktopの問題発生時に原因を切り分ける方法も掲載しております。以下のバナーからお気軽にダウンロードください。


筆者情報
仮想化事業推進室 東日本技術部 川東健吾

アシストに入社し、テスト系製品のカスタマーサポートを担当後、現在はCitrix製品を担当しています。XenAppとXenDesktopのトラブルシューティングや運用に役立つ情報を、長年のサポート対応の視点で分かりやすくお伝えしていきます。
学生時代から続けている映像制作の趣味の延長で、サポートセンター紹介動画も制作しました。https://www.ashisuto.co.jp/support/ の下のほうに動画があります。

関連している記事

  • トラブルシューティング
2019.04.07

Citrix NetScaler Gateway を使用した場合のXenApp7.15の公開アプリケーション起動処理の流れ

Citrix NetScaler Gateway を使用した場合のXenApp7.15の公開アプリケーション起動処理の流れについて説明しています。トラブルシューティング時の参考にして頂けますと幸いです。

  • トラブルシューティング
2019.03.23

XenApp7.15の公開アプリケーション起動処理の流れと使用されるポート番号(3)

クライアント端末からVDAサーバに対して公開アプリケーションの起動要求を送信してから起動完了までの処理の流れについて説明しています。

  • トラブルシューティング
2019.03.23

XenApp7.15の公開アプリケーション起動処理の流れと使用されるポート番号(2)

公開アプリケーションのアイコンをクリック後、起動用のICAファイルがダウンロードされるまでの処理について説明しています。

XenApp6.5バージョンアップキャンペーン Citrix Virtual Apps and Desktops(XenAppおよびXenDesktop)の製品概要セミナー Citrixの設定・トラブル対処方法の良くあるFAQ10選 Citrixサポートセンターのご紹介

ページの先頭へ戻る