Citrixサポートブログ

Citrixサポートブログ>「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」を利用する3つの理由

  • 設計・構築・設定
2019.08.19

「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」を利用する3つの理由

「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」を利用する3つの理由

こんにちは。Citrix製品のサポートを担当している川東(かわひがし)です。

Citrix Virtual Apps and Desktops(旧製品名:XenApp and XenDesktop)の構築担当者様は、以下のような苦労をされたことはないでしょうか。

  • 製品名の変更の詳細はこちら をご参照ください。

  • デリバリーコントローラ、StoreFront、SQL Server、Citrix Gateway(旧製品名:NetScaler Gateway)を冗長構成で構築する際に時間がかかった
  • 構築スケジュールやマシンリソースの確保の調整が手間だった
  • StoreFrontやデリバリーコントローラで発生するエラーの対処に時間がかかった

また、運用担当者様は、以下のような苦労をされたことはないでしょうか。


  • ログ監視やリソース使用率の監視について選定と設定に手間がかかった
  • Windows Updateの適用、製品のバージョンアップに時間がかかった
  • Citrix Gatewayの証明書の更新作業のタイミングで前任者が異動しており作業手順が分からず困った

上記のような苦労をされたご担当様に是非利用して頂きたい製品が、Citrix Cloudの中の1サービスである「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」です。

本記事は、「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」を利用する3つの理由をご紹介します。


※関連記事


Citrix Virtual Apps and Desktops (オンプレミス)の冗長構成のイメージ図

まずは、オンプレミスの環境でCitrix GatewayとCitrix Virtual Apps and Desktopsを冗長構成で構築する場合のイメージをおさらいします。以下の赤枠のように、Citrix Gateway、StoreFront、デリバリーコントローラを冗長化するために多くのマシンが必要になります。
※以下の図は、CitrixサイトデータベースのSQL Server はミラーリングで構成しています。

オンプレミス環境のXenAppとXenDesktopの冗長構成イメージ

※構成例に関する他の記事


「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」の構成イメージ

「Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス」の場合は、前項の図の赤枠に含まれていたデリバリーコントローラ、StoreFront、Citrixライセンスサーバ、SQL Serverが Citrix Cloud に含まれます。

下図の緑枠と赤枠の通信は、2台のCitrix Cloud Connectorのサーバが仲介します。こちらのサーバは利用者側で用意する必要がありますのでご注意ください。
※Citrix Cloud Connectorは2台構成が推奨されています。

Citrix Cloudを購入すると、お客様の契約単位で以下の 赤枠内のサービス が用意されます。
Citrix Gateway、StoreFront、デリバリーコントローラ、SQL Serverは Citrix Cloud内で用意されており、管理もCitrix社が行います。ユーザ側の構築作業時間はゼロ、監視やバージョンアップ等の運用も手間がかりません。
※Citrix GatewayとStoreFrontをユーザ側の環境に配置することも可能です。構築作業は必要になります。
※下図は、Citrix Cloudで用意されたものを利用しているイメージ図になります。
※構成イメージについては、Citrix Cloud Virtual Apps and Desktops Service (CVADS) もご参考にしてください。(2019/09/01追記)

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの構成イメージ

「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」を利用する3つの理由

1.構築時間の短縮

前項の「Citrix Virtual Apps and Desktops サービスの構成イメージ」の図のように、ユーザ側で利用するマシンは以下になりますので構築時間を短縮できます。

  • Citrix Cloud Connector(2台が推奨)
  • Virtual Delivery Agentのマシン(利用ユーザ数により台数は変わります)
  • ドメインコントローラ(必要に応じて、移動ユーザプロファイル用のファイルサーバも用意します)
  • StoreFrontとCitrix Gatewayも、必要に応じてユーザ様の環境に用意します。

2.運用負荷の軽減

オンプレミスの環境の場合、デリバリーコントローラや、CitrixサイトデータベースのSQL Server のリソース監視やログ監視が必要です。また、こちらのサーバのWindows Updateの適用、Citrix製品のバージョンアップ作業も必要になることがあります。
「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」の場合、こちらは不要になりますので運用負荷の軽減が期待できます。
※オンプレミス環境にあるCitrix製品のマシン(VDAがインストールされたマシンや Citrix Cloud Connector)はユーザ様にて運用して頂く必要があります。


3.Citrix GatewayとStoreFrontはオンプレミスの環境に構築することも可能

社内利用の場合はオンプレミス環境にStoreFrontサーバを用意することで、社内からは暗号化していないICAセッションで利用して、社外からは暗号化されたICAセッションで利用できるように柔軟な構成も可能です。
たとえば、NetScaler Gatewayで2要素認証をしたい、社内利用の場合はICAのセッションを暗号化する必要がないためオンプレのStoreFrontを利用させたい場合にご検討ください。
緑の枠は、オンプレミス環境にあるマシンをイメージしています。

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの構成イメージ

まとめ

いかがでしたでしょうか? 社外からも公開アプリケーションや仮想デスクトップの利用ができる環境を短時間で用意して運用負荷を削減したい場合は、「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」を利用する価値は十分にあると思います。是非、ご検討ください!

次回は、「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」を使用した公開アプリケーションの利用環境構築手順の一例をご紹介します。



Citrix製品紹介セミナーも定期開催しています

クライアント仮想化の基礎知識から、仮想化製品「Citrix Virtual Apps and Desktops(XenAppおよびXenDesktop)」の製品概要、導入検討時に注意すべき点などをご紹介します。
今お持ちのお悩みを解決し、Citrix製品をより有効に活用する方法を具体的に学ぶことができる内容になっております。




Citrixの設定・トラブル対処方法の良くあるFAQ10選プレゼント中

アシストのCitrixサポートセンターに良くある設定・トラブル対処方法のFAQ10選の資料を無料プレゼント中です。また、Citrix XenApp/XenDesktopの問題発生時に原因を切り分ける方法も掲載しております。以下のバナーからお気軽にダウンロードください。


筆者情報
仮想化事業推進室 東日本技術部 川東健吾

アシストに入社し、テスト系製品のカスタマーサポートを担当後、現在はCitrix製品を担当しています。XenAppとXenDesktopのトラブルシューティングや運用に役立つ情報を、長年のサポート対応の視点で分かりやすくお伝えしていきます。
学生時代から続けている映像制作の趣味の延長で、サポートセンター紹介動画も制作しました。https://www.ashisuto.co.jp/support/ の下のほうに動画があります。

関連している記事

  • 設計・構築・設定
2019.08.28

「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」の検証環境構築手順の一例(3.Citrix Studioの設定)

「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」の検証環境構築手順です。Citrix Cloud 上のCitrix Studio を使用して、ホスト、マシンカタログ、デリバリーグループの設定手順をご紹介します。

  • 設計・構築・設定
2019.08.28

「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」の検証環境構築手順の一例(2.VDAのインストール)

「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」の検証環境構築手順です。本記事は、Virtual Delivery Agent のインストール手順をご紹介します。

  • 設計・構築・設定
2019.08.27

「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」の検証環境構築手順の一例(1.Citrix Cloud Connector サーバの用意)

「Citrix Virtual Apps and Desktops サービス」の検証環境構築手順です。本記事は、Citrix Cloud Connector のインストール手順をご紹介します。

XenApp6.5バージョンアップキャンペーン Citrix Virtual Apps and Desktops(XenAppおよびXenDesktop)の製品概要セミナー Citrixの設定・トラブル対処方法の良くあるFAQ10選 Citrixサポートセンターのご紹介

ページの先頭へ戻る