TOP>ニュース/新着情報>アシスト北海道開局準備レポート

2013年09月18日(水) お知らせ

アシスト北海道開局準備レポート



サポート専門のグループ会社として2013年1月17日に札幌に設立した「アシスト北海道」。現在、10名(9月1日時点)の社員が市ヶ谷サポートセンターにおいて研修を受けています。今回のレポートでは、アシストの北海道の設立経緯や、第一期社員として5月に入社した社員へのインタビューをお送りします。

写真左より:細井淳司(取締役)、杉江周子(新入社員/中途入社)、小野寺智士(新入社員/中途入社)、星博(取締役)


── アシスト北海道の設立のきっかけを教えてください。

東日本大震災をきっかけに、リスク分散とサポートサービスの提供継続、特に「24時間サポートサービスの安定提供」を担保するために新サポートセンターの設置計画が打ち出されました。そこで、開設地の選定にあたり、リスク面では大きな自然災害が少ないこと、採用面ではテクニカルサポートセンター業としての競合他社が少ないこと、といった点から「北海道札幌市」を選びました。

── アシストにはすでに4つのサポートセンター(東京、名古屋、大阪、宇部)がありますが、アシスト北海道に限ってグループ会社(別会社)にした理由を教えてください。

新会社で求められる就業規則が、現在のアシスト本社の就業規則では実現が難しい部分があったため、新会社を作りました。また、アシスト本社では、社員育成や組織の活性化のため、職種や勤務地にローテーション制度を導入していますが、アシスト北海道は職種変更や転勤もなしという条件で地元に根付いて仕事を続けられるかたを採用する会社として設立しました。

他の地区にあるサポートセンター(市ヶ谷、名古屋、大阪、宇部)との違いがあれば教えてください。

職種限定(技術職)、勤務地限定(札幌)を望まれるかたにとって勤めやすいことが一番の特徴だと思います。


── 新たに入社されたみなさんにお聞きします。アシスト北海道の社員募集に応募したきっかけや理由を教えてください。

募集を知ったのは就職支援サイトです。IT業界で、これぐらいの規模で、北海道での継続勤務を前提とした会社は他にはありませんでした。また、新会社の設立に関われることにも魅力を感じて応募しました。

東日本大震災があった後、何日か札幌に帰省しました。当時の東京は食品不足やエネルギー不足の不安があり、夜になると街の照明がすっかり消されている状況でした。しかし、札幌に戻ったところ、災害の影響や不安はまったく感じられず、あらためて災害が少ない土地であることを実感しました。

── 入社されて感じたアシストの社員や社内の雰囲気について教えてください。

社員については、上下関係の垣根がない、何でも話し合える、物腰が柔らい人が多いと感じました。また、若い人のスピーチが上手い、若い人にスピーチの場を多く与えていると感じました。

また、何かに困っていると、ごく自然に誰かが助けてくれる、話しかけるときちんと応対してくれますね。仕事中に誰かに話しかける際には「お時間いいですか」と前置きをするといった、相手に配慮する習慣が根付いていると感じました。

アシストの経営理念である『哲学と信念』を自分のものとして受け取っている方が多いと感じました。スケジュール管理ツールの社員プロフィール欄で公開されている他の社員の「My哲信」を見るのが楽しみの1つです。


── ここからは会社以外のことについてお聞かせください。北海道と東京とで習慣や文化の違いを感じられたことはありますか?

まずは、結婚式の披露宴の風習が異なります。東京では、披露宴は招待制でご祝儀を持参しますが、北海道では会費制で披露宴が行われます。

あと、北海道は道路が大きいので、車の運転速度は速く、運転は荒いです。歩行者がうかつに道路に飛び出すことはとても危険です。

東京と比べると、夏休みが終わるのが早く(~8月20日頃まで)、冬休が終わるのが遅い(~1月16日頃まで)です。夏休みが短いので、海水浴、BBQ、キャンプは別々にやるものではなく「海水浴+BBQ+キャンプのワンセット」で行うのが定番です。また、七夕は8月7日(旧暦)に行います。

冬の季節については、札幌では防寒設備が行き届いているので室内ではTシャツで過ごせます。札幌は除雪も行き届いているので安心です。むしろ冬場は東京のほうが寒いと感じました。東京にきて初めてしもやけになりました。

また、東京のような満員電車はありません。満員電車に乗っている人を見ると、東京の人のほうが辛抱強いのではないかと感じます。


── 最後に、「北海道」の魅力をお聞かせください。

食べ物が美味しいので、太ります。いろいろな種類のラーメン、豚丼、ジンギスカン、カニ等々、出張で来られた
かたはとにかく食事が楽しいと言われます。

札幌は都会なので何でもありますが、山と海も近いので、車で1時間くらいのところでも自然がたくさんあります。また道東には世界遺産の知床があり、雄大な景色を見ることができます。ぜひお越しいただければと思います。


ページの先頭へ戻る