TOP>ニュース/新着情報>新生フィナンシャル、全社標準オフィス・ソフトにOpenOffice.orgを利用

2012年03月26日(月) 事例

新生フィナンシャル、全社標準オフィス・ソフトに
OpenOffice.orgを利用

導入検討から運用展開まで、各種支援サービスをアシストが提供


2012年3月26日
株式会社アシスト
広報部

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、取締役社長:大塚辰男、略記:アシスト)が提供するOpenOffice.org各種支援サービスが、全社標準オフィス・ソフトとしてOpenOffice.orgを利用する新生フィナンシャル株式会社(代表取締役社長:梅田正太、略記:新生フィナンシャル)に採用されました。

 新生銀行グループの一員として、個人向けローン事業を展開する新生フィナンシャルは、従来利用していた商用オフィス・ソフトのサポート期限終了に伴ない、無償のオフィス・ソフトであるOpenOffice.orgの導入を検討し、2011年11月からOpenOffice.orgの本格運用を開始しました。対象PCは1,000台を超えます。

 新生フィナンシャルが本格的にオフィス・ソフトの導入検討を開始したのは2009年8月。オフィス・ソフト移行の勘所を理解するために、アシスト主催の研修「移行担当者コース」を受講した後、2010年2月よりOpenOffice.orgの評価、導入後を想定して問題点の洗い出しや対応策検討など評価検証を行い、課題はあるが移行の妨げになる大きな問題はないことから、OpenOffice.orgを全社標準オフィス・ソフトとして導入することを決定し、2011年11月に運用を開始しました。

 移行においては、「移行担当者コース」のほか、2010年2月から5月に「評価検証拡張ヘルプデスク」、6月から12月に「導入展開拡張ヘルプデスク」、2010年12月から「OpenOffice.orgヘルプデスクサービス」、「マクロ・ヘルプデスクサービス」といった各種支援サービスをアシストから受け、社員からのOpenOffice.orgに関する機能の問い合わせやトラブル対応、マクロ移行における問い合わせへの対応を行っています。

「OpenOffice.org/LibreOffice支援サービス」について


 OpenOffice.orgはオープンソースで開発され、ソースコードが公開された、無償で自由に利用できるオフィス・ソフトです。Microsoft Officeと高い互換性を持ち、高機能であり、大手企業/自治体による採用実績があること、ファイル形式に国際標準規格(ISO26300)および日本工業規格(JIS X4401)に登録されているODF(OpenDocument Format)が採用されていることなどから注目を集めています。

 アシストは、2007年6月よりOpenOffice.org支援サービスとしてヘルプデスク・サービス、集合研修、eラーニング・コンテンツを提供しています。また2010年2月より評価検証や導入展開に関する支援サービス、2011年4月よりOpenOffice.orgの派生ソフトウェアであるLibreOfficeの支援サービスを開始しています。

 Microsoft Office2003の延長サポートが2014年4月に終了することから、コスト削減のみならず、特定の事業者や製品からの脱却などを理由としてOpenOffice.org/LibreOffce支援サービスに関する問い合わせが増えています。アシストは今後もクライアントPC用オープンソース・ソフトウェアの利用促進に役立つ各種サービスを提供していきます。アシストの各種サービスは約140の企業や団体で採用されています。

新生フィナンシャル株式会社について


取締役会長:サンジーブ グプタ
代表取締役社長 兼 CEO:梅田 正太
設立:1994年10月
本社:東京都千代田区鍛冶町1丁目7番7号
URL:http://shinseifinancial.co.jp/
事業内容:消費者金融、その他

株式会社アシストについて


代表取締役会長:ビル・トッテン
取締役社長:大塚 辰男
設立:1972年3月
社員数:830名(2012年1月1日現在)
本社:東京都千代田区九段北4-2-1
URL:http://www.ashisuto.co.jp/

アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。複数のソフトウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システムを情報活用、運用、データベースのそれぞれの分野で支援しています。今年創業40周年を迎えるアシストは、ツールやサービスのアシスト独自の組み合わせにより「メーカー」を超える価値の提供を目指して活動しています。

アシストのオープンソースへの取り組み


アシストは2007年より「OpenOffice.org」を社内標準とすると共に、支援サービスを140以上の企業/団体に提供してきました。デスクトップではメーラーの「Thunderbird」、ブラウザの「Firefox」、オフィスソフト「LibreOffice」の支援サービスも開始しています。サーバではデータベース「PostgreSQL」、「Postgres Plus Advanced Server」、「MySQL/MariaDB」のサポートを提供しています。また、2011年よりサーバおよびデスクトップのLinux OSである「Ubuntu」のサポートも提供開始しました。

ニュースリリースに関するお問い合わせ


株式会社アシスト 広報部
担当:田口
TEL:03-5276-5850
URL:http://www.ashisuto.co.jp/contact/press/

「OpenOffice.org/LibreOffice支援サービス」に関するお問い合わせ


株式会社アシスト システムソフトウェア事業部 公開ソフトウェア推進室
担当:小屋敷、小川
TEL:03-5276-5807
詳細URL:http://www.ashisuto.co.jp/prod/officesoft/



※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。



上記リリースのPDF版は、以下のリンクよりダウンロードいただけます。


ページの先頭へ戻る