TOP>ニュース/新着情報>SONOKOがマーケティング分析と物流の在庫管理にQlikViewを導入

2013年12月20日(金) 事例

SONOKOがマーケティング分析と物流の在庫管理に
QlikViewを導入

顧客をQlikViewで徹底分析し、プロモーションに効果を発揮


2013年12月20日
株式会社アシスト
クリックテック・ジャパン株式会社

 株式会社SONOKO(本社:東京都中央区、代表取締役社長:権藤嘉江子、略記:SONOKO)は、マーケティングと物流オペレーションを支える情報分析プラットフォームに、株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)が取り扱う連想型高速インメモリBIツール「QlikView」(開発元/販売元:Qlik Technologies, Inc.、クリックテック・ジャパン株式会社)を採用しました。

 SONOKOは、「美しく健康に生きるための、すべて」という企業ビジョンに基づき、「美と健康」を自らの力で引き出すことを目的にした食品、サプリメント、化粧品事業を展開しています。サロンを併設した銀座の店舗および通信販売のオンラインショップをチャネルに製品を販売し、全国の30万人を超える顧客から高い支持を得ています。

 SONOKOのマーケティング戦略における重要課題は既存顧客のリテンション(維持)とロイヤリティの向上であり、そのためのプロモーション企画に、顧客情報をどこまで深く掘り下げて分析できるかが鍵となっていました。従来は分析を実施するたびに、マーケティング部門からIT部門に必要なデータの抽出を依頼していましたが、毎回条件の異なるアドホックなデータ抽出は作業負荷が高く、抽出から提供までに長い時間を要するため、リアルタイムデータを基にした分析ができないといった課題が挙がっていました。また、日次、週次、月次のデータとあわせて過去10年にわたるデータを分析しようとすると、検索結果を得るまでに数時間を要するなど、レスポンスの面でも課題があったため、このたび新たなBIプラットフォームとして「QlikView」が採用されました。採用の理由および現在までの活用効果は、次の6点です。

 1. マーケティング担当者が自ら必要なデータを抽出できるようになったため、IT部門は毎回クエリを作成してデータ
   を抽出する業務負荷がなくなった。
 2. 以前は数時間かかっていた検索結果が瞬時に表示されるようになり、データ量を意識せずに、過去10年を超える
   データをユーザの思考スピードに沿って分析し、仮説検証できるようになった。
 3. すべての顧客を購買履歴や最終購買日などからセグメント化でき、セグメント別に最適なプロモーションを企画
   できるようになった。
 4. マーケティング部門での成功を受けて物流部門に利用を拡大し、どのチャネルで、どの商品が、どれだけ売れて
   いるか、どれだけの在庫があるかを瞬時に把握できるようになった。
 5. 物流オペレーションの人による管理を低減でき、商品管理の効率化や発注業務の作業負荷が半減し、欠品や仕入れ
   予測など在庫管理に取り組めるようになった。
 6. 現場の担当者が積極的にデータを活用してみようという意識を持って業務に取り組めるようになった。

 2012年3月の利用開始以降、マーケティング・プロモーションはデータの分析結果を基に企画されるようになり、前年踏襲型や感覚で判断されがちだった施策はデータに基づいて意思決定されるようになりました。現在QlikViewは、マーケティング部門、物流部門、IT部門の15名に、日々の業務になくてはならないツールとして利用されています。

 今後は、CRMツールとしても活用を広げていくほか、営業部門が通信販売や店舗販売の状況を把握できる仕組みも計画中で、IT部門ではそのためのサポート体制を確立し、より多くの人にQlikViewを使ってもらえる取り組みを推進する予定です。

◎SONOKO社の QlikView 活用事例詳細
 http://www.ashisuto.co.jp/case/industry/retail/1195640_1562.html

QlikTech社と「QlikView」について


QlikTech(NASDAQ証券コード:QLIK)が提供する強力かつ便利なユーザ主導型情報分析プラットフォーム「QlikView」は、組織におけるすべての人の意思決定を迅速かつシンプルにします。QlikViewは、QlikTechが独自開発した特許取得済みの「連想技術」を用いてインメモリの能力を最大限活用するソフトウェアです。実際に使うユーザ自身の直観的な思考によって企業に蓄積されている膨大なデータを検索し、それに応じてリアルタイムに計算する技術で企業に大きな生産性向上をもたらします。開発/導入に数ヶ月、数年を要していた従来のBI製品とは異なり、QlikViewはわずか数日、数週間でビジネス上の価値を実感することができます。また、個人ユーザからグローバル企業まで、ノート・パソコンでもモバイル・デバイスでも、あるいはオンプレミスでもクラウド・コンピューティングでも利用することができます。QlikTechは、米国ペンシルバニア州ラドナーを本拠地とし、世界100ヵ国以上で、30,000社を超える顧客企業に製品とサービスを展開しています(2013年11月現在)。詳細は、http://www.qlikview.co.jp を参照ください。

株式会社SONOKOについて


代表取締役社長: 権藤嘉江子
設立:昭和49年9月26日
資本金:2億1,200万円
社員数:87名(平成25年11月現在)
本社:東京都中央区銀座5丁目9番1号
事業内容:食品事業、サプリメント事業、化粧品事業
URL:http://www.sonoko.co.jp

株式会社SONOKOは東京都中央区銀座に本社を置き、無添加・厳選素材にこだわった食品・サプリメント、自然由来の原料を使用した肌に負担をかけない化粧品(化粧用具・ボディケアやヘアケアなどのトイレタリー製品などを含む)の製造・販売事業を展開し、真の健康と美の実現を目指した「内外美容」を提供しています。店舗(銀座1店舗)・通信販売・オンラインを販売チャネルとし、店舗では自社製品を使用したサービスを提供する、カフェサロンとフェイシャルサロンの運営も行っています。また、海外では中国に支社を置き、2009年から現在まで、中国の上海久光百貨店、蘇州久光百貨店、瀋陽久光百貨店、上海環球金融中心の4店舗で化粧品・サプリメント・美容雑貨などの販売を行っています。

株式会社アシストについて


代表取締役会長:ビル・トッテン/代表取締役社長:大塚 辰男
設立:1972年3月
社員数:830名(2013年4月現在)
本社:東京都千代田区九段北4-2-1
URL:http://www.ashisuto.co.jp/

アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。「パッケージ・インテグレーター」として複数のソフトウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システムを情報活用、運用、データベースのそれぞれの分野で支援しています。今年は、新スローガン(「お客様の最高」のために)のもと、この3分野にさらに注力し、商用だけでなくオープンソース・ソフトウェアを含め顧客企業の立場に立った製品選定と独自の組み合わせによる製品/サービスの提供を一層強化し、活動していきます。

ニュースリリースに関するお問い合わせ


株式会社アシスト 広報部 担当:田口
TEL:03-5276-5850
URL:http://www.ashisuto.co.jp/contact/press/

「QlikView」に関するお問い合わせ


株式会社アシスト 情報基盤事業部 情報活用製品統括部 担当:浅村
TEL:03-5276-3653
詳細URL:http://www.ashisuto.co.jp/prod/qlikview/



※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。 
 その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。



上記リリースのPDF版は、以下のリンクよりダウンロードいただけます。


ページの先頭へ戻る