TOP>ニュース/新着情報>日本のモノづくりの現場を支えるMonotaRO、アシスト提供の「DataSpider Servista」、「InfiniDB」、「WebFOCUS」を採用

2014年04月30日(水) 事例

日本のモノづくりの現場を支えるMonotaRO、
アシスト提供の「DataSpider Servista」、「InfiniDB」、
「WebFOCUS」を採用

社内にある大量データの「見える化」を推進、将来のデータ分析も視野に


2014年4月30日
株式会社アシスト
広報部

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)が提供するデータ連携ツール「DataSpider Servista」(開発元:株式会社アプレッソ)、DWH専用データベース「InfiniDB」(開発元:米InfiniDB, Incorporated)、BIプラットフォーム「WebFOCUS」(開発元:米Information Builders, Inc.)が、製造業、建設・工事業、自動車整備業等を対象に、整備工具や各種工事業関連用品の通信販売を展開する株式会社MonotaRO(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:鈴木 雅哉、略記:MonotaRO)のデータ分析基盤として採用されました。

 MonotaROは、特に少量多品種で購買が煩雑な産業用間接資材に着目し、インターネットやカタログの通信販売を通して、顧客の購買に係る経費削減を支援しています。現在同社での取扱製品数は700万点を超え、国内外からの買い付け品の他、プライベートブランドの開発、販売を精力的に行い、品質、価格にこだわった商品を効率的に購買できるプラットフォームを提供することで事業展開しています。

 同社では、基幹、マーケティング、物流、商品、コールセンターなど全社で取り扱う、約5テラバイト(TB)に及ぶデータを、戦略的な商品やサービスの開発、販売推進などに役立てるために、以前よりデータの分析や活用に力を入れてきました。これまではMySQLにデータを蓄積し参照するプログラムを独自で作成/使用していましたが、開発工数がかかり負荷が大きく、見たい情報がすぐに参照できないといった事象が発生しており、データの収集から、蓄積、そして検索、参照までを効率よく開発できる仕組みを模索していました。

 そこで同社では、開発生産性の高さやリアルタイムでの見える化、さらに将来性を鑑み、多くの他製品やソリューションを比較検討した結果、性能だけでなく、メンテナンスや運用コストなどを考慮してもバランスの取れていた「DataSpider Servista」、「InfiniDB」、「WebFOCUS」の導入を2014年4月に決定しました。

 今回MonotaROが「DataSpider Servista」、「InfiniDB」、「WebFOCUS」を採用した主な理由は以下の4点です。

1. DataSpider Servistaはノンプログラミングでデータ連携処理部分を開発できるため、手作業による開発負荷が
  高かったデータ収集用のバッチプログラムを短期間で置き換えが可能。

2. InfiniDBはMySQLをベースとしているため、特別な教育などが不要ですぐに使用することが可能。また、将来的に
  分析用ツールを導入した場合でも、DWHとして利用が見込める。

3. WebFOCUSとその自由検索機能のInfoAssistは情報の「見える化」のための開発効率が高く、UIを細かく設定
  可能。また、リアルタイムな情報閲覧に適しており、全社員で利用した場合もライセンスのコストパフォーマンス
  が高い。

4. すべて情報活用分野に精通したアシストから導入できるため、ETL、DWH、BI製品の総合的なサポートを期待
  できる。

 MonotaROは新システムのカットオーバー後は、全社データを一元的に管理し、見える化のさらなる効率化や、分析効率の向上、また、特に物流面での業務効率向上を目指し、正確かつ迅速な情報解析や意思決定の基盤として、本システムを活用していく予定です。

「DataSpider Servista」について


DataSpider Servistaは、システムの接続方法やフォーマットの違いを意識することなく、素早く簡単に「つなぐ」ことができるデータ連携ソフトウェアです。プログラミングの高い知識を必要としないGUI開発環境を提供し、クラウドやSAP、データベースといった様々なタイプのデータを手軽に接続できるアダプタを介して、データ連携の自動化と業務の効率化を支援します。

「InfiniDB」について


列指向型超並列データベースであるInfiniDBは、「高速」、「シンプル」、「スケーラブル」を大きな特長とし、従来、DWH専用アプライアンスが得意とした大量データの分析をより低コストで実現する革新的なソフトウェアです。列指向型のアーキテクチャを採用し、優れたデータ圧縮率を誇るだけではなく、チューニングレス(インデックス不要)にもかかわらず極限までI/Oを削減し、高速かつ安定した性能を実現します。また、CPU、メモリなどを増設するスケール・アップやサーバを並列に追加していくスケール・アウトのいずれを選択することも可能であり、どちらを採用してもリニアな性能向上を実現します。

「WebFOCUS」について


WebFOCUSは、高い開発生産性と直感的な操作性という大きな特長のほか、Oracle、DB2などのリレーショナル・データベース、Oracle EBSおよびSAPをはじめとするERPパッケージ、IMS/DB、VSAMといったレガシー・システムなど、社内外に分散しているあらゆるデータ/システムとの接続性に優れたBIプラットフォームです。「オペレーショナルBI」のコンセプトのもと、経営層やアナリスト、現場の業務担当者のみならず、社外の顧客やパートナーまであらゆるユーザによる情報活用を可能にします。日本国内では1,110社を超える顧客への導入実績を誇ります。

株式会社MonotaROについて


代表執行役社長:鈴木 雅哉
創立:2000年10月
本社:兵庫県尼崎市竹谷町2-183
事業内容:事業者向け工場用間接資材の販売
URL:http://www.monotaro.com/

株式会社アシストについて


代表取締役会長:ビル・トッテン/代表取締役社長:大塚 辰男
設立:1972年3月
社員数:850名(2014年4月1日現在)
本社:東京都千代田区九段北4-2-1
URL:http://www.ashisuto.co.jp/

アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。「パッケージ・インテグレーター」として複数のソフトウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システムを情報活用、運用、データベースのそれぞれの分野で支援しています。今年も“「お客様の最高」のために”というスローガンのもと、この3分野にさらに注力し、顧客企業の立場に立った製品選定と独自の組み合わせによる製品/サービスの提供を一層強化し、活動していきます。

ニュースリリースに関するお問い合わせ


株式会社アシスト 広報部 担当:田口
TEL:03-5276-5850
URL:http://www.ashisuto.co.jp/contact/press/

「DataSpider Servista」、「WebFOCUS」に関するお問い合わせ


株式会社アシスト 情報基盤事業部 ビジネス推進部 担当:古賀 さとみ
TEL:03-5276-3653 
詳細URL:http://www.ashisuto.co.jp/prod/dataspider_s/
     http://www.ashisuto.co.jp/prod/webfocus/

「InfiniDB」に関するお問い合わせ


株式会社アシスト 情報基盤事業部 ビジネス推進部 担当:中村 剛
TEL:03-5276-3653
詳細URL:http://www.ashisuto.co.jp/prod/infini/



※「オペレーショナルBI」はアシストの登録商標です。
※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。



上記リリースのPDF版は、以下のリンクよりダウンロードいただけます。


ページの先頭へ戻る