TOP>ニュース/新着情報>大量データ分析/検索に特化したデータベース「InfiniDB」をより簡便かつ効果的に活用するための「InfiniDB技術情報サイト“インディの部屋”」開設

2014年05月13日(火) 製品/サービス

大量データ分析/検索に特化したデータベース「InfiniDB」を
より簡便かつ効果的に活用するための
「InfiniDB技術情報サイト“インディの部屋”」開設


2014年5月13日
株式会社アシスト
広報部

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)は、取扱製品である「InfiniDB」(開発元:米国InfiniDB, Incorporated)をより手軽に、そして効果的に活用するためのナレッジを集めた「InfiniDB技術情報サイト(通称:インディの部屋)」(http://infinidb-tech.ashisuto.co.jp/ )を開設しました。

  • 「インディ」は、InfiniDBのマスコットキャラクターの名称です。

 2012年にアシストが販売を開始して以降、「InfiniDB」は、ビッグデータの分析処理をシンプルかつ高速に実現する列指向型データベースとして、業種業態を問わず、多くの企業に採用されています。

 今回開設した「InfiniDB技術情報サイト“インディの部屋”」は、データ活用/分析基盤として利用されている「InfiniDB」の技術情報を無償で公開するナレッジサイトです。「InfiniDB」の製品概要や基本操作情報、その他利用の際に陥りやすいポイントの紹介など、「InfiniDB」に関する詳細な情報を得ることができます。

 アシストは、この技術情報サイトのコンテンツを随時拡充し、広く一般に情報を公開することで、InfiniDBの既存ユーザだけでなく、検討中の顧客企業を含めたより多くの企業にInfiniDBの浸透を図っていきます。

「InfiniDB技術情報サイト“インディの部屋”」について


掲載内容

「InfiniDB」について


列指向型超並列データベースであるInfiniDBは、「高速」、「シンプル」、「スケーラブル」を大きな特長とし、従来、DWH専用アプライアンスが得意とした大量データの分析をより低コストで実現する革新的なソフトウェアです。列指向型のアーキテクチャを採用し、優れたデータ圧縮率を誇るだけではなく、チューニングレス(インデックス不要)にもかかわらず極限までI/Oを削減し、高速かつ安定した性能を実現します。また、CPU、メモリなどを増設するスケール・アップやサーバを並列に追加していくスケール・アウトのいずれを選択することも可能であり、どちらを採用してもリニアな性能向上を実現します。

株式会社アシストについて


代表取締役会長:ビル・トッテン/代表取締役社長:大塚 辰男
設立:1972年3月
社員数:850名(2014年4月1日現在)
本社:東京都千代田区九段北4-2-1
URL:http://www.ashisuto.co.jp/

アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。「パッケージ・インテグレーター」として複数のソフトウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システムを情報活用、運用、データベースのそれぞれの分野で支援しています。今年も“「お客様の最高」のために”というスローガンのもと、この3分野にさらに注力し、顧客企業の立場に立った製品選定と独自の組み合わせによる製品/サービスの提供を一層強化し、活動していきます。

ニュースリリースに関するお問い合わせ


株式会社アシスト 広報部 担当:田口
TEL:03-5276-5850
URL:http://www.ashisuto.co.jp/contact/press/

「InfiniDB」に関するお問い合わせ


株式会社アシスト 情報基盤事業部 ビジネス推進部 担当:中村 剛
TEL:03-5276-3653
詳細URL:http://www.ashisuto.co.jp/prod/infini/



※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。



上記リリースのPDF版は、以下のリンクよりダウンロードいただけます。


ページの先頭へ戻る