TOP>ニュース/新着情報>ウェブクルーがeマーケットプレイスのROI測定に「QlikView」を採用

2014年07月17日(木) 事例

ウェブクルーがeマーケットプレイスのROI測定に
「QlikView」を採用

比較サイト「ズバット」の利用状況や成約の相関を分析し、プロモーションを強化


2014年7月17日
株式会社アシスト
クリックテック・ジャパン株式会社

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)が取り扱う連想型高速インメモリBIプラットフォーム「QlikView」(開発元/販売元:Qlik Technologies, Inc.、クリックテック・ジャパン株式会社)が、株式会社ウェブクルー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡辺 久統、略記:ウェブクルー)のデータ分析を支える情報分析プラットフォームに採用されたことを発表します。

 ウェブクルーは、比べて、選べて、“ズバッ”と決められるポータルサイト「ズバット」など、消費者の商品/サービス選定を支援する比較サイト(eマーケットプレイス)を運営しています。保険、引越し、車買取、結婚サービスの主要4分野をはじめ、全サービスでの利用者は累計1,000万人を突破するなど業界トップクラスの実績を誇り、保険代理店や飲食事業などリアルビジネスとの連動により、サプライヤと消費者をWebサービス上で結びつけ、消費者の生活に密着した有益な情報とサービスを提供しています。

 ウェブクルーでは、Webサービスを通じて収集したユーザプロファイルやサービス利用状況の集計/分析に集計ソフトやBIツールを利用していましたが、サービスごとのコンバージョン件数は1 ヵ月で数万件を超え、成約以外のデータも含めるとその何倍にものぼるため、従来のツールでは処理しきれなくなっていました。また、分析用のデータはシステム部門に準備してもらう必要があり、この作業に要する1週間程度のリードタイムが、上長や経営層へのタイムリーな報告を妨げるボトルネックになっていました。

 そこでウェブクルーは新しいBIツールの導入を検討した結果、2013年10月に「QlikView」の採用を決定しました。ウェブクルーがQlikViewを採用した理由および活用効果は、次のとおりです。

1. 以前導入したBIツールは、操作性やパフォーマンスの低さに加え、分析軸の変更が困難なことから社内全体に普及しなかったが、QlikViewは「使いやすい」「マニュアル無しでも使える」と利用現場の評価が高く、QlikViewから得られるデータをもとに社内の共通言語化を目指せる

2. 以前は分析のためのデータ作成をシステム部門に依頼する必要があったが、QlikViewではその作成作業自体が不要になりシステム部門の負荷とコストが大幅に削減、現場の分析担当者はいつでも最新のデータを対象に分析を開始できる

3. キャンペーン効果をQlikViewで分析した結果、コンバージョンと成約数の関係が明らかになり、プロモーションの投資対効果をより正確に測定できる

4. クライアントに対して、分析結果をもとに、より詳細で戦略的な提案を実施できるようになり、営業の提案力やコミュニケーション力の向上に寄与できる

5. QlikViewの導入により、売上予測を立てる作業は半日から1〜2時間に、複数のセグメントを設定したシミュレーション作業は3時間から15分に、レポートの作成時間はプログラミングが不要になり5分の1に短縮されるなど、タイムリーなデータ活用を実現できる

 ウェブクルーではQlikViewを導入した翌週には、引越しや自動車保険、車買取の事業の運営部門や広告部門、システム部門で本格的な活用をスタートしており、現在では50を超えるQlikViewのアプリケーションを利用しています。今後は、結婚サービスなどの事業にも横展開を進める予定で、QlikViewを誰もが使えるツールとして、全社員がマーケティング視点でデータを活用していくことを目指します。

◎事例詳細について
URL:http://www.ashisuto.co.jp/case/industry/finance/1196734_1558.html

QlikTech 社と「QlikView」について


QlikTech(NASDAQ証券コード:QLIK)が提供する強力かつ便利なユーザ主導型情報分析プラットフォーム「QlikView」は、組織におけるすべての人の意思決定を迅速かつシンプルにします。QlikViewは、QlikTechが独自開発した特許取得済みの「連想技術」を用いてインメモリの能力を最大限活用するソフトウェアです。実際に使うユーザ自身の直観的な思考によって企業に蓄積されている膨大なデータを検索し、それに応じてリアルタイムに計算する技術で企業に大きな生産性向上をもたらします。開発/導入に数ヶ月、数年を要していた従来のBI製品とは異なり、QlikViewはわずか数日、数週間でビジネス上の価値を実感することができます。また、個人ユーザからグローバル企業まで、ノート・パソコンでもモバイル・デバイスでも、あるいはオンプレミスでもクラウド・コンピューティングでも利用することができます。QlikTechは、米国ペンシルバニア州ラドナーを本拠地とし、世界100ヵ国以上で、32,000社を超える顧客企業に製品とサービスを展開しています(2014年4月現在)。詳細は、http://www.qlikview.co.jpを参照ください。

株式会社ウェブクルーについて


代表取締役社長:渡辺 久統
設立:1999年10月1日
資本金:1,567,511,650円(2014年3月31日現在)
従業員数:単体:109名 連結:1,467名(2013年9月末現在)
本社:京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー13F
URL:http://www.webcrew.co.jp/

株式会社アシストについて


代表取締役会長:ビル・トッテン/代表取締役社長:大塚 辰男
設立:1972年3月
社員数:850名(2014年4月現在)
本社:東京都千代田区九段北4-2-1
URL:http://www.ashisuto.co.jp/
アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。「パッケージ・インテグレーター」として複数のソフトウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システムを情報活用、運用、データベースのそれぞれの分野で支援しています。今年も“「お客様の最高」のために”というスローガンのもとこの3分野にさらに注力し、顧客企業の立場に立った製品選定と独自の組み合わせによる製品/サービスの提供を一層強化し、活動していきます。

ニュースリリースに関するお問い合わせ


株式会社アシスト 広報部 担当:田口
TEL:03-5276-5850
URL:http://www.ashisuto.co.jp/contact/press/

ホフマン ジャパン株式会社(クリックテック広報代理) 担当:白井/田中
TEL:03-5159-5750
E-Mail:mshirai@hoffman.comstanaka@hoffman.com

「QlikView」に関するお問い合わせ


株式会社アシスト 情報基盤事業部 情報活用製品統括部 担当:浅村
TEL:03-5276-3653
詳細URL:http://www.ashisuto.co.jp/prod/qlikview/

クリックテック・ジャパン株式会社 担当:安部
TEL:03-6277-7079
E-Mail:Tomoo Abe (Tomoo.Abe@qlik.com)



※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。 
 その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。



上記リリースのPDF版は、以下のリンクよりダウンロードいただけます。


ページの先頭へ戻る