TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>クラウド基盤>Oracle Cloud>ダウンロード

Oracle Cloud

Oracle Cloudは、仮想サーバ、ストレージ、データベース、Javaなどの豊富な機能を提供するクラウドサービスです。必要なリソースを、必要なときに、必要なだけ利用できます。

無料ダウンロード資料のご案内

アシストのデータベース・エバンジェリストがお届けするOracle Cloudの最新情報。ダウンロード資料と技術コラムで提供しています。ご検討状況に合わせてお気軽にご利用ください。その他の資料請求や各種ご相談は、 こちらからお問い合わせ ください。

DBオンライン電子版『2018年のOracle Databaseを見極める』 冊子

DBオンライン電子版『2018年のOracle Databaseを見極める』 冊子


弊社 岸和田隆の参加したOracle Database座談会2つの様子をひとつにまとめた冊子です。
DB Onlineチーフキュレーターの谷川耕一氏を司会に迎え、それぞれ率直な議論が交わされました。

 座談会1:Oracle Database Standard Editionユーザーが次に選ぶべきDBはどれだ?!
   岸和田隆 :株式会社アシスト    桑内崇志氏:日本オラクル株式会社
   渡部亮太氏:株式会社コーソル    谷川耕一氏:DB Online チーフキュレーター

  ・SE2 への一本化で既存ユーザーに先行きの不安が生じた?
  ・世間で言うほどOracle 離れは進んでいない?
  ・「この機会にEE を」というユーザーにとっての最適解とは?
  ・ライセンス料以外のコストが移行のハードルを上げていく?

 座談会2:ありのまま話すぜ!Oracle Cloud のOracle Databaseを使うメリット/デメリット
   岸和田隆 :株式会社アシスト    田村慎二氏:ワム・システム・デザイン株式会社
   山本祐介氏:日本オラクル株式会社  谷川耕一氏:DB Online チーフキュレーター

  ・Oracle Cloud採用の決め手になったのは?
  ・「DB をクラウド移行できるか?」の3つの判断ポイントとは?
  ・PaaS とIaaS の組み合わせで横展開もカンタン!
  ・クラウド自体の速さとシステムの見かけ上の速さは異なる、とは?


Exadataが月額2万円?噂の新サービスを速攻レビュー

Exadata Express Cloud Serviceとは Exadataが月額2万円?噂の新サービスを速攻レビュー

Exadata Express Cloud Serviceとは
 ~Exadataが月額2万円?噂の新サービスを速攻レビュー~

フルマネージド の Oracle Database Enterprise Editionを手軽に利用できる最新サービス Exadata Express Cloud Service をアシストが徹底レビューした資料です。
Oracle Databaseの最新バージョン 12c Release2 へのバージョンアップテスト環境が必要な方、社内の小規模システムをクラウド化し、運用の手間もなくしたい方、クラウド・ネイティブのアプリ開発を検討中の方に特にオススメの資料です。

※2016年10月25-26日開催の『Oracle Cloud Days Tokyo 2016』でのアシストの講演資料です。


お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

クラウド基盤の関連製品/サービス

ページの先頭へ戻る