TOP>事例>情報サービス>実践的な研修内容と後から使いやすいテキストが決め手。国内唯一のオリジナルOracle研修を採用

実践的な研修内容と後から使いやすいテキストが決め手。国内唯一のオリジナルOracle研修を採用

株式会社電通国際情報サービス

導入製品/サービス…
Oracle Database  


株式会社電通国際情報サービス Oracle研修 事例

技術者育成において「実務で活用できる」研修を採用することは非常に重要です。利用者の立場に立った実践的な研修内容やテキストであれば、短期間で現場で活躍できる技術者育成が可能です。電通国際情報サービス(以下、ISID)では、それができるアシストOracle研修 を採用し、実務に強い技術者育成に取り組んでいます。

株式会社電通国際情報サービス

導入のPOINT


1. 講師自らが作成したオリジナルテキスト
2. 具体的かつ実践的なカリキュラム
3. 柔軟なカスタマイズ


採用の背景

  • ISIDの社内研修としてOracle研修を検討
  • アシスト営業による案内で、アシストが国内で唯一、オリジナルテキストを使用したOracle研修を開催していることを知る
  • 研修の採用条件として、内容やテキストの完成度だけでなく、カスタマイズの自由度が高いことも重要視

採用の理由

  • オラクル社認定研修の場合は認定テキストを使用するため、研修会社の特性が表れにくい。アシストはオリジナルテキスト使用が魅力
  • 認定テキストに比べ、より利用者の立場に立った実践的な内容
  • 日数調整や解説項目の追加/削除など、柔軟なカスタマイズが可能

採用後の評価

  • 研修内容は具体的かつ実践的で、すぐ業務で活用できそうと高い評価
  • テキストはポイントが整理され、かつ利用者視点の噛み砕いた表現で書かれ、受講後にはリファレンスとして使いやすい
  • テキストの評価は、どの実施回においても、大変高い

導入研修概要

2009 年にOracle アーキテクチャと運用管理のスキルを習得できる「データベース管理基礎」研修をスタート。その後、研修内容のブラッシュアップを続けながら、体系的なスキル習得を目的として複数の研修を導入。2014 年からは4 研修を実施。各研修とも、研修前後に理解度テストを実施し、効果を測定。


導入研修概要


PDFダウンロード


本事例をまとめたPDF資料を今すぐダウンロードいただけます。印刷や社内共有等にご活用ください。


充実したアシストの研修コース


アシストでは、販売、サポートで培った実績をもとに、経験豊富な講師陣が研修を実施しています。実務で使える実践的な内容にきっとご満足いただけます。

会社名 株式会社電通国際情報サービス
概要 電通と米国のGeneral Electric Company(GE)との合弁で設立。電通グループのITソリューション事業を手掛ける他、クラウドやソーシャルメディアの活用などのソリューションを展開。
本社 東京都港区港南2-17-1
設立 1975年12月11日
資本金 81億8,050万円
従業員数 2,559名(2015年12月末現在)
URL http://www.isid.co.jp/
取材日 2016年2月

関連製品/サービス

Oracle Database

Oracle Databaseは、高い性能と信頼性を誇る業界標準のRDBMS(リレーショナル・データベース管理システム)です。アシストは国内で初めてOracle Databaseの販売/サポートを開始し、25年以上に渡ってお客様のデータベース構築/運用を支援しています。

  • 導入効果を最大化する「アシスト品質」のサポート
  • 顧客満足度90%のプロダクトサポート
  • 国内最大級の専任技術者による全国サポート体制

詳細へ

研修についてのお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る