TOP>研修>研修コース一覧>Oracle研修

Oracle研修

アシストのOracle研修は、全コースが実践を重視したオリジナル研修です。20年以上の歴史を持つ実績ある研修に、ぜひお越し下さい。

Oracle研修コース一覧

Oracle Database 12c Release1までの内容をカバーしています。
研修テキスト内には、各機能が利用できるようになったバージョンを明記しているため、以前のバージョンをお使いの方でも安心してご受講いただけます。
※「Real Application Clusters 12c」は、Oracle Database 12c Release1(12.1.0.1)のみに対応しています。

コース名 形式 日数 チケット 開催会場
Oracle入門 講義 1日 2枚 東京(市ヶ谷)、名古屋、大阪、福岡
SQLトレーニング 実習 3日 9枚 東京(市ヶ谷)、名古屋、大阪
PL/SQLプログラミングI 実習 3日 12枚 東京(市ヶ谷)、大阪
PL/SQLプログラミングII 実習 2日 8枚 東京(市ヶ谷)、大阪
データベース・アーキテクチャ 講義 2日 8枚 東京(市ヶ谷)、名古屋、大阪
データベース・マネジメント 実習 3日 12枚 東京(市ヶ谷)、名古屋、大阪
バックアップ・リカバリ 実習 2日 8枚 東京(市ヶ谷)、大阪
Recovery Manager入門 実習 1日 4枚 東京(市ヶ谷)、大阪
SQLパフォーマンス・チューニング 実習 3日 12枚 東京(市ヶ谷)、大阪
Oracleパフォーマンス・チューニング 実習 2日 8枚 東京(市ヶ谷)、大阪
Real Application Clusters 12c 講義 1日 4枚 東京(市ヶ谷)、大阪
SQL応用 実習 1日 2枚 東京(市ヶ谷)、大阪

新入社員向けのIT基礎研修やOracle新入社員向けパック、またPL/SQLプログラミングの速習パックなど、各種オンサイトパックコースをご用意しておりますので、お気軽にお問合せください。

ORACLE MASTER資格取得を目指す方へ

アシストの研修で、最も重要な基礎と実践スキルを習得し、その後にORACLE MASTERの試験対策(オラクルマスター教科書やiStudyなど)を行うことで資格を取得されたお客様も数多くいらっしゃいます。

研修前後の腕試しテスト

研修の受講前後にチャレンジいただけるテストをご用意いたしました。受講前テストには、各研修のポイントをピックアップした問題を出題しています。受講前のスキル確認や、研修内容の把握にご利用ください。

受講モデル

研修終了後、受講者の皆様からからいただいたアンケートのコメントを一部抜粋して掲載しています。受講コース選定時の参考にご覧ください。

受講モデル

研修の特長

実践的なオリジナル研修

アシストのOracle研修コースは、1987年に総代理店としてOracleの販売を開始した頃からの歴史があります。アシスト独自のオリジナル研修としてブラッシュアップを重ね、実践的な内容であると評価をいただいて参りました。入門レベルから上級レベルまで幅広くご用意している各コースの研修テキストは、複数の講師が自ら作成しており、図解、例題をふんだんに使用しています。現場に戻って、すぐにご活用いただけることを重視したテキストです(テキスト代金は、研修代金に含まれています)。

Oracle研修は、Oracle Database12cに対応し、新機能情報を盛り込んだ内容で開催しております。各バージョンからの新機能につきましては、新機能マークを表示しているため、以前のバージョンをお使いの方でも問題なくご受講いただけます。

受講後をしっかりとアフターサポート

研修中に理解できたと思った内容が、現場に戻った後に思い出せなくなったり、もう一度確認したくなることはよくあることです。 アフターサポートサービスでは、研修受講後3ヶ月間、研修内容について、いつでも、いくつでもご質問いただけます。
また、他のお客様からいただいたご質問をまとめたFAQや、テキスト内で使用しているサンプルスクリプトのダウンロードサービスなど、研修後の復習をしっかりとサポートします。研修で学んだ内容は、実務で活用してはじめて価値となります。ぜひ、研修の復習にお役立てください!

受講者の声

  • Oracleに限定せずデータベースの入門として非常に分かりやすい内容になっていました。(Oracle入門コース)
  • Oracleデータベースの管理について、基本的な事や注意すべき点が幅広く網羅されていると思いました。(データベース・マネジメントコース)
  • もっと早い時期に受講するべきと自省するような、普段の業務における悩みがクリアになる内容でした。同僚にも是非すすめたいと思います。(SQLパフォーマンス・チューニングコース)


ページの先頭へ戻る