TOP>研修>研修コース一覧>Oracle研修>SQLトレーニングコース

SQLトレーニングコース

SQLトレーニングコース

リレーショナル・データベースを扱う上で必須の言語である、SQLの基本構文、使用方法を(SELECT処理を中心に)多くの実習時間を交えながら解説します。これから初めてOracleを使用した開発・管理を行う方(新入社員も含む)にお薦めです。また、「Oracle入門」コース受講後に併せてご受講いただくと、RDBMSの基本スキルが身につきます。本コースは、Oracleの標準ツールであるSQL*Plusを使用してSQLを学びます。SQL*Plusのコマンドリファレンスも別冊でお渡ししており、現場で活用できると好評です。

形態 実習
日数 3日間
チケット枚数 9枚
コース内容 ・問合せの基本操作、応用操作
データを検索するコマンドについて

・DML(データ操作)の基本操作
データを追加、更新、削除するコマンドについて

・トランザクション制御
特定の処理を確定、または取消す単位であるトランザクションについて。またトランザクションを利用したロック、読取り一貫性の機能について

・DDL(データ定義)の基本操作
表、ビューの作成方法や制約の定義方法などについて
受講対象 初めてSQLを使用される方。SQLを使用してアプリケーション開発される方、データベースを管理者される方。
受講前提 「Oracle入門」を受講された方。
もしくは下記条件を満たしている方。

<コンピュータの基礎>
・マウスやキーボードの簡単な操作が行える。
・ 基本的なタイピングを行える。
・メモリー、ディスクなどの基本的なIT用語を理解している。

<リレーショナル・データベースの基礎>
・データは列と行の2次元の表形式で表現されることを理解している。
・関連性が強いデータごとに表を分けて格納し、必要に応じて複数の表を結合できることを理解している。
オリジナルテキストのサンプル 目次 PDF[56KB]
本文 PDF[286KB]
受講後のおすすめコース ・Oracleデータベースで開発を行う人は...
 「PL/SQLプログラミングI」「PL/SQLプログラミングII

・データベースの内部構造、仕様をきちんと理解したい人は...
 「データベース・アーキテクチャ
受講者の声 『Oracle入門、SQLトレーニングと続けて受講することで、Oracleの基礎を固めることができた』
『新入社員のため不安でしたが、演習時間が十分にとられていたので楽しんで受講できました』
『知識の再確認、復習もあって受講したが、初めて知る構文や情報もあり、とても充実した研修だった』
『テキスト内容がわかりやすく、また実際に自分自身で色々と操作ができるので理解がしやすかった』


ページの先頭へ戻る