TOP>研修>研修コース一覧>Oracle研修>バックアップ・リカバリコース

バックアップ・リカバリコース

バックアップ・リカバリコース

Oracleを構成する各種ファイルの、適切なバックアップ方法と、障害発生時のリカバリ方法を実習を行いながら習得します。障害発生に備えて、適切なリカバリ方法を学びたいという方にお薦めです。

形態 実習
日数 2日間
チケット枚数 8枚
コース内容 ・バックアップ・リカバリ概要
データベースに発生する各障害の概要とエラーの把握方法について

・インスタンス障害とリカバリ
障害復旧に備えた仕組みとインスタンス障害からのリカバリ方法について

・メディア障害とバックアップ・リカバリ
バックアップの種類・取得方法、メディア障害発生時の基本的なリカバリ方法について

・ケースごとの対処方法
データファイル、REDOログファイル、制御ファイルに障害が発生した際のケースごとの対処方法について
受講対象 データベース管理者の方。
受講前提 「データベース・アーキテクチャ」、「データベース・マネジメント」を受講された方。
もしくは下記条件を満たしている方。

<Oracleアーキテクチャと運用管理の基礎>
・Oracle Serverはデータベースとインスタンスから構成されていることを理解している。
・データベースを構成する各ファイルの役割と基本的な運用管理方法を理解している。
オリジナルテキストのサンプル 目次 PDF[53KB]
本文 PDF[384KB]
受講後のおすすめコース ・ツールを利用したバックアップ・リカバリを検討したい方は...
 「Recovery Manager入門

・Real Application Clusters(RAC)を利用されている方は...
 「Real Application Clusters 11g
受講者の声 『テキストに数多くのケーススタディが紹介されており、Oracleのバックアップ・リカバリ経験があまり無い自分にも分かりやすかった』
『今まで会社で行ってきたバックアップ・リカバリに対する管理方法が間違っていなかったと実感できたのは大きい』
『普段なかなかリカバリ作業を体験することはできませんが、多くの実習時間が用意されていて、学んだことをすぐに試せたのは貴重な経験となった』


ページの先頭へ戻る