TOP>研修>研修コース一覧>Oracle研修>SQLパフォーマンス・チューニングコース

SQLパフォーマンス・チューニングコース

SQLパフォーマンス・チューニングコース

効率的に処理を行えていないSQLは、データベースのパフォーマンスに大きな影響を及ぼします。本コースでは、効率的にSQLを処理するために、適切に索引(インデックス)を使用する方法を解説します。また、SQLを記述する際の注意事項の他、複数の表を結合する際に行われる内部動作を理解し、そのチューニング技法が習得できます。
※本コースは「コストベースオプティマイザ」を使用することを基本とした構成にしています。Oracle10g以降、「ルールベースオプティマイザ」は廃止されています。

形態 実習
日数 3日間
チケット枚数 12枚
コース内容 ・SQLの診断ツール
動的パフォーマンス・ビュー、SQLトレース機能、TKPROFユーティリティ、EXPLAIN PLANコマンドの使用方法など

・索引の作成と管理
B*Tree索引の特徴・利点と作成方法、また索引の管理方法について

・効果的なSQLの記述方法
索引を効率的に使用するためのSQLの記述方法について

・結合
複数の表を結合した際の内部動作について

・コストベース・オプティマイザ
コストベース・オプティマイザの適切な目標選択と、統計収集方法・管理について
受講対象 アプリケーション開発者/データベース管理者の方。
受講前提 「SQLトレーニング」、「データベース・アーキテクチャ」を受講された方。
もしくは下記条件を満たしている方。

<SQLの基礎>
・SQLの基本的な構文を理解している。

<Oracleアーキテクチャの基礎>
・Oracleで利用される共有メモリの構造、物理的なファイルの構造などの基本的なアーキテクチャを理解している。
オリジナルテキストのサンプル 目次 PDF[57KB]
本文 PDF[206KB]
受講後のおすすめコース ・データベース全体のパフォーマンス診断方法、問題解決方法を習得したい人は...
 「Oracleパフォーマンス・チューニング
受講者の声 『基礎的な部分とテクニック的な部分の調和がとれていて、とても分かりやすかった。知っておくと便利という内容がとても助かる』
『演習中心に構成しており、開発者(初心者・中級者)向けにベストな研修だと思います。』
『索引(インデックス)を効率的に使用するための注意事項、表の結合における考慮事項が大変参考になった』
『昨日学んだ内容を今日の業務で早速活かせる、そんな内容でした』
『前半に基礎知識、概要をしっかり解説してくれるので、後の専門的な内容も非常にわかりやすかった』


ページの先頭へ戻る