TOP>事例>製造業>6,000台超のPCに秘文を導入。シンクライアント専用機並みの厳格なエンドポイントセキュリティを実現

6,000台超のPCに秘文を導入。シンクライアント専用機並みの厳格なエンドポイントセキュリティを実現

日本精工株式会社

導入製品/サービス…
秘文  

情報セキュリティ施策の一環として、シンクライアント導入をはじめとするエンドポイントセキュリティ強化に重点的に取り組んできたNSK。その目玉とも言えるのが、「秘文」の導入でした。同社はシンクライアント専用機以外のPCすべてに秘文を導入することで、無線LANを介したインターネットへの直接接続をシャットアウトし、PC上に保存したデータの流出を確実に防止する仕組みを構築しました。

日本精工株式会社

導入のポイント


1.業務上データ持ち出しが必要なPCに対しても、シンクライアント環境並みのセキュリティレベルを確保
2.PCを社外ネットワークに接続した際、VPN利用を強制する機能が、求めていたニーズにぴったりフィット
3.エンドユーザに負担を強いることなくセキュリティレベルの底上げを実現


課題

  • 10年前と比べて売り上げも2倍に増加し、グローバルにビジネス展開を行っている現在、経営基盤の整備とセキュリティレベルの底上げが必須となった
  • 『性善説』から考え方をシフトし、ルール設定だけではなくシステム側でも情報漏洩対策を行うことになった
  • シンクライアント専用機の全台導入を目指したが、業務上データ持ち出しが必要な場合もあり、無線LAN経由の情報漏洩を防止する製品を模索していた

対策

  • シンクライアント専用機以外のPCに無線LAN制御機能を持つ「秘文」を全台導入し、社内利用/社外利用に関わらず、外部Wi-Fi接続時には、VPN経由でのインターネット接続のみ許可し、必ず社内と同等のセキュリティレベルが確保できるように設定を行った

効果

  • 業務上データ持ち出しが必要なPCも、利便性を落とさずに、シンクライアント専用機同等の高レベルのセキュリティを確保
  • 海外出張先のホテルや社外業務においてPCを利用する際、必ずVPN経由でインターネット接続が行われるようになり、セキュリティリスクが大幅に低減
  • ユーザが持ち込むスマートフォンのテザリングやモバイルルーターを経由したインターネット接続による不正な情報持ち出しを防止

システム概要



PDF、製品資料ダウンロード

本事例をまとめたPDF資料を今すぐダウンロードいただけます。印刷や社内共有等にご活用ください。

この事例で採用された製品資料をプレゼント

この事例で採用された秘文の関連資料として、1枚でわかる概要資料、価格表、システム要件、基本構成例を無料でダウンロードいただけます。

お客様情報

会社名 日本精工株式会社
概要 国内売上げNo.1、そして世界的にも屈指の規模を誇るベアリングメーカー。1960年代から早くも海外に進出し、現在では北米・欧州・アジア各地に数多くの拠点を構えるグローバル企業として、世界中で幅広くビジネスを展開中。
所在地 東京都品川区大崎1-6-3(日精ビル)
設立 1916年11月8日
資本金 672億円(2016年3月31日現在)
従業員数 31,587人(2016年3月31日現在)
URL https://www.jp.nsk.com/
取材日 2016年2月

関連製品/サービス

秘文

秘文は、様々な場面における情報漏洩リスクから企業を守るセキュリティ・ソフトウェアです。情報を暗号化し、不正な利用を防止する紛失・盗難対策をはじめ、各種デバイスやメール添付ファイル、Webアップロードなどによる情報の持ち出しを制御します。

  • 実績豊富なセキュリティ対策 (暗号化/持ち出し制御)
  • PC、メール、Webからスマートデバイスまで幅広く対応
  • 1ライセンスから購入可能なライセンス体系

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る