TOP>事例>商社/流通/卸/小売>原因不明のジョブ管理システム性能劣化問題をJP1/AJS3リスクアセスメントサービスで徹底解明

原因不明のジョブ管理システム性能劣化問題をJP1/AJS3リスクアセスメントサービスで徹底解明

株式会社ベルーナ

導入製品/サービス…
JP1  


株式会社ベルーナ JP1導入事例

通販大手のベルーナでは、自社システムの運用監視で利用しているJP1ジョブ管理システムの性能劣化問題に悩まされていました。そこで同社は、劣化の原因を切り分けるべく、アシストの「JP1/AJS3リスクアセスメントサービス 」を利用しました。その結果に基づくチューニングとJP1バージョンアップを行うことで、ジョブ管理システムの性能を大幅に向上させることに成功しました。

  • JP1/AJS3 は JP1/Automatic Job Management System 3 の略称です。

導入のPOINT


1. アセスメントの結果により潜在的な問題点が浮き彫りに、ジョブ管理システムの性能劣化の根本原因が判明
2. ジョブ数の削減に加え、JP1のチューニングや設定変更で大幅な性能改善を実現
3. JP1 V10へのバージョンアップに伴いデータベースの自動メンテナンスを実現

課題

  • JP1ジョブ管理システムの性能劣化の根本原因をつかめずに業務を継続していた
  • JP1が常に稼働しており、メンテナンスのために停止させることができなかった
  • 製品ログファイルが短期間で上書きされ、障害調査のための分析を行えなかった

対策

  • 性能劣化の原因を探るべく「JP1/AJS3リスクアセスメントサービス」を利用
  • JP1 V10の自動メンテナンス機能を活用すべく、JP1のバージョンアップを実施
  • 製品ログファイルのサイズや保存世代数の設定を根本から見直し

効果

  • アセスメントによりあらゆる問題点が可視化、ジョブの負荷分散を施すことで性能改善を実現
  • JP1を停止させることなく自動的にメンテナンスが行われる運用を実現
  • 製品ログファイルの保持期間が延びたことで詳細な問題切り分けや調査が可能に

システム概要イメージ


システム構成イメージ



事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 株式会社ベルーナ
概要 ファッション通販カタログ「ベルーナ」をはじめとした各種通販事業で業界トップクラスのシェアを持つほか、店舗販売や金融事業、不動産業など、幅広いビジネスを手掛けています。
本社 埼玉県上尾市宮本町4番2号
設立 1977年6月
資本金 10,607百万円
従業員 1,430名(2015年3月期 連結)
URL http://belluna.co.jp/
取材日 2015年11月

関連製品/サービス

JP1

JP1は、国内トップシェアを誇る統合システム運用管理ソフトウェアです。システムの自動化や稼働性能監視、資産管理等を統合的に行うことができます。JP1のことなら、実績豊富なアシストにご相談ください。

  • システム全体の監視、ジョブ運用等の一元管理を実現
  • システム規模に合った最適な投資で開始可能
  • 様々なプラットフォームに対応

詳細へ

ENISHI

ENISHIは、ITサービス環境をアシスト視点のプロダクト、ノウハウ、サービスに照らし合わせ、よりコンパクトで、迅速に成果を挙げられるITサービスマネジメント実践ソリューションです。

  • お客様課題の整理・顕在化からお手伝い
  • プロダクト、サービス、ノウハウを最適な形でご提案
  • ITサービスマネジメント強化のQuickWin

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る