Citrixサポートブログ

Citrixサポートブログ>XenApp 7.15 LTSR CU5 の新規インストール手順の一例(マシンカタログとデリバリーグループの作成)

  • 設計・構築・設定
2019.11.21

XenApp 7.15 LTSR CU5 の新規インストール手順の一例(マシンカタログとデリバリーグループの作成)

XenApp 7.15 LTSR CU5 の新規インストール手順の一例(マシンカタログとデリバリーグループの作成)

こんにちは。Citrix製品のサポートを担当している川東(かわひがし)です。

今回の記事は、XenApp 7.15 LTSR CU5にてマシンカタログデリバリーグループを作成する手順をご紹介します。検証環境構築時の参考にして頂けますと幸いです。

  • XenAppのCurrent Release版(CR版)は製品名が変更されています。詳細はこちら をご参照ください。

関連記事:XenAppの構成例とライセンスについては、以下の記事をご参照ください。


今回は、以下の5部構成の記事になります。今回は「4」をご紹介します。

1.XenApp 7.15 LTSR CU5 の新規インストール手順の一例(事前準備)
2.XenApp 7.15 LTSR CU5 の新規インストール手順の一例(Webサーバと管理コンポーネント)
3.XenApp 7.15 LTSR CU5 の新規インストール手順の一例(Virtual Delivery Agent)
4.XenApp 7.15 LTSR CU5 の新規インストール手順の一例(マシンカタログとデリバリグループの作成)
5.XenApp 7.15 LTSR CU5 の新規インストール手順の一例(Citrix Receiver)

本記事で使用した検証環境のイメージ図

本記事で使用した検証環境のイメージ図は以下になります。赤丸のマシンが本記事の作業対象のサーバです。

クライアント端末側のOSは Windows 10 バージョン1903サーバ側のOSはWindows Server 2016、Citrix XenServer はバージョン7.1 CU2 を使用しています。

XenApp 7.15 LTSR CU5 の新規インストール手順の一例(VDA)

マシンカタログとデリバリーグループの作成手順


1.Citrix Studio を開きます。「マシンカタログ」ノード上で右クリック後、「マシンカタログの作成」をクリックします。

Citrix Studio画面

2.「次へ」をクリックします。

Citrix Studio画面

3.「サーバーOS」を選択後、「次へ」クリックします。

Citrix Studio画面

4.「電源管理されているマシン」と「ほかのサービスまたはテクノロジ」を選択後、「次へ」クリックします。
「Webサーバと管理コンポーネント」のインスールの記事にて手順16でハイパーバイザー連携しない設定にした場合は、「電源管理されていないマシン(物理マシンなど)」を選択して設定を進めてください。手順5以降の画面が少し変わりますが、同様の手順で設定して頂けます。

Citrix Studio画面

5.「仮想マシンの追加」をクリックします。

Citrix Studio画面

6.2台のVDAサーバを選択後、「OK」をクリックします。

Citrix Studio画面

7.灰色文字の「コンピュータアカウント名を入力してください」の右側の「...」アイコンをクリックします。

Citrix Studio画面

8.VDAサーバのコンピュータアカウントを登録して「次へ」をクリックします。

Citrix Studio画面

9.任意のマシンカタログ名を設定して「完了」をクリックします。

Citrix Studio画面

10.マシンカタログが作成されたことを確認します。

Citrix Studio画面

11.Citrix Studio 画面左枠の「デリバリーグループ」ノードを開きます。こちらのノード上で右クリック後、「デリバリーグループの作成」をクリックします。

Citrix Studio画面

12.「次へ」をクリックします。

Citrix Studio画面

13.このデリバリーグループに追加するマシンの数を「2」に設定後、「次へ」をクリックします。

Citrix Studio画面

14.「次のユーザーに対するこのデリバリーグループの使用を制限します」を選択後、「追加」をクリックします。
※「任意の認証ユーザによるこのデリバリーグループの使用を許可します」を選択して進める場合は、手順18でアプリケーション単位で表示制限の設定をすることも可能です。

Citrix Studio画面

15.動作テスト用のユーザーアカウントを登録して「次へ」をクリックします。
※本記事は、2台のクライアント端末を使用して、Notepadの起動確認をするため、2ユーザ登録しています。

Citrix Studio画面

16.「追加」-「スタートメニューから」をクリックします。

Citrix Studio画面

17.「メモ帳」を選択後、「OK」をクリックします。

Citrix Studio画面

18.「次へ」をクリックします。

Citrix Studio画面

※アプリケーション単位でユーザーの表示制限をしたい場合は、アプリケーションを選択後に「プロパティ」ボタンをクリックします。以下の画面では、「メモ帳」を選択しています。

Citrix Studio画面

画面左側の「表示の制限」をクリックします。緑枠の項目を選択後、赤枠の「追加」ボタンをクリックしてユーザを登録します。以下の画面は User01とUser02を登録しましたが、User01のみ登録した場合は、User02はStoreFrontのサイトにログインしてもメモ帳のアイコンは表示されません。

Citrix Studio画面

19.本記事は公開デスクトップ(VDAサーバのデスクトップを公開できる機能)は使用しないため、「次へ」をクリックします。

Citrix Studio画面

20.任意のデリバリーグループ名を設定して「完了」をクリックします。

Citrix Studio画面

21.作成したデリバリーグループ上で右クリック後、「マシンの表示」をクリックします。

Citrix Studio画面

22.「登録状態」が「登録済み」にて表示されることを確認します。

Citrix Studio画面

「未登録」で表示される場合、5分程度経過後にF5キーを押下して画面更新してください。こちらでも「登録済み」で表示されない場合、以下の記事をご参考にして頂き、原因調査をお試しください。

Citrix Virtual Delivery Agent が未登録になる原因を調査する方法


いかがでしたでしょうか。次回 は、Receiverのインストール後、公開アプリケーションを起動します。



Citrix製品紹介セミナーも定期開催しています

クライアント仮想化の基礎知識から、仮想化製品「Citrix Virtual Apps and Desktops(XenAppおよびXenDesktop)」の製品概要、導入検討時に注意すべき点などをご紹介します。
今お持ちのお悩みを解決し、Citrix製品をより有効に活用する方法を具体的に学ぶことができる内容になっております。




Citrixの設定・トラブル対処方法の良くあるFAQ10選プレゼント中

アシストのCitrixサポートセンターに良くある設定・トラブル対処方法のFAQ10選の資料を無料プレゼント中です。また、Citrix XenApp/XenDesktopの問題発生時に原因を切り分ける方法も掲載しております。以下のバナーからお気軽にダウンロードください。


筆者情報
仮想化事業推進室 東日本技術部 川東健吾

アシストに入社し、テスト系製品のカスタマーサポートを担当後、現在はCitrix製品を担当しています。XenAppとXenDesktopのトラブルシューティングや運用に役立つ情報を、長年のサポート対応の視点で分かりやすくお伝えしていきます。
学生時代から続けている映像制作の趣味の延長で、サポートセンター紹介動画も制作しました。こちらからご覧いただけます。

関連している記事

  • 設計・構築・設定
2020.04.28

Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSR の新規インストール手順の一例(Citrix Workspace app)

Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSR の新規インストール手順の一例をご紹介します。今回は、Citrix Workspace appに関する内容です。

  • 設計・構築・設定
2020.04.28

Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSR の新規インストール手順の一例(マシンカタログとデリバリーグループの作成)

Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSR の新規インストール手順の一例をご紹介します。今回は、マシンカタログとデリバリーグループの作成に関する内容です。

  • 設計・構築・設定
2020.04.28

Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSR の新規インストール手順の一例(Virtual Delivery Agent)

Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSR の新規インストール手順の一例をご紹介します。今回は、Virtual Delivery Agentに関する内容です。

ページの先頭へ戻る