Citrixサポートブログ

  • 設計・構築・設定
2020.04.28

Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSR の新規インストール手順の一例(Virtual Delivery Agent)

Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSR の新規インストール手順の一例(Virtual Delivery Agent)

こんにちは。Citrix製品のサポートをしている小路(こうじ)です。

メーカの長期サービスリリース(LTSR)の最新バージョンとして、Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1912 LTSR がリリースされています。
こちらは、XenApp / XenDesktop 7.15 LTSR の後継バージョンとなります。

5部構成でCitrix Virtual Apps 7 1912 LTSR の新規インストールをする際の手順をご紹介します。検証環境構築時の参考にしていただけますと幸いです。

  • XenApp / XenDesktop 製品名の変更について、詳細はこちら をご参照ください。

関連記事:構成例とライセンスについては、以下の記事をご参照ください。XenAppの記事となりますが、構成に大きな変更はございません。


以下の5部構成の記事になります。

1.Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSR の新規インストール手順の一例(事前準備)
2.Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSR の新規インストール手順の一例(Webサーバと管理コンポーネント)
3.Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSR の新規インストール手順の一例(Virtual Delivery Agent)
4.Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSRの新規インストール手順の一例(マシンカタログとデリバリグループの作成)
5.Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSRの新規インストール手順の一例(Citrix Workspace app)


今回は、上記「3」のVirtual Delivery Agentに関する内容です。

本記事で使用した検証環境のイメージ図

VDAサーバは、公開アプリケーションとして利用するアプリケーションをインストールし、ユーザが接続するサーバです。
今回の作業は、イメージ図の のサーバでの作業です。

XenApp 7.15 LTSR CU5 の新規インストール手順の一例(Webサーバと管理コンポーネント)

Virtual Delivery Agent(VDA)のインストール手順

作業前に事前にご確認ください

  • VDAをインストールするマシンがデリバリーコントローラサーバとFQDNで通信できること
  • ドメイン認証が正常にできていること

※Windows のイベントログにドメイン認証関連のエラーメッセージが記録されていないことをご確認ください。


1.Virtual Delivery Agentをインストールするサーバに、事前準備の記事で入手した
「Citrix_Virtual_Apps_and_Desktops_7_1912.iso」をマウントします。マウントしたドライブのアイコンをダブルクリックして、XenAppの箇所に表示されている「開始」をクリックします。マウントしたドライブを開き、AutoSelect.exeを起動した場合は、手順2の画面が表示されます。

インストールウィザード画面

2.「Virtual Delivery Agent for Windows OS(マルチセッション)」をクリックします。

インストールウィザード画面

3.本記事のXenAppはマスターイメージからマシンを展開する方式ではなく、1台ずつOSとVDAをインストールして構築するため「サーバへの仲介接続を有効にする」をクリックします。

インストールウィザード画面

4.「次へ」をクリックします。

※公開デスクトップを利用予定かつ公開デスクトップ上から公開アプリケーションを起動する環境(ダブルホップ)の動作確認を行う場合は、Citrix Workspace アプリケーションにチェックを入れてください。

インストールウィザード画面

5.「次へ」をクリックします。

※「Citrix User Profile Manager」と「Citrix User Profile Manager WMI Plugin」にチェックをつけない場合、Citrix DirectorからVDAサーバの監視およびトラブルシューティングに影響があります。本記事では、公開アプリケーションの起動確認を目的としているため、チェックは入れておりません。手順3で「サーバへの仲介接続を有効にする」以外を選択している場合は、自動でチェックが入ります。

インストールウィザード画面

6.「Delivery Controllerの場所の指定方法」は、デフォルトの「手動で指定する」のまま、デリバリーコントローラサーバのFQDNを指定して「接続テスト」をクリックします。

インストールウィザード画面

7.緑マークが表示されることを確認後、「追加」をクリックします。

インストールウィザード画面

8.緑マークが表示された後、「次へ」をクリックします。

インストールウィザード画面

9.「次へ」をクリックします。
前記事(Webサーバと管理コンポーネントのインストール) の手順5にて「Windows リモートアシスタンスをインストールする」にチェックをつけていましたが、以下の画面にて「Windowsリモートアシスタンス」にもチェックをつけると、Citrix Director からVDAのマシンに対してシャドウができます。お試し頂く場合は、こちらにもチェックをつけてください。

インストールウィザード画面

10.「自動」が選択されていることを確認し、「次へ」をクリックします。

インストールウィザード画面

11.「インストール」をクリックします。

インストールウィザード画面

12.再起動を促す画面にて、「閉じる」をクリックします。OSが自動再起動されます。

インストールウィザード画面

13.OS再起動後、ログインするとインストールが続行されます。環境により再起動は複数回発生する場合があります。また、再起動時にリモートデスクトップライセンスモードが構成されていないメッセージが表示される場合があります。手順16以降で設定をします。

インストールウィザード画面

14.診断情報を収集するかどうかを選択後、「次へ」をクリックします。本記事は「診断情報を収集する」のチェックを外しています。

インストールウィザード画面

15.「マシンを再起動する」にチェックがついていることを確認後、「完了」をクリックします。

インストールウィザード画面

# 評価ライセンスの期間内でご使用頂く場合は、以下の設定は必須ではございません。

※修正:2021/01/26※
リモートデスクトップセッションホストのライセンスの設定をPowerShellを使用する手順に変更しました。こちらの情報は参考情報としてご確認ください。

16.以下のPowerShellコマンドを実行して、RDSライセンスサーバを指定します。

(gwmi -Class Win32_TerminalServiceSetting -Namespace root\cimv2\TerminalServices).SetSpecifiedLicenseServerList(("RDSライセンスサーバーのホスト名、もしくは、IPアドレス"))

実行例

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\TermService\Parameters\LicenseServersのSpecifiedLicenseServers にて、設定した値が表示されることを確認します。

※補足説明
以下のエラーが表示された場合は、グループポリシーを使用して設定されている可能性があります。 グループポリシエディタにて「コンピューターの構成」-「Windowsコンポ―ネント」-「リモートデスクトップサービス」-「リモートデスクトップセッションホスト」-「ライセンス」を開き、「指定のリモートデスクトップライセンスサーバーを使用する」と「リモートデスクトップライセンスモードの設定」を未構成に戻して「gpupdate /force」を実行後に、上記のPowerShellを再実行してください。

17.以下のPowerShellコマンドを実行して、RDSライセンスモードを指定します。2はデバイスモード、4はユーザーモードです。購入したRDSライセンスのモードに合わせて指定します。本記事は2を指定しています。

(gwmi -Class Win32_TerminalServiceSetting -Namespace root\cimv2\TerminalServices).ChangeMode(2 もしくは 4)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\RCM\Licensing Core\LicensingMode にて、指定した値が表示されることを確認します。本記事は2が表示されています。

2台目以降も同様の手順にてインストールします。


いかがでしたでしょうか。次回 は、マシンカタログとデリバリーグループの作成をします。




Citrixの設定・トラブル対処方法の良くあるFAQ10選プレゼント中

アシストのCitrixサポートセンターに良くある設定・トラブル対処方法のFAQ10選の資料を無料プレゼント中です。また、Citrix XenApp/XenDesktopの問題発生時に原因を切り分ける方法も掲載しております。以下のバナーからお気軽にダウンロードください。


著者イメージ

2014年にアシスト北海道に入社し、現在までCitrixをメインに仮想化製品のサポートを担当しています。
会社では朝早くに居場所のいい席を確保し、家では猫と居場所の取り合いをして負ける毎日を過ごしています。

関連している記事

  • 設計・構築・設定
2022.02.24

Citrixライセンス消費超過時の動作に関する説明と使用履歴確認方法

今回の記事は「ライセンスの超過使用保護と追加猶予期間」「ライセンス使用履歴の確認方法」に関する説明をしています。

  • 設計・構築・設定
2022.02.04

オンプレミス版 Citrix Virtual Apps and Desktops のライセンス消費に関する説明

今回は、オンプレミス版 Citrix Virtual Apps and Desktops のライセンス消費に関する説明をしたいと思います。

  • 設計・構築・設定
2021.12.17

Citrix CloudのCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスを使用して閉域網接続用の環境を構築する際のポイント

今回は、Citrix CloudのCitrix Virtual Apps and Desktopsサービスを使用して、パブリッククラウド上にリソースを配置して閉域網接続用の環境を構築する際のポイントをご紹介させて頂きます。

ページの先頭へ戻る