JP1サポート技術者ブログ

  • ジョブ管理
2021.08.30

【JP1/AJS3】何が嬉しい?JP1 V12.5で実装されたエージェントのログ強化について解説!

何が嬉しい?JP1 V12.5で実装されたエージェントのログ強化について解説!

障害発生時、ログが残っておらず調査ができなかった…という経験はありませんか?残念ながら、ジョブの実行量が多い環境では往々にして発生しうる問題です。特にエラーが多発すると、ログがあっという間にローテーションしてしまうこともあります。

本記事では、JP1 V12.5で実装された「エージェントのログ強化」についてご紹介します。

今までのログ調査

ジョブ実行は、マネージャーがエージェントに実行命令を行うことで開始され、エージェントが実行結果を返すことで終了します。この時、マネージャーとエージェントの間の通信に問題が発生すると「マネージャーからの実行命令を受け取れない」「実行結果をエージェントからマネージャーへ返すことができない」などのエラーにつながります。

ジョブ情報の管理はマネージャーで行うため、ジョブの実行結果はマネージャー側に残ります。しかし、上記のような問題が発生すると、マネージャーが情報を受け取れずジョブの実行結果を確認することができません。
この場合、ジョブが正常終了したか否かは、実行ファイル側のログなどから確認するしかありません。

また、「処理がどこで止まったか※」を調査する場合、マネージャーとエージェントのログの両方が残っていなければなりません。

  • JP1/AJS3の処理の範囲です。実行ファイル内の処理内容をJP1から調査することはできません。

対象ホストで実行されるジョブ数自体は少なくても、マネージャーが管理する総ジョブ数が多い場合、マネージャー側のログがすぐにローテーションしてしまい、事象発生時のログを確認することができなかった、というパターンも残念ながら少なくありません。

マネージャーとエージェント通信イメージ

エージェントのログが強化されてできるようになった2つのポイント

エージェントのログが強化されてできるようになった、大きなポイントを2点ご紹介します。

1.マネージャーに残らないエラーログがエージェント側で確認できる

JP1 V12.5から、エージェント側でジョブの実行結果を確認できるようになりました
例えば、以下のような情報がエージェント側に保存されます。

0091 2021/08/12 13:18:31.950 jpqagt 00001BCC 00000FC8 KAVU3613-I AJSROOT1:/ルートジョブネット1/PCジョブA:@A120,119,hostM,eu="jp1admin"
0092 2021/08/12 13:18:31.950 jpqagt 00001BCC 00000A48 KAVU3614-I AJSROOT1:/ルートジョブネット1/PCジョブA:@A120,119,hostM,un="administrator",sc="C:\temp\job.bat",prm="",pid=2768
0094 2021/08/12 13:18:31.966 jpqagt 00001BCC 00000A48 KAVU3616-I AJSROOT1:/ルートジョブネット1/PCジョブA:@A120,119,hostM,rc=0,st=正常終了

上記ログでは、ルートジョブネット1配下のPCジョブAが終了コード0で正常終了したこと、またPCジョブAで実行している実行ファイルがC:\temp\job.batであることなど、多くの情報が確認できます。

つまり、マネージャー側でログが取得できなくても、エージェント側のログが残っていれば、事象発生時の状況確認することができます。

また、ログが残っている範囲であれば、保存世代数を超えてしまった実行結果や、実行登録解除したジョブの実行結果も確認できます。

2.マネージャ側のログがローテーションしても障害調査ができる

障害調査の観点においても、エージェント側のログ強化にはメリットがあります。

既述のとおり、基本的にジョブの情報はマネージャーが保持しており、エージェント側のログはあくまでその補助的な立ち位置でした。例えば、マネージャーは各ジョブをジョブ番号で管理していますが、エージェントのログではジョブ番号のみが出力されており、対象のジョブ名などを確認することはできませんでした。

ログ強化によりエージェント側のログにもジョブ名などの詳細情報が出力されるのでマネージャー側のログがローテーションしてしまっても調査を行えるようになっています

エージェントログ機能強化イメージ


まとめ

エージェントのログ強化はJP1 V12.5からの新機能ですが、マネージャー側のバージョンは問いません。エージェントのみバージョンアップしてセットアップすればすぐにご利用いただけます。また、新規でJP1 V12.5をインストールすれば、本機能はデフォルトで有効になっているため、ぜひご活用ください。

製品正式名称(略称表記) および機能対象バージョン

JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager (JP1/AJS3 - Manager) 12-50以降
JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent (JP1/AJS3 - Agent) 12-50以降


JP1ブログをご覧いただいているみなさまへご案内

いつもJP1サポート技術者ブログをご覧いただきありがとうございます。

アシストとJP1保守契約を締結されている方は、Webサポートセンター「AWSC」をご利用いただけます。本ブログサイトではご紹介しきれない2,000件以上のFAQを公開していますので、是非ご利用ください。
また、アシストではJP1ユーザ企業様向けの無償セミナーや支援サービスを多数ご提供しています。JP1の潜在リスクを洗い出す診断サービスや、バージョンアップ時のノウハウをご紹介するセミナーなどご用意していますので、貴社の課題解決へとお役立てください。アシストと保守契約を締結されていないお客様にもご参加いただけます。詳細は、下記リンクよりご確認ください。



執筆者情報

2012年、株式会社アシスト入社。セキュリティ製品を担当後、2013年より
JP1の顧客サポートを担当。「JP1認定シニアコンサルタント」の資格保有者。
サポートの経験を活かしたブログを目指します。
趣味は、夢と魔法の国(と、冒険とイマジネーションの海)に行くこと

栗山 綾美

関連している記事

  • ジョブ管理
2022.06.29

【JP1/AJS3】ネットワークを介したファイル監視をサポート!設定方法や注意点は?

最新バージョンでサポートされた、ネットワークを介したファイルの監視機能。使用するには事前設定が必要です。本ブログでは設定方法をご紹介します。

  • ジョブ管理
2022.05.30

【JP1/AJS3】JP1 Version 8 限定サポート終了間近!移行前チェックポイント6選

限定サポート終了間近のJP1/AJS2からJP1/AJS3へ移行するにあたり、押さえておくべき6つのポイントをご紹介します。

  • ジョブ管理
2022.04.28

【JP1/AJS3】Azure Blob StorageのファイルをJP1で監視してみよう!

Microsoft Azure のサービスの1つである、Azure Blob Storage とJP1の連携が可能な機能が提供された。この機能の詳細な利用方法をご紹介します。

ページの先頭へ戻る